重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

DM-workerConfiguration / コンフィグレーションファイル

このドキュメントでは、DMワーカーの構成を紹介します。これには、構成ファイルテンプレートと、このファイルの各構成パラメーターの説明が含まれます。

Configuration / コンフィグレーションファイルテンプレート

以下は、DM-workerの構成ファイルテンプレートです。

# Worker Configuration.
name = "worker1"

# Log configuration.
log-level = "info"
log-file = "dm-worker.log"

# DM-worker listen address.
worker-addr = ":8262"
advertise-addr = "127.0.0.1:8262"
join = "http://127.0.0.1:8261,http://127.0.0.1:8361,http://127.0.0.1:8461"

keepalive-ttl = 60
relay-keepalive-ttl = 1800 # New in DM v2.0.2.
# relay-dir = "relay_log" # New in 5.4.0. When you use a relative path, check the deployment and start method of DM-worker to determine the full path.

ssl-ca = "/path/to/ca.pem"
ssl-cert = "/path/to/cert.pem"
ssl-key = "/path/to/key.pem"
cert-allowed-cn = ["dm"]

Configuration / コンフィグレーションパラメーター

グローバル

パラメータ説明
nameDMワーカーの名前。
log-leveldebugerror infofatalレベルを指定しwarn 。デフォルトのログレベルはinfoです。
log-fileログファイルディレクトリを指定します。このパラメーターが指定されていない場合、ログは標準出力に出力されます。
worker-addrサービスを提供するDM-workerのアドレスを指定します。 IPアドレスを省略して、「:8262」のようにポート番号のみを指定できます。
advertise-addrDM-workerが外部にアドバタイズするアドレスを指定します。
joinDMマスター構成ファイルの1つ以上のmaster-addr sに対応します。
keepalive-ttlDM-workerノードのアップストリームデータソースがリレーログを有効にしない場合の、DM-workerノードからDM-masterノードへのキープアライブ時間(秒単位)。デフォルト値は60秒です。
relay-keepalive-ttlDM-workerノードのアップストリームデータソースがリレーログを有効にしている場合の、DM-workerノードからDM-masterノードまでのキープアライブ時間(秒単位)。デフォルト値は1800秒です。このパラメーターは、DMv2.0.2以降に追加されました。
relay-dirバインドされたアップストリームデータソースでリレーログが有効になっている場合、DM-workerはリレーログをこのディレクトリに保存します。このパラメーターはv5.4.0の新機能であり、アップストリームデータソースの構成よりも優先されます。
ssl-caDM-workerが他のコンポーネントと接続するための信頼できるSSLCAのリストを含むファイルのパス。
ssl-certDM-workerが他のコンポーネントと接続するためのPEM形式のX509証明書を含むファイルのパス。
ssl-keyDM-workerが他のコンポーネントと接続するためのPEM形式のX509キーを含むファイルのパス。
cert-allowed-cn共通名リスト。