殺す

KILLステートメントは、現在の TiDB クラスター内の任意の TiDB インスタンスで接続を終了するために使用されます。

あらすじ

KillStmt
KILLTIDBCONNECTIONQUERYCONNECTION_ID

次の例は、現在のクラスター内のすべてのアクティブなクエリを取得し、それらのいずれかを終了する方法を示しています。

SELECT ID, USER, INSTANCE, INFO FROM INFORMATION_SCHEMA.CLUSTER_PROCESSLIST;
+---------------------+------+-----------------+-----------------------------------------------------------------------------+
| ID                  | USER | INSTANCE        | INFO                                                                        |
+---------------------+------+-----------------+-----------------------------------------------------------------------------+
| 8306449708033769879 | root | 127.0.0.1:10082 | select sleep(30), 'foo'                                                     |
| 5857102839209263511 | root | 127.0.0.1:10080 | select sleep(50)                                                            |
| 5857102839209263513 | root | 127.0.0.1:10080 | SELECT ID, USER, INSTANCE, INFO FROM INFORMATION_SCHEMA.CLUSTER_PROCESSLIST |
+---------------------+------+-----------------+-----------------------------------------------------------------------------+
KILL 5857102839209263511;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MySQL の互換性

  • MySQL のKILLステートメントは、現在接続されている MySQL インスタンスでのみ接続を終了できますが、TiDB のKILLステートメントは、クラスター全体の任意の TiDB インスタンスで接続を終了できます。
  • 現在、MySQL コマンド ラインctrl + cを使用して TiDB でクエリまたは接続を終了することはサポートされていません。

動作変更の説明

v6.1.0 以降、TiDB は Global Kill 機能をサポートします。これはデフォルトで有効になり、 enable-global-kill構成によって制御されます。

v6.1.0 以降、TiDB はデフォルトで有効になっている Global Kill 機能をサポートします。

Global Kill 機能が有効になっている場合、 KILLステートメントとKILL TIDBステートメントの両方でインスタンス全体のクエリまたは接続を終了できるため、クエリまたは接続を誤って終了することを心配する必要はありません。クライアントを使用して任意の TiDB インスタンスに接続し、 KILLまたはKILL TIDBステートメントを実行すると、ステートメントはターゲットの TiDB インスタンスに転送されます。クライアントと TiDB クラスターの間にプロキシがある場合、 KILLステートメントとKILL TIDBステートメントも実行のためにターゲット TiDB インスタンスに転送されます。

Global Kill 機能が有効になっていない場合、または v6.1.0 より前のバージョンの TiDB を使用している場合は、次の点に注意してください。

  • デフォルトでは、 KILLは MySQL と互換性がありません。ロード バランサーの背後に複数の TiDB サーバーを配置するのが一般的であるため、これにより、接続が間違った TiDBサーバーによって終了されるケースを防ぐことができます。現在接続されている TiDB インスタンスで他の接続を終了するには、 KILL TIDBステートメントを実行してTIDBサフィックスを明示的に追加する必要があります。
  • クライアントが常に同じ TiDB インスタンスに接続されることが確実でない限り、構成ファイルにcompatible-kill-query = trueを設定することは強く推奨されません。これは、デフォルトの MySQL クライアントでctrl + cを押すと、 KILLが実行される新しい接続が開かれるためです。クライアントと TiDB クラスターの間にプロキシがある場合、新しい接続が別の TiDB インスタンスにルーティングされる可能性があり、誤って別のセッションを強制終了する可能性があります。
  • KILL TIDBステートメントは TiDB 拡張機能です。このステートメントの機能は、MySQL KILL [CONNECTION|QUERY]コマンドおよび MySQL コマンド ラインctrl + cに似ています。同じ TiDB インスタンスでKILL TIDBを使用しても安全です。

こちらもご覧ください

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.