インデックスの変更

ALTER INDEXステートメントは、インデックスの可視性をVisibleまたはInvisibleに変更するために使用されます。非表示のインデックスは DML ステートメントによって維持されますが、クエリ オプティマイザーでは使用されません。これは、インデックスを永続的に削除する前に再確認したいシナリオで役立ちます。TiDB v8.0.0 以降では、システム変数tidb_opt_use_invisible_indexesを変更することで、オプティマイザーが非表示のインデックスを選択するようにすることができます。

概要

AlterTableStmt
ALTERIGNORETABLETableNameAlterIndexSpec,
AlterIndexSpec
ALTERINDEXIdentifierVISIBLEINVISIBLE

ALTER TABLE ... ALTER INDEX ...ステートメントを使用してインデックスの可視性を変更できます。

CREATE TABLE t1 (c1 INT, UNIQUE(c1)); ALTER TABLE t1 ALTER INDEX c1 INVISIBLE;
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)
SHOW CREATE TABLE t1;
+-------+------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | Table | Create Table | +-------+------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ | t1 | CREATE TABLE `t1` ( `c1` int(11) DEFAULT NULL, UNIQUE KEY `c1` (`c1`) /*!80000 INVISIBLE */ ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE=utf8mb4_bin | +-------+------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.00 sec)

オプティマイザーは非表示のインデックスc1を使用できません。

EXPLAIN SELECT c1 FROM t1 ORDER BY c1;
+-------------------------+----------+-----------+---------------+--------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +-------------------------+----------+-----------+---------------+--------------------------------+ | Sort_4 | 10000.00 | root | | test.t1.c1:asc | | └─TableReader_8 | 10000.00 | root | | data:TableFullScan_7 | | └─TableFullScan_7 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1 | keep order:false, stats:pseudo | +-------------------------+----------+-----------+---------------+--------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)

比較すると、 c2可視インデックスであり、オプティマイザーで使用できます。

EXPLAIN SELECT c2 FROM t1 ORDER BY c2;
+------------------------+----------+-----------+------------------------+-------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +------------------------+----------+-----------+------------------------+-------------------------------+ | IndexReader_13 | 10000.00 | root | | index:IndexFullScan_12 | | └─IndexFullScan_12 | 10000.00 | cop[tikv] | table:t1, index:c2(c2) | keep order:true, stats:pseudo | +------------------------+----------+-----------+------------------------+-------------------------------+ 2 rows in set (0.00 sec)

USE INDEX SQL ヒントを使用して強制的にインデックスを使用した場合でも、オプティマイザーは非表示のインデックスを使用できません。そうでない場合は、エラーが返されます。

SELECT * FROM t1 USE INDEX(c1);
ERROR 1176 (42000): Key 'c1' doesn't exist in table 't1'

注記:

ここでの「非表示」とは、オプティマイザに対してのみ非表示であることを意味します。非表示のインデックスを変更または削除することは可能です。

ALTER TABLE t1 DROP INDEX c1;
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

MySQL 互換性

  • TiDB の非表示インデックスは、MySQL 8.0 の同等の機能に基づいてモデル化されています。
  • MySQL と同様に、TiDB ではPRIMARY KEYインデックスを非表示にすることはできません。

参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.