重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

AuroraからTiDBへのデータの移行

このドキュメントでは、 AuroraからTiDBにデータを移行する方法について説明します。移行プロセスではDBスナップショットを使用するため、スペースと時間が大幅に節約されます。

移行全体には2つのプロセスがあります。

  • TiDBLightningを使用して完全なデータをTiDBにインポートする
  • DMを使用して増分データをTiDBに複製する(オプション)

前提条件

完全なデータをTiDBにインポートする

ステップAuroraスナップショットをAmazonS3にエクスポートします

  1. Auroraで、次のコマンドを実行して、現在のbinlogの位置を照会します。

    mysql> SHOW MASTER STATUS;
    

    出力は次のようになります。後で使用するために、binlogの名前と位置を記録します。

    +------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
    | File             | Position | Binlog_Do_DB | Binlog_Ignore_DB | Executed_Gtid_Set |
    +------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
    | mysql-bin.000002 |    52806 |              |                  |                   |
    +------------------+----------+--------------+------------------+-------------------+
    1 row in set (0.012 sec)
    
  2. Auroraスナップショットをエクスポートします。詳細な手順については、 DBスナップショットデータをAmazonS3にエクスポートするを参照してください。

binlogの位置を取得したら、5分以内にスナップショットをエクスポートします。そうしないと、記録されたbinlogの位置が古くなり、増分レプリケーション中にデータの競合が発生する可能性があります。

上記の2つの手順を実行した後、次の情報が用意されていることを確認してください。

  • スナップショット作成時のAuroraの名前と位置。
  • スナップショットが保存されているS3パス、およびS3パスにアクセスできるSecretKeyとAccessKey。

ステップ2.スキーマをエクスポートする

AuroraのスナップショットファイルにはDDLステートメントが含まれていないため、 Dumplingを使用してスキーマをエクスポートし、TiDBLightningを使用してターゲットデータベースにスキーマを作成する必要があります。スキーマを手動で作成する場合は、この手順をスキップできます。

次のコマンドを実行して、 Dumplingを使用してスキーマをエクスポートします。このコマンドには、目的のテーブルスキーマのみをエクスポートするための--filterつのパラメーターが含まれています。

tiup dumpling --host ${host} --port 3306 --user root --password ${password} --filter 'my_db1.table[12]' --no-data --output 's3://my-bucket/schema-backup?region=us-west-2' --filter "mydb.*"

上記のコマンドで使用されるパラメータは次のとおりです。その他のパラメータについては、 Dumplingの概要を参照してください。

パラメータ説明
-uまたは--userAuroraユーザー
-pまたは--passwordMySQLユーザーパスワード
-Pまたは--portMySQLポート
-hまたは--hostMySQLIPアドレス
-tまたは--threadエクスポートに使用されるスレッドの数
-oまたは--outputエクスポートされたファイルを保存するディレクトリ。ローカルパスまたは外部ストレージURLをサポート
-rまたは--row1つのファイルの最大行数
-FMiBでの単一ファイルの最大サイズ。推奨値:256MiB。
-Bまたは--databaseエクスポートするデータベースを指定します
-Tまたは--tables-list指定されたテーブルをエクスポートします
-dまたは--no-dataデータをエクスポートしません。スキーマのみをエクスポートします。
-fまたは--filterパターンに一致するテーブルをエクスポートします。 -f-Tを同時に使用しないでください。構文についてはテーブルフィルターを参照してください。

手順3.TiDBLightning構成ファイルを作成します

次のようにtidb-lightning.tomlの構成ファイルを作成します。

vim tidb-lightning.toml
[tidb]

# The target TiDB cluster information.
host = ${host}                # e.g.: 172.16.32.1
port = ${port}                # e.g.: 4000
user = "${user_name}          # e.g.: "root"
password = "${password}"      # e.g.: "rootroot"
status-port = ${status-port}  # Obtains the table schema information from TiDB status port, e.g.: 10080
pd-addr = "${ip}:${port}"     # The cluster PD address, e.g.: 172.16.31.3:2379. TiDB Lightning obtains some information from PD. When backend = "local", you must specify status-port and pd-addr correctly. Otherwise, the import will be abnormal.

[tikv-importer]
# "local": Default backend. The local backend is recommended to import large volumes of data (1 TiB or more). During the import, the target TiDB cluster cannot provide any service.
# "tidb": The "tidb" backend is recommended to import data less than 1 TiB. During the import, the target TiDB cluster can provide service normally.
backend = "local"

# Set the temporary storage directory for the sorted Key-Value files. The directory must be empty, and the storage space must be greater than the size of the dataset to be imported. For better import performance, it is recommended to use a directory different from `data-source-dir` and use flash storage, which can use I/O exclusively.
sorted-kv-dir = "/mnt/ssd/sorted-kv-dir"

[mydumper]
# The path that stores the snapshot file.
data-source-dir = "${s3_path}"  # e.g.: s3://my-bucket/sql-backup?region=us-west-2

[[mydumper.files]]
# The expression that parses the parquet file.
pattern = '(?i)^(?:[^/]*/)*([a-z0-9_]+)\.([a-z0-9_]+)/(?:[^/]*/)*(?:[a-z0-9\-_.]+\.(parquet))$'
schema = '$1'
table = '$2'
type = '$3'

TiDBクラスタでTLSを有効にする必要がある場合は、 TiDBLightningConfiguration / コンフィグレーションを参照してください。

ステップ4.完全なデータをTiDBにインポートします

  1. TiDB Lightningを使用して、ターゲットデータベースにテーブルを作成します。

    tiup tidb-lightning -config tidb-lightning.toml -d 's3://my-bucket/schema-backup?region=us-west-2'
    
  2. tidb-lightningを実行してインポートを開始します。コマンドラインで直接プログラムを起動すると、SIGHUP信号を受信した後、プロセスが予期せず終了する場合があります。この場合、 nohupまたはscreenツールを使用してプログラムを実行することをお勧めします。例えば:

    S3ストレージパスにアクセスできるSecretKeyとAccessKeyを環境変数としてDumplingノードに渡します。 ~/.aws/credentialsからクレデンシャルを読み取ることもできます。

    export AWS_ACCESS_KEY_ID=${access_key}
    export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=${secret_key}
    nohup tiup tidb-lightning -config tidb-lightning.toml > nohup.out 2>&1 &
    
  3. インポートの開始後、次のいずれかの方法でインポートの進行状況を確認できます。

  4. TiDB Lightningがインポートを完了すると、自動的に終了します。ログ印刷the whole procedure completedの最後の5行が見つかった場合、インポートは成功しています。

ノート:

インポートが成功したかどうかに関係なく、ログの最後の行にはtidb lightning exitが表示されます。これは、TiDB Lightningが正常に終了することを意味しますが、必ずしもインポートが成功したことを意味するわけではありません。

インポート中に問題が発生した場合は、 TiDB Lightning FAQを参照してトラブルシューティングを行ってください。

インクリメンタルデータをTiDBに複製する(オプション)

前提条件

ステップ1:データソースを作成する

  1. 次のようにsource1.yamlのファイルを作成します。

    # Must be unique.
    source-id: "mysql-01"
    # Configures whether DM-worker uses the global transaction identