TiFlash MPP モードを使用する

このドキュメントでは、TiFlash の MPP モードとその使用方法を紹介します。

TiFlash は、MPP モードを使用してクエリを実行することをサポートしています。これにより、クロスノード データ交換 (データ シャッフル プロセス) が計算に導入されます。 TiDB は、オプティマイザのコスト見積もりを使用して、MPP モードを選択するかどうかを自動的に決定します。 tidb_allow_mpptidb_enforce_mppの値を変更することで、選択戦略を変更できます。

MPP モードを選択するかどうかを制御します

tidb_allow_mpp変数は、TiDB が MPP モードを選択してクエリを実行できるかどうかを制御します。 tidb_enforce_mpp変数は、オプティマイザーのコスト見積もりを無視し、TiFlash の MPP モードを強制的に使用してクエリを実行するかどうかを制御します。

これら 2 つの変数のすべての値に対応する結果は次のとおりです。

tidb_allow_mpp=オフtidb_allow_mpp=on (デフォルト)
tidb_enforce_mpp=off (デフォルト)MPP モードは使用されません。オプティマイザは、コストの見積もりに基づいて MPP モードを選択します。 (デフォルト)
tidb_enforce_mpp=オンMPP モードは使用されません。TiDB はコスト見積もりを無視し、MPP モードを選択します。

たとえば、MPP モードを使用したくない場合は、次のステートメントを実行できます。

set @@session.tidb_allow_mpp=1;
set @@session.tidb_enforce_mpp=0;

TiDB のコストベースのオプティマイザに、MPP モードを使用するかどうか (デフォルトで) を自動的に決定させたい場合は、次のステートメントを実行できます。

set @@session.tidb_allow_mpp=1;
set @@session.tidb_enforce_mpp=0;

TiDB にオプティマイザーのコスト見積もりを無視させ、MPP モードを強制的に選択させたい場合は、次のステートメントを実行できます。

set @@session.tidb_allow_mpp=1;
set @@session.tidb_enforce_mpp=1;

tidb_enforce_mppセッション変数の初期値は、この tidb-server インスタンスのenforce-mpp構成値 (デフォルトではfalse ) と同じです。 TiDB クラスター内の複数の tidb-server インスタンスが分析クエリのみを実行し、これらのインスタンスで MPP モードが使用されていることを確認したい場合は、それらのenforce-mpp構成値をtrueに変更できます。

ノート:

tidb_enforce_mpp=1が有効になると、TiDB オプティマイザーはコスト見積もりを無視して MPP モードを選択します。ただし、他の要因が MPP モードをブロックする場合、TiDB は MPP モードを選択しません。これらの要因には、TiFlash レプリカの不在、TiFlash レプリカの未完成の複製、および MPP モードでサポートされていない演算子または関数を含むステートメントが含まれます。

コスト見積もり以外の理由で TiDB オプティマイザーが MPP モードを選択できない場合、 EXPLAINステートメントを使用して実行計画をチェックアウトすると、その理由を説明する警告が返されます。例えば:

set @@session.tidb_enforce_mpp=1;
create table t(a int);
explain select count(*) from t;
show warnings;
+---------+------+-----------------------------------------------------------------------------+
| Level   | Code | Message                                                                     |
+---------+------+-----------------------------------------------------------------------------+
| Warning | 1105 | MPP mode may be blocked because there aren't tiflash replicas of table `t`. |
+---------+------+-----------------------------------------------------------------------------+

MPP モードのアルゴリズム サポート

MPP モードは、ブロードキャスト ハッシュ結合、シャッフル ハッシュ結合、シャッフル ハッシュ集計、Union All、TopN、および Limit の物理アルゴリズムをサポートします。オプティマイザは、クエリで使用するアルゴリズムを自動的に決定します。特定のクエリ実行プランを確認するには、 EXPLAINステートメントを実行します。 EXPLAINステートメントの結果が ExchangeSender および ExchangeReceiver オペレーターを示している場合、MPP モードが有効になっていることを示します。

