データ移行コンフィグレーションファイルの概要

このドキュメントでは、DM (Data Migration) の設定ファイルの概要を説明します。

DMプロセス構成ファイル

DM移行タスクの構成

データ移行タスクの作成

次の手順を実行して、データ移行タスクを作成できます。

  1. dmctl を使用してデータ ソース構成を DM クラスターにロードします。
  2. タスクコンフィグレーションガイドの説明を参照し、設定ファイルを作成します。 your_task.yaml .
  3. dmctl を使用してデータ移行タスクを作成する

重要な概念

このセクションでは、いくつかの重要な概念について説明します。

コンセプト説明コンフィグレーションファイル
source-idMySQL または MariaDB インスタンス、またはプライマリ - セカンダリ構造を持つ移行グループを一意に表します。 source-idの最大長は 32 です。source_id source.yaml
source-id task.yaml
DMマスターIDDM マスターを一意に表します ( dm-master.tomlmaster-addrパラメーターによって)master-addr dm-master.toml
DMワーカーIDDM ワーカーを一意に表します ( dm-worker.tomlworker-addrパラメータによって)worker-addr dm-worker.toml

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2023 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.