重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

データソースのエクスポートとインポート、およびクラスターのタスクConfiguration / コンフィグレーション

configコマンドは、クラスターのデータソースとタスク構成をエクスポートおよびインポートするために使用されます。

ノート:

v2.0.5より前のクラスターの場合、dmctl v2.0.5以降を使用して、データソースおよびタスク構成ファイルをエクスポートおよびインポートできます。

» help config
Commands to import/export config
Usage:
  dmctl config [command]
Available Commands:
  export      Export the configurations of sources and tasks.
  import      Import the configurations of sources and tasks.
Flags:
  -h, --help   help for config
Global Flags:
  -s, --source strings   MySQL Source ID.
Use "dmctl config [command] --help" for more information about a command.

クラスターのデータソースとタスク構成をエクスポートします

exportのコマンドを使用して、クラスターのデータソースとタスク構成を指定したファイルにエクスポートできます。

config export [--dir directory]

パラメータの説明

  • dir
    • オプション
    • エクスポートするファイルパスを指定します
    • デフォルト値は./configsです

返された結果

config export -d /tmp/configs
export configs to directory `/tmp/configs` succeed

クラスターのデータソースとタスク構成をインポートします

importのコマンドを使用して、指定したファイルからクラスターのデータソースとタスク構成をインポートできます。

config import [--dir directory]

ノート:

v2.0.2以降のクラスターの場合、現在、リレーワーカーに関連する構成を自動的にインポートすることはサポートされていません。 start-relayのコマンドを使用して手動でリレーログを開始を実行できます。

パラメータの説明

  • dir
    • オプション
    • インポートするファイルパスを指定します
    • デフォルト値は./configsです

返された結果

config import -d /tmp/configs
start creating sources
start creating tasks
import configs from directory `/tmp/configs` succeed