TiDB ダッシュボード リソース マネージャー ページ

リソース管理機能を使用してリソース分離を実装するには、クラスター管理者がリソース グループを作成し、各グループにクォータを設定できます。リソースを計画する前に、クラスターの全体的な容量を知っておく必要があります。このドキュメントでは、リソース制御に関する情報を表示して、リソースを計画する前にクラスターの容量を見積もり、リソースをより効果的に割り当てることができます。

ページにアクセスする

リソース マネージャー ページにアクセスするには、次の 2 つの方法のいずれかを使用できます。

リソース マネージャー ページ

次の図は、リソース マネージャーの詳細ページを示しています。

TiDB Dashboard: Resource Manager

リソース マネージャー ページには、次の 3 つのセクションが含まれています。

  • コンフィグレーション: このセクションには、TiDB のRESOURCE_GROUPSテーブルから取得されたデータが表示されます。すべてのリソース グループに関する情報が含まれています。詳細については、 RESOURCE_GROUPSを参照してください。

  • 容量の見積もり: リソース計画を立てる前に、クラスターの全体的な容量を把握しておく必要があります。次のいずれかの方法を使用できます。

  • メトリクス: パネル上のメトリクスを観察することで、クラスターの現在の全体的なリソース消費状況を把握できます。

容量の見積り

リソース計画を立てる前に、クラスターの全体的な容量を把握しておく必要があります。TiDB ではリクエストユニット (RU)現在のクラスターの容量を見積もる 2 つの方法を提供しています。

  • ハードウェアの展開に基づいて容量を見積もる

    TiDB は次のワークロード タイプを受け入れます。

    • tpcc : 大量のデータ書き込みを伴うワークロードに適用されます。 TPC-Cと同様のワークロード モデルに基づいて推定されます。
    • oltp_write_only : 大量のデータ書き込みを伴うワークロードに適用されます。 sysbench oltp_write_onlyと同様のワークロード モデルに基づいて推定されます。
    • oltp_read_write : 偶数データの読み取りと書き込みのワークロードに適用されます。 sysbench oltp_read_writeと同様のワークロード モデルに基づいて推定されます。
    • oltp_read_only : 大量のデータ読み取りが行われるワークロードに適用されます。 sysbench oltp_read_onlyと同様のワークロード モデルに基づいて推定されます。

    Calibrate by Hardware

    ユーザー リソース グループの合計 RU はdefaultリソース グループを除くすべてのユーザー リソース グループの RU の合計量を表します。この値が推定容量より少ない場合、システムはアラートをトリガーします。デフォルトでは、システムは定義済みのdefaultリソース グループに無制限の使用を割り当てます。すべてのユーザーがdefaultリソース グループに属している場合、リソースはリソース制御が無効になっている場合と同じ方法で割り当てられます。

  • 実際の作業負荷に基づいて容量を見積もる

    Calibrate by Workload

    推定する時間範囲は 10 分から 24 時間まで選択できます。使用されるタイムゾーンはフロントエンド ユーザーのタイムゾーンと同じです。

    • 時間ウィンドウの範囲が 10 分から 24 時間の範囲外の場合、次のエラーが表示されますERROR 1105 (HY000): the duration of calibration is too short, which could lead to inaccurate output. Please make the duration between 10m0s and 24h0m0s

    • 実際の作業負荷に基づく容量推定機能の監視メトリックには、 tikv_cpu_quotatidb_server_maxprocsresource_manager_resource_unit 、およびprocess_cpu_usage含まれます。CPU クォータ監視データが空の場合、対応する監視メトリック名 (例: Error 1105 (HY000): There is no CPU quota metrics, metrics 'tikv_cpu_quota' is empty ) にエラーが発生します。

    • 時間枠内のワークロードが低すぎる場合、またはresource_manager_resource_unitprocess_cpu_usage監視データが欠落している場合は、エラーが報告されますError 1105 (HY000): The workload in selected time window is too low, with which TiDB is unable to reach a capacity estimation; please select another time window with higher workload, or calibrate resource by hardware instead 。また、TiKV は macOS 上の CPU 使用率を監視しないため、実際のワークロードに基づく容量推定をサポートしておらず、このエラーも報告されます。

    メトリクスセクションのCPU 使用率を使用して適切な時間範囲を選択できます。

メトリクス

パネル上のメトリックを観察することで、クラスターの現在の全体的なリソース消費状況を把握できます。監視メトリックとその意味は次のとおりです。

  • 消費された RU の合計: リアルタイムでカウントされた要求ユニットの合計消費量。
  • リソース グループによって消費された RU: リソース グループによってリアルタイムで消費された要求ユニットの数。
  • ティビ
    • CPU クォータ: TiDB の最大 CPU 使用量。
    • CPU 使用率: すべての TiDB インスタンスの合計 CPU 使用率。
  • ティクヴ
    • CPU クォータ: TiKV の最大 CPU 使用量。
    • CPU 使用率: すべての TiKV インスタンスの合計 CPU 使用率。
    • IO MBps: すべての TiKV インスタンスの合計 I/O スループット。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.