次のステートメントは、例として TPC-H テスト セットのテーブル構造を取ります。

explain select count(*) from customer c join nation n on c.c_nationkey=n.n_nationkey;
+------------------------------------------+------------+-------------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------+
| id                                       | estRows    | task              | access object | operator info                                                              |
+------------------------------------------+------------+-------------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------+
| HashAgg_23                               | 1.00       | root              |               | funcs:count(Column#16)->Column#15                                          |
| └─TableReader_25                         | 1.00       | root              |               | data:ExchangeSender_24                                                     |
|   └─ExchangeSender_24                    | 1.00       | batchCop[tiflash] |               | ExchangeType: PassThrough                                                  |
|     └─HashAgg_12                         | 1.00       | batchCop[tiflash] |               | funcs:count(1)->Column#16                                                  |
|       └─HashJoin_17                      | 3000000.00 | batchCop[tiflash] |               | inner join, equal:[eq(tpch.nation.n_nationkey, tpch.customer.c_nationkey)] |
|         ├─ExchangeReceiver_21(Build)     | 25.00      | batchCop[tiflash] |               |                                                                            |
|         │ └─ExchangeSender_20            | 25.00      | batchCop[tiflash] |               | ExchangeType: Broadcast                                                    |
|         │   └─TableFullScan_18           | 25.00      | batchCop[tiflash] | table:n       | keep order:false                                                           |
|         └─TableFullScan_22(Probe)        | 3000000.00 | batchCop[tiflash] | table:c       | keep order:false                                                           |
+------------------------------------------+------------+-------------------+---------------+----------------------------------------------------------------------------+
9 rows in set (0.00 sec)

実行計画の例では、 ExchangeReceiverExchangeSenderの演算子が含まれています。実行計画は、 nationテーブルが読み取られた後、 ExchangeSenderオペレーターがテーブルを各ノードにブロードキャストし、 nationテーブルとcustomerテーブルに対してHashJoinHashAggの操作が実行され、結果が TiDB に返されることを示しています。

TiFlash は、ブロードキャスト ハッシュ結合を使用するかどうかを制御するために、次の 2 つのグローバル/セッション変数を提供します。

  • tidb_broadcast_join_threshold_size : 値の単位はバイトです。テーブル サイズ (バイト単位) が変数の値より小さい場合は、ブロードキャスト ハッシュ結合アルゴリズムが使用されます。それ以外の場合は、Shuffled Hash Join アルゴリズムが使用されます。
  • tidb_broadcast_join_threshold_count : 値の単位は行です。結合操作のオブジェクトがサブクエリに属している場合、オプティマイザはサブクエリの結果セットのサイズを見積もることができないため、サイズは結果セットの行数によって決定されます。サブクエリの推定行数がこの変数の値より少ない場合、ブロードキャスト ハッシュ結合アルゴリズムが使用されます。それ以外の場合は、Shuffled Hash Join アルゴリズムが使用されます。

MPP モードで分割されたテーブルにアクセスする

MPP モードで分割されたテーブルにアクセスするには、最初に動的プルーニング モードを有効にする必要があります。

例:

mysql> DROP TABLE if exists test.employees;
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

mysql> CREATE TABLE test.employees
(id int(11) NOT NULL,
 fname varchar(30) DEFAULT NULL,
 lname varchar(30) DEFAULT NULL,
 hired date NOT NULL DEFAULT '1970-01-01',
 separated date DEFAULT '9999-12-31',
 job_code int DEFAULT NULL,
 store_id int NOT NULL) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin
PARTITION BY RANGE (store_id)
(PARTITION p0 VALUES LESS THAN (6),
 PARTITION p1 VALUES LESS THAN (11),
 PARTITION p2 VALUES LESS THAN (16),
 PARTITION p3 VALUES LESS THAN (MAXVALUE));
Query OK, 0 rows affected (0.10 sec)

