重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

コマンドラインフラグ

このドキュメントでは、DMのコマンドラインフラグを紹介します。

DMマスター

--advertise-addr

  • クライアントリクエストの受信に使用されるDMマスターの外部アドレス
  • デフォルト値は"{master-addr}"です
  • オプションのフラグ。 "domain-name:port"の形式にすることができます

--advertise-peer-urls

  • DMマスターノード間の通信用の外部アドレス
  • デフォルト値は"{peer-urls}"です
  • オプションのフラグ。 "http(s)://domain-name:port"の形式にすることができます

--config

  • DMマスターの構成ファイルパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--data-dir

  • DMマスターのデータを保存するために使用されるディレクトリ
  • デフォルト値は"default.{name}"です
  • オプションのフラグ

--initial-cluster

  • DMマスタークラスタをブートストラップするために使用される"{node name}={external address}"のリスト
  • デフォルト値は"{name}={advertise-peer-urls}"です
  • joinフラグが指定されていない場合は、このフラグを指定する必要があります。 3ノードクラスタの構成例は"dm-master-1=http://172.16.15.11:8291,dm-master-2=http://172.16.15.12:8291,dm-master-3=http://172.16.15.13:8291"です。

--join

  • DMマスターノードがこのクラスタに参加するときの既存のクラスターのadvertise-addrのリスト
  • デフォルト値は""です
  • initial-clusterフラグが指定されていない場合は、このフラグを指定する必要があります。新しいノードが2つのノードを持つクラスタに参加するとします。構成例は"172.16.15.11:8261,172.16.15.12:8261"です。

--log-file

  • ログの出力ファイル名
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

-L

  • ログレベル
  • デフォルト値は"info"です
  • オプションのフラグ

--master-addr

  • DMマスターがクライアントの要求をリッスンするアドレス
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ

--name

  • DMマスターノードの名前
  • デフォルト値は"dm-master-{hostname}"です
  • 必須フラグ

--peer-urls

  • DMマスターノード間の通信のリスニングアドレス
  • デフォルト値は"http://127.0.0.1:8291"です
  • 必須フラグ

DMワーカー

--advertise-addr

  • クライアントリクエストの受信に使用されるDMワーカーの外部アドレス
  • デフォルト値は"{worker-addr}"です
  • オプションのフラグ。 "domain-name:port"の形式にすることができます

--config

  • DM-workerの構成ファイルパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--join

  • DMワーカーがこのクラスタに登録するときのクラスタのDMマスターノードの{advertise-addr}のリスト
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ。 3ノード(DMマスターノード)クラスタの構成例は"172.16.15.11:8261,172.16.15.12:8261,172.16.15.13:8261"です。

--log-file

  • ログの出力ファイル名
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

-L

  • ログレベル
  • デフォルト値は"info"です
  • オプションのフラグ

--name

  • DMワーカーノードの名前
  • デフォルト値は"{advertise-addr}"です
  • 必須フラグ

--worker-addr

  • DM-workerがクライアントの要求をリッスンするアドレス
  • デフォルト値は""です
  • 必須フラグ

dmctl

--config

  • dmctlの構成ファイルパス
  • デフォルト値は""です
  • オプションのフラグ

--master-addr

  • dmctlによって接続されるクラスタのDMマスターノードの{advertise-addr}
  • デフォルト値は""です
  • dmctlがDM-masterと対話するときに必要なフラグです。

--encrypt

  • 平文データベースのパスワードを暗号文に暗号化します
  • デフォルト値は""です
  • このフラグが指定されている場合、DMマスターと対話せずにプレーンテキストを暗号化するためにのみ使用されます

--decrypt

  • dmctlで暗号化された暗号文を平文に復号化します
  • デフォルト値は""です
  • このフラグが指定されている場合、DMマスターと対話せずに暗号文を復号化するためにのみ使用されます