重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

デイリーチェック

このドキュメントは、TiDBデータ移行(DM)の毎日のチェックを実行する方法をまとめたものです。

  • 方法1: query-statusコマンドを実行して、タスクの実行ステータスとエラー出力(存在する場合)を確認します。詳細については、 クエリステータスを参照してください。

  • 方法2:TiUPを使用してDMクラスタをデプロイするときにPrometheusとGrafanaが正しくデプロイされている場合、GrafanaでDMモニタリングメトリックを表示できます。たとえば、Grafanaのアドレスが172.16.10.71であるとし、 http://172.16.10.71:3000に移動し、Grafanaダッシュボードに入り、DMダッシュボードを選択してDMのモニタリングメトリックを確認します。これらのメトリックの詳細については、 DMモニタリングメトリクスを参照してください。

  • 方法3:ログファイルを使用して、DMの実行ステータスとエラー(存在する場合)を確認します。

    • DM-masterログディレクトリ: --log-fileのDM-masterプロセスパラメータで指定されます。 DMがTiUPを使用して展開されている場合、ログディレクトリはDMマスターノードで{log_dir}です。
    • DM-workerログディレクトリ: --log-fileのDM-workerプロセスパラメータで指定されます。 DMがTiUPを使用してデプロイされている場合、ログディレクトリはDM-workerノードで{log_dir}です。
このページの内容