TiDBダッシュボードに関するよくある質問

このドキュメントでは、TiDB ダッシュボードに関するよくある質問 (FAQ) と回答をまとめています。指示どおりに実行しても問題が見つからない、または問題が解決しない場合は、PingCAP またはコミュニティに支持を得ますください。

ファイアウォールまたはリバースプロキシが設定されている場合、TiDBダッシュボード以外の内部アドレスにリダイレクトされます

複数の Placement Driver (PD) インスタンスがクラスターにデプロイされている場合、実際に TiDB ダッシュボード サービスを実行するのは PD インスタンスの 1 つだけです。このインスタンスではなく他の PD インスタンスにアクセスすると、ブラウザーは別のアドレスにリダイレクトします。TiDB ダッシュボードにアクセスするためにファイアウォールまたはリバース プロキシが適切に構成されていない場合、ダッシュボードにアクセスすると、ファイアウォールまたはリバース プロキシによって保護されている内部アドレスにリダイレクトされることがあります。

TiDBダッシュボードがデュアルネットワークインターフェースカード(NIC)で展開されている場合、別のNICを使用してTiDBダッシュボードにアクセスすることはできません。

セキュリティ上の理由から、PD 上の TiDB ダッシュボードは、 0.0.0.0ではなく、デプロイメント時に指定された IP アドレスのみを監視します (つまり、1 つの NIC のみをリッスンします)。したがって、ホストに複数の NIC がインストールされている場合、別の NIC を使用して TiDB ダッシュボードにアクセスすることはできません。

tiup clusterまたはtiup playgroundコマンドを使用して TiDB をデプロイした場合、現時点ではこの問題を解決することはできません。リバース プロキシを使用して、TiDB ダッシュボードを別の NIC に安全に公開することをお勧めします。詳細については、 リバースプロキシの背後で TiDB ダッシュボードを使用するを参照してください。

概要ページのQPSレイテンシのセクションにprometheus_not_foundエラーが表示される

概要ページのQPS セクションレイテンシセクションには、Prometheus がデプロイされたクラスターが必要です。そうでない場合は、エラーが表示されます。この問題は、クラスターに Prometheus インスタンスをデプロイすることで解決できます。

Prometheus インスタンスがデプロイされた後もこの問題が発生する場合は、デプロイメント ツールが古く (TiUPまたはTiDB Operator)、ツールがメトリック アドレスを自動的に報告しないため、TiDB ダッシュボードがメトリックをクエリできないことが原因である可能性があります。デプロイメント ツールを最新バージョンにアップグレードして、もう一度試してください。

デプロイメント ツールがTiUPの場合は、次の手順を実行してこの問題を解決してください。その他のデプロイメント ツールについては、それぞれのツールの対応するドキュメントを参照してください。

  1. TiUPおよびTiUPクラスタのアップグレード:

    tiup update --self tiup update cluster --force
  2. アップグレード後、Prometheus インスタンスを使用して新しいクラスターをデプロイすると、メトリックが正常に表示されます。

  3. アップグレード後、既存のクラスターを再起動してメトリック アドレスを報告できます。1 CLUSTER_NAME実際のクラスター名に置き換えます。

    tiup cluster start CLUSTER_NAME

    クラスターが起動している場合でも、このコマンドを実行してください。このコマンドはクラスター内の通常のアプリケーションには影響しませんが、メトリック アドレスを更新してレポートするため、TiDB ダッシュボードで監視メトリックを正常に表示できます。