mysql> ALTER table test.employees SET tiflash replica 1;
Query OK, 0 rows affected (0.09 sec)

mysql> SET tidb_partition_prune_mode=static;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> explain SELECT count(*) FROM test.employees;
+----------------------------------+----------+-------------------+-------------------------------+-----------------------------------+
| id                               | estRows  | task              | access object                 | operator info                     |
+----------------------------------+----------+-------------------+-------------------------------+-----------------------------------+
| HashAgg_18                       | 1.00     | root              |                               | funcs:count(Column#10)->Column#9  |
| └─PartitionUnion_20              | 4.00     | root              |                               |                                   |
|   ├─StreamAgg_35                 | 1.00     | root              |                               | funcs:count(Column#12)->Column#10 |
|   │ └─TableReader_36             | 1.00     | root              |                               | data:StreamAgg_26                 |
|   │   └─StreamAgg_26             | 1.00     | batchCop[tiflash] |                               | funcs:count(1)->Column#12         |
|   │     └─TableFullScan_34       | 10000.00 | batchCop[tiflash] | table:employees, partition:p0 | keep order:false, stats:pseudo    |
|   ├─StreamAgg_52                 | 1.00     | root              |                               | funcs:count(Column#14)->Column#10 |
|   │ └─TableReader_53             | 1.00     | root              |                               | data:StreamAgg_43                 |
|   │   └─StreamAgg_43             | 1.00     | batchCop[tiflash] |                               | funcs:count(1)->Column#14         |
|   │     └─TableFullScan_51       | 10000.00 | batchCop[tiflash] | table:employees, partition:p1 | keep order:false, stats:pseudo    |
|   ├─StreamAgg_69                 | 1.00     | root              |                               | funcs:count(Column#16)->Column#10 |
|   │ └─TableReader_70             | 1.00     | root              |                               | data:StreamAgg_60                 |
|   │   └─StreamAgg_60             | 1.00     | batchCop[tiflash] |                               | funcs:count(1)->Column#16         |
|   │     └─TableFullScan_68       | 10000.00 | batchCop[tiflash] | table:employees, partition:p2 | keep order:false, stats:pseudo    |
|   └─StreamAgg_86                 | 1.00     | root              |                               | funcs:count(Column#18)->Column#10 |
|     └─TableReader_87             | 1.00     | root              |                               | data:StreamAgg_77                 |
|       └─StreamAgg_77             | 1.00     | batchCop[tiflash] |                               | funcs:count(1)->Column#18         |
|         └─TableFullScan_85       | 10000.00 | batchCop[tiflash] | table:employees, partition:p3 | keep order:false, stats:pseudo    |
+----------------------------------+----------+-------------------+-------------------------------+-----------------------------------+
18 rows in set (0,00 sec)

mysql> SET tidb_partition_prune_mode=dynamic;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> explain SELECT count(*) FROM test.employees;
+------------------------------+----------+--------------+-----------------+---------------------------------------------------------+
| id                           | estRows  | task         | access object   | operator info                                           |
+------------------------------+----------+--------------+-----------------+---------------------------------------------------------+
| HashAgg_17                   | 1.00     | root         |                 | funcs:count(Column#11)->Column#9                        |
| └─TableReader_19             | 1.00     | root         | partition:all   | data:ExchangeSender_18                                  |
|   └─ExchangeSender_18        | 1.00     | mpp[tiflash] |                 | ExchangeType: PassThrough                               |
|     └─HashAgg_8              | 1.00     | mpp[tiflash] |                 | funcs:count(1)->Column#11                               |
|       └─TableFullScan_16     | 10000.00 | mpp[tiflash] | table:employees | keep order:false, stats:pseudo, PartitionTableScan:true |
+------------------------------+----------+--------------+-----------------+---------------------------------------------------------+
5 rows in set (0,00 sec)
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.