アップストリーム MySQL インスタンス間の DM-worker 接続の切り替え

DM-worker が接続する上流の MySQL インスタンスでダウンタイム メンテナンスが必要な場合、またはインスタンスが予期せずクラッシュした場合、DM-worker 接続を同じ移行グループ内の別の MySQL インスタンスに切り替える必要があります。

ノート:

  • DM-worker 接続を、同じプライマリ - セカンダリ移行クラスター内のインスタンスのみに切り替えることができます。
  • 新しく接続する MySQL インスタンスには、DM-worker が必要とする binlog が必要です。
  • DM-worker は GTID セット モードで動作する必要があります。つまり、対応するソース構成ファイルでenable-gtid: trueを指定する必要があります。
  • 接続スイッチは、次の 2 つのシナリオのみをサポートします。各シナリオの手順に厳密に従ってください。そうしないと、新しく接続された MySQL インスタンスに従って DM クラスターを再デプロイし、データ移行タスクを最初からやり直す必要がある場合があります。

GTID セットの詳細については、 MySQL ドキュメントを参照してください。

仮想 IP 経由で DM-worker 接続を切り替える

DM-worker が仮想 IP (VIP) 経由で上流の MySQL インスタンスに接続する場合、VIP 接続を別の MySQL インスタンスに切り替えることは、上流の接続アドレスを変更せずに、DM-worker に接続されている MySQL インスタンスを切り替えることを意味します。

ノート:

このシナリオでは、DM に必要な変更を加えます。そうしないと、VIP 接続を別の MySQL インスタンスに切り替えると、DM が新しいおよび古い MySQL インスタンスに同時に異なる接続で接続する可能性があります。この状況では、DM にレプリケートされたバイナリログは、DM が受け取る他のアップストリーム ステータスと一致せず、予測できない異常やデータの損傷さえ引き起こします。

アップストリームの MySQL インスタンス (DM ワーカーが VIP 経由で接続する場合) を別のインスタンスに切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. query-statusコマンドを使用して、バイナリログ レプリケーションの現在の処理単位がダウンストリームにレプリケートしたバイナリログに対応する GTID セット ( syncerBinlogGtid ) を取得します。セットをgtid-Sとしてマークします。
  2. 新しい MySQL インスタンスでSELECT @@GLOBAL.gtid_purged;コマンドを使用して、パージされたバイナリログに対応する GTID セットを取得します。セットをgtid-Pとしてマークします。
  3. 新しい MySQL インスタンスでSELECT @@GLOBAL.gtid_executed;コマンドを使用して、正常に実行されたすべてのトランザクションに対応する GTID セットを取得します。セットをgtid-Eとしてマークします。
  4. 以下の条件を満たしていることを確認してください。そうしないと、DM-work 接続を新しい MySQL インスタンスに切り替えることができません。
    • gtid-Sにはgtid-Pが含まれます。 gtid-Pは空にすることができます。
    • gtid-Eにはgtid-Sが含まれます。
  5. 実行中のデータ移行タスクをすべて一時停止するには、 pause-taskを使用します。
  6. VIP を変更して、新しい MySQL インスタンスに向けます。
  7. 前の移行タスクを再開するには、 resume-taskを使用します。

DM-worker が接続する上流の MySQL インスタンスのアドレスを変更します

DM-worker 設定を変更して DM-worker をアップストリームの新しい MySQL インスタンスに接続するには、次の手順を実行します。

  1. query-statusコマンドを使用して、バイナリログ レプリケーションの現在の処理単位がダウンストリームにレプリケートしたバイナリログに対応する GTID セット ( syncerBinlogGtid ) を取得します。このセットをgtid-Sとしてマークします。
  2. 新しい MySQL インスタンスでSELECT @@GLOBAL.gtid_purged;コマンドを使用して、パージされたバイナリログに対応する GTID セットを取得します。このセットをgtid-Pとしてマークします。
  3. 新しい MySQL インスタンスでSELECT @@GLOBAL.gtid_executed;コマンドを使用して、正常に実行されたすべてのトランザクションに対応する GTID セットを取得します。このセットをgtid-Eとしてマークします。
  4. 以下の条件を満たしていることを確認してください。そうしないと、DM-work 接続を新しい MySQL インスタンスに切り替えることができません。
    • gtid-Sにはgtid-Pが含まれます。 gtid-Pは空にすることができます。
    • gtid-Eにはgtid-Sが含まれます。
  5. 実行中のデータ移行タスクをすべて停止するには、 stop-taskを使用します。
  6. operator-source stopコマンドを使用して、古い MySQL インスタンスのアドレスに対応するソース構成を DM クラスターから削除します。
  7. ソース構成ファイルで MySQL インスタンスのアドレスを更新し、 operate-source createコマンドを使用して DM クラスターに新しいソース構成をリロードします。
  8. 移行タスクを再開するには、 start-taskを使用します。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.