テーブル領域を表示

SHOW TABLE REGIONSステートメントは、TiDB 内のテーブルのリージョン情報を表示するために使用されます。

構文

SHOW TABLE [table_name] REGIONS [WhereClauseOptional];
SHOW TABLE [table_name] INDEX [index_name] REGIONS [WhereClauseOptional];

あらすじ

ShowTableRegionStmt:

ShowTableRegionStmt

テーブル名:

TableName

PartitionNameListOpt:

PartitionNameListOpt

Where句オプション:

WhereClauseOptional

Where句:

WhereClause

SHOW TABLE REGIONSを実行すると、次の列が返されます。

  • REGION_ID :リージョンID。
  • START_KEY :リージョンの開始キー。
  • END_KEY :リージョンの終了キー。
  • LEADER_ID :リージョンのリーダー ID。
  • LEADER_STORE_ID :リージョンリーダーが配置されているストア (TiKV) の ID。
  • PEERS : すべてのリージョンレプリカの ID。
  • SCATTERING :リージョンがスケジュールされているかどうか。 1は真を意味します。
  • WRITTEN_BYTES : 1 ハートビート サイクル内でリージョンに書き込まれる推定データ量。単位はバイトです。
  • READ_BYTES : 1 ハートビート サイクル内にリージョンから読み取られた推定データ量。単位はバイトです。
  • APPROXIMATE_SIZE(MB) : リージョン内の推定データ量。単位はメガバイト (MB) です。
  • APPROXIMATE_KEYS :リージョン内のキーの推定数。

ノート:

WRITTEN_BYTESREAD_BYTESAPPROXIMATE_SIZE(MB)APPROXIMATE_KEYSの値は正確なデータではありません。これらは、 PD がリージョンから受信したハートビート情報に基づいて PD から推定されたデータです。

いくつかのリージョンを埋めるのに十分なデータを含むサンプル テーブルを作成します。

CREATE TABLE t1 (
 id INT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment,
 b INT NOT NULL,
 pad1 VARBINARY(1024),
 pad2 VARBINARY(1024),
 pad3 VARBINARY(1024)
);
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM dual;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
INSERT INTO t1 SELECT NULL, FLOOR(RAND()*1000), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024), RANDOM_BYTES(1024) FROM t1 a JOIN t1 b JOIN t1 c LIMIT 10000;
SELECT SLEEP(5);
SHOW TABLE t1 REGIONS;

出力は、テーブルがリージョンに分割されていることを示しているはずです。 REGION_IDSTART_KEY 、およびEND_KEYは正確に一致しない場合があります。

...
mysql> SHOW TABLE t1 REGIONS;
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| REGION_ID | START_KEY    | END_KEY      | LEADER_ID | LEADER_STORE_ID | PEERS | SCATTERING | WRITTEN_BYTES | READ_BYTES | APPROXIMATE_SIZE(MB) | APPROXIMATE_KEYS |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
|        94 | t_75_        | t_75_r_31717 |        95 |               1 | 95    |          0 |             0 |          0 |                  112 |           207465 |
|        96 | t_75_r_31717 | t_75_r_63434 |        97 |               1 | 97    |          0 |             0 |          0 |                   97 |                0 |
|         2 | t_75_r_63434 |              |         3 |               1 | 3     |          0 |     269323514 |   66346110 |                  245 |           162020 |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

上記の出力では、 t_75_r_31717START_KEYt_75_r_63434END_KEYは、PRIMARY KEY が3171763434のデータがこのリージョンに格納されていることを示しています。プレフィックスt_75_は、これが内部テーブル ID 75を持つテーブル ( t ) のリージョンであることを示します。 START_KEYまたはEND_KEYの空のキー値は、それぞれ負の無限大または正の無限大を示します。

TiDB は、必要に応じてリージョンを自動的に再調整します。手動でリバランスするには、次のSPLIT TABLE REGIONステートメントを使用します。

mysql> SPLIT TABLE t1 BETWEEN (31717) AND (63434) REGIONS 2;
+--------------------+----------------------+
| TOTAL_SPLIT_REGION | SCATTER_FINISH_RATIO |
+--------------------+----------------------+
|                  1 |                    1 |
+--------------------+----------------------+
1 row in set (42.34 sec)

mysql> SHOW TABLE t1 REGIONS;
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| REGION_ID | START_KEY    | END_KEY      | LEADER_ID | LEADER_STORE_ID | PEERS | SCATTERING | WRITTEN_BYTES | READ_BYTES | APPROXIMATE_SIZE(MB) | APPROXIMATE_KEYS |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
|        94 | t_75_        | t_75_r_31717 |        95 |               1 | 95    |          0 |             0 |          0 |                  112 |           207465 |
|        98 | t_75_r_31717 | t_75_r_47575 |        99 |               1 | 99    |          0 |          1325 |          0 |                   53 |            12052 |
|        96 | t_75_r_47575 | t_75_r_63434 |        97 |               1 | 97    |          0 |          1526 |          0 |                   48 |                0 |
|         2 | t_75_r_63434 |              |         3 |               1 | 3     |          0 |             0 |   55752049 |                   60 |                0 |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+-------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

