DMマスターコンフィグレーションファイル

このドキュメントでは、構成ファイル テンプレートと、このファイル内の各構成パラメータの説明を含む、DM-master の構成について説明します。

コンフィグレーションファイルテンプレート

以下は DM-master の設定ファイル テンプレートです。

name = "dm-master" # log configuration log-level = "info" log-file = "dm-master.log" # DM-master listening address master-addr = ":8261" advertise-addr = "127.0.0.1:8261" # URLs for peer traffic peer-urls = "http://127.0.0.1:8291" advertise-peer-urls = "http://127.0.0.1:8291" # cluster configuration initial-cluster = "master1=http://127.0.0.1:8291,master2=http://127.0.0.1:8292,master3=http://127.0.0.1:8293" join = "" ssl-ca = "/path/to/ca.pem" ssl-cert = "/path/to/cert.pem" ssl-key = "/path/to/key.pem" cert-allowed-cn = ["dm"] secret-key-path = "/path/to/secret/key"

コンフィグレーションパラメータ

このセクションでは、DM マスターの構成パラメータについて説明します。

グローバル構成

パラメータ説明
nameDMマスターの名前。
log-levelログ レベルをdebuginfowarnerrorfatalから指定します。デフォルトのログ レベルはinfoです。
log-fileログ ファイルのディレクトリを指定します。パラメータが指定されていない場合、ログは標準出力に印刷されます。
master-addrサービスを提供する DM マスターのアドレスを指定します。IP アドレスを省略し、":8261" のようにポート番号のみを指定することもできます。
advertise-addrDM マスターが外部に通知するアドレスを指定します。
peer-urlsDM マスター ノードのピア URL を指定します。
advertise-peer-urlsDM マスターが外部にアドバタイズするピア URL を指定します。 advertise-peer-urlsの値は、デフォルトではpeer-urlsと同じです。
initial-clusterinitial-clusterは、初期クラスター内のすべての DM マスター ノードのadvertise-peer-urlsの値の組み合わせです。
joinjoinの値は、クラスター内の既存の DM マスター ノードのadvertise-peer-urls値の組み合わせです。DM マスター ノードが新しく追加された場合は、 initial-clusterjoinに置き換えます。
ssl-caDM マスターが他のコンポーネントに接続するための信頼できる SSL CA のリストが含まれるファイルのパス。
ssl-certDM マスターが他のコンポーネントに接続するための PEM 形式の X509 証明書を含むファイルのパス。
ssl-keyDM マスターが他のコンポーネントに接続するための PEM 形式の X509 キーを含むファイルのパス。
cert-allowed-cn一般名リスト。
secret-key-pathアップストリームおよびダウンストリーム パスワードの暗号化と復号化に使用される秘密キーのファイル パス。ファイルには、64 文字の 16 進数 AES-256 秘密キーが含まれている必要があります。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.