行う

DOは式を実行しますが、結果を返しません。ほとんどの場合、 DOは結果を返さないSELECT expr, ...に相当します。

ノート:

DOは式のみを実行します。 SELECTが使用できるすべての場合に使用できるわけではありません。たとえば、 DO id FROM t1はテーブルを参照しているため無効です。

MySQL での一般的な使用例は、ストアド プロシージャまたはトリガーを実行することです。 TiDB はストアド プロシージャまたはトリガーを提供しないため、この関数の用途は限られています。

あらすじ

DoStmt
DOExpressionList
ExpressionList
Expression,
Expression
singleAtIdentifierassignmentEqNOTExpressionlogOrXORlogAndExpressionMATCH(ColumnNameList)AGAINST(BitExprFulltextSearchModifierOpt)PredicateExprIsOrNotOpNULLCompareOpsingleAtIdentifierassignmentEqPredicateExprAnyOrAllSubSelectIsOrNotOptrueKwdfalseKwdUNKNOWN

この SELECT ステートメントは一時停止しますが、結果セットも生成します。

mysql> SELECT SLEEP(5);
+----------+
| SLEEP(5) |
+----------+
|        0 |
+----------+
1 row in set (5.00 sec)

一方、DO は結果セットを生成せずに一時停止します。

mysql> DO SLEEP(5);
Query OK, 0 rows affected (5.00 sec)

mysql> DO SLEEP(1), SLEEP(1.5);
Query OK, 0 rows affected (2.50 sec)

MySQL の互換性

このステートメントは、MySQL と完全に互換性があると理解されています。互換性の違いは、GitHub で問題を介して報告されたにする必要があります。

こちらもご覧ください

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.