上記の出力は、リージョン96 が分割され、新しいリージョン98 が作成されたことを示しています。テーブル内の残りのリージョンは、分割操作の影響を受けませんでした。これは、出力統計によって確認されます。

  • TOTAL_SPLIT_REGIONは、新しく分割されたリージョンの数を示します。この例では、番号は 1 です。
  • SCATTER_FINISH_RATIOは、新しく分割されたリージョンが正常に分散される割合を示します。 1.0は、すべてのリージョンが分散していることを意味します。

より詳細な例:

mysql> show table t regions;
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| REGION_ID | START_KEY    | END_KEY      | LEADER_ID | LEADER_STORE_ID | PEERS         | SCATTERING | WRITTEN_BYTES | READ_BYTES | APPROXIMATE_SIZE(MB) | APPROXIMATE_KEYS |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| 102       | t_43_r       | t_43_r_20000 | 118       | 7               | 105, 118, 119 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 106       | t_43_r_20000 | t_43_r_40000 | 120       | 7               | 107, 108, 120 | 0          | 23            | 0          | 1                    | 0                |
| 110       | t_43_r_40000 | t_43_r_60000 | 112       | 9               | 112, 113, 121 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 114       | t_43_r_60000 | t_43_r_80000 | 122       | 7               | 115, 122, 123 | 0          | 35            | 0          | 1                    | 0                |
| 3         | t_43_r_80000 |              | 93        | 8               | 5, 73, 93     | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 98        | t_43_        | t_43_r       | 99        | 1               | 99, 100, 101  | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
+-----------+--------------+--------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
6 rows in set

上記の例では:

  • 表 t は 6 つの地域に対応しています。これらのリージョンでは、 102106110114 、および3に行データが格納され、 98にインデックス データが格納されます。
  • リージョン 102START_KEYEND_KEYの場合、 t_43はテーブルのプレフィックスと ID を示します。 _rは、テーブル t のレコード データのプレフィックスです。 _iはインデックス データのプレフィックスです。
  • リージョン 102START_KEYの範囲の[-inf, 20000)データが格納されていることを意味しEND_KEY 。同様に、リージョン ( 1061101143 ) のデータ ストレージの範囲も計算できます。
  • リージョン98にはインデックス データが格納されます。テーブル t のインデックス データの開始キーはt_43_iで、リージョン98の範囲にあります。

ストア 1 のテーブル t に対応するリージョンを確認するには、 WHERE句を使用します。

test> show table t regions where leader_store_id =1;
+-----------+-----------+---------+-----------+-----------------+--------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| REGION_ID | START_KEY | END_KEY | LEADER_ID | LEADER_STORE_ID | PEERS        | SCATTERING | WRITTEN_BYTES | READ_BYTES | APPROXIMATE_SIZE(MB) | APPROXIMATE_KEYS |
+-----------+-----------+---------+-----------+-----------------+--------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| 98        | t_43_     | t_43_r  | 99        | 1               | 99, 100, 101 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
+-----------+-----------+---------+-----------+-----------------+--------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+

インデックス データをリージョンに分割するには、 SPLIT TABLE REGIONを使用します。次の例では、テーブル t のインデックス データname[a,z]の範囲で 2 つの Region に分割されます。

test> split table t index name between ("a") and ("z") regions 2;
+--------------------+----------------------+
| TOTAL_SPLIT_REGION | SCATTER_FINISH_RATIO |
+--------------------+----------------------+
| 2                  | 1.0                  |
+--------------------+----------------------+
1 row in set

ここで、テーブル t は 7 つの地域に対応します。そのうちの106 110 ( 102 ) はテーブル t のレコード データを格納し、 135114つ ( 3 ) はインデックス データ98nameします。

test> show table t regions;
+-----------+-----------------------------+-----------------------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| REGION_ID | START_KEY                   | END_KEY                     | LEADER_ID | LEADER_STORE_ID | PEERS         | SCATTERING | WRITTEN_BYTES | READ_BYTES | APPROXIMATE_SIZE(MB) | APPROXIMATE_KEYS |
+-----------+-----------------------------+-----------------------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
| 102       | t_43_r                      | t_43_r_20000                | 118       | 7               | 105, 118, 119 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 106       | t_43_r_20000                | t_43_r_40000                | 120       | 7               | 108, 120, 126 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 110       | t_43_r_40000                | t_43_r_60000                | 112       | 9               | 112, 113, 121 | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 114       | t_43_r_60000                | t_43_r_80000                | 122       | 7               | 115, 122, 123 | 0          | 35            | 0          | 1                    | 0                |
| 3         | t_43_r_80000                |                             | 93        | 8               | 73, 93, 128   | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
| 135       | t_43_i_1_                   | t_43_i_1_016d80000000000000 | 139       | 2               | 138, 139, 140 | 0          | 35            | 0          | 1                    | 0                |
| 98        | t_43_i_1_016d80000000000000 | t_43_r                      | 99        | 1               | 99, 100, 101  | 0          | 0             | 0          | 1                    | 0                |
+-----------+-----------------------------+-----------------------------+-----------+-----------------+---------------+------------+---------------+------------+----------------------+------------------+
7 rows in set

MySQL の互換性

このステートメントは、MySQL 構文に対する TiDB 拡張です。

こちらもご覧ください

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.