重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiCDC展開トポロジ

ノート:

TiCDCは、v4.0.6以降の一般可用性(GA)の機能です。実稼働環境で使用できます。

このドキュメントでは、最小クラスタトポロジに基づくTiCDCの展開トポロジについて説明します。

TiCDCは、TiDB4.0で導入されたTiDBのインクリメンタルデータを複製するためのツールです。 TiDB、MySQL、MQなどの複数のダウンストリームプラットフォームをサポートします。 TiDB Binlogと比較して、TiCDCはレイテンシーが低く、ネイティブの高可用性を備えています。

トポロジー情報

実例カウント物理マシン構成知財Configuration / コンフィグレーション
TiDB316 VCore 32GB * 110.0.1.1
10.0.1.2
10.0.1.3
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
PD34 VCore 8GB * 110.0.1.4
10.0.1.5
10.0.1.6
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
TiKV316 VCore 32GB 2TB(nvme ssd)* 110.0.1.7
10.0.1.8
10.0.1.9
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
CDC38 VCore 16GB * 110.0.1.11
10.0.1.12
10.0.1.13
デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成
モニタリングとGrafana14 VCore 8GB * 1 500GB(ssd)10.0.1.11デフォルトのポート
グローバルディレクトリ構成

トポロジテンプレート

上記のTiDBクラスタトポロジファイルの構成項目の詳細については、 TiUPを使用してTiDBを展開するためのトポロジConfiguration / コンフィグレーションファイルを参照してください。

ノート:

  • 構成ファイルにtidb人のユーザーを手動で作成する必要はありません。 TiUPクラスタコンポーネントは、ターゲットマシン上にtidbのユーザーを自動的に作成します。ユーザーをカスタマイズすることも、ユーザーと制御マシンの一貫性を保つこともできます。
  • 展開ディレクトリを相対パスとして構成すると、クラスタはユーザーのホームディレクトリに展開されます。