スロークエリページにinvalid connectionエラーが表示されます

考えられる原因は、TiDB のプリペアドプランキャッシュ機能を有効にしていることです。実験的機能であるため、有効にすると、特定の TiDB バージョンでプリペアドプランキャッシュが正しく機能しない可能性があり、TiDB ダッシュボード (およびその他のアプリケーション) でこの問題が発生する可能性があります。プリペアドプランキャッシュを無効にするには、システム変数tidb_enable_prepared_plan_cache = OFFを設定します。

required component NgMonitoring is not startedエラーが表示されます

NgMonitoring は、継続的なプロファイリングTop SQLなどの TiDB ダッシュボード機能をサポートするために、v5.4.0 以降のバージョンの TiDB クラスターに組み込まれた高度な監視コンポーネントです。TiUPの新しいバージョンを使用してクラスターをデプロイまたはアップグレードすると、NgMonitoring が自動的にデプロイされます。TiDB TiDB Operatorを使用してデプロイされたクラスターの場合は、 継続的なプロファイリングを有効にするを参照して NgMonitoring を手動でデプロイできます。

Web ページにrequired component NgMonitoring is not started表示される場合は、次のようにしてデプロイメントの問題をトラブルシューティングできます。

TiUPを使用して展開されたクラスター

ステップ1. バージョンを確認する

  1. TiUPクラスターのバージョンを確認します。NgMonitoring は、 TiUPが v1.9.0 以降の場合にのみデプロイされます。

    tiup cluster --version

    コマンド出力にはTiUP のバージョンが表示されます。例:

    tiup version 1.9.0 tiup Go Version: go1.17.2 Git Ref: v1.9.0
  2. TiUPクラスターのバージョンが v1.9.0 より前の場合は、 TiUPとTiUPクラスターを最新バージョンにアップグレードします。

    tiup update --all

ステップ 2. TiUPを使用して、コントロール マシンに ng_port 構成項目を追加します。次に、Prometheus をリロードします。

  1. クラスター構成ファイルを編集モードで開きます。

    tiup cluster edit-config ${cluster-name}
  2. monitoring_serversの下にng_port:12020パラメータを追加します。

    monitoring_servers: - host: 172.16.6.6 ng_port: 12020
  3. Prometheus をリロードします:

    tiup cluster reload ${cluster-name} --role prometheus

上記の手順を実行した後もエラー メッセージが表示される場合は、PingCAP またはコミュニティから支持を得ます問い合わせてください。

TiDB Operatorを使用してデプロイされたクラスター

TiDB Operatorドキュメントのセクション継続的なプロファイリングを有効にするの手順に従って、NgMonitoringコンポーネントをデプロイ。

TiUP Playground の使用を開始したクラスター

クラスターを起動すると、 TiUP Playground (>= v1.8.0) は NgMonitoringコンポーネントを自動的に起動します。TiUP Playgroundを最新バージョンに更新するには、次のコマンドを実行します。

tiup update --self tiup update playground

スロークエリページにunknown fieldエラーが表示される

クラスターのアップグレード後に「遅いクエリ」ページにエラーunknown fieldが表示される場合、そのエラーは、TiDB ダッシュボードサーバーのフィールド (更新される可能性がある) とユーザー設定フィールド (ブラウザー キャッシュ内にある) の違いによって発生する互換性の問題に関連しています。この問題は修正されています。クラスターが v5.0.3 または v4.0.14 より前の場合は、次の手順を実行してブラウザー キャッシュをクリアしてください。

  1. TiDB ダッシュボード ページを開きます。

  2. 開発者ツールを開きます。ブラウザによって開発者ツールを開く方法が異なります。メニューバーをクリックした後:

    • Firefox:メニュー> Web 開発>ツールの切り替え、またはツール> Web 開発>ツールの切り替え
    • Chrome:その他のツール>開発者ツール
    • Safari:開発> Web インスペクタを表示開発メニューが表示されない場合は、 Safari >環境設定>詳細に移動し、メニューバーに開発メニューを表示チェックボックスをオンにします。

    次の例では、Chrome が使用されています。

    Opening DevTools from Chrome's main menu

  3. アプリケーションパネルを選択し、ローカル ストレージメニューを展開して、 TiDB ダッシュボード ページ ドメインを選択します。すべてクリアボタンをクリックします。

    Clear the Local Storage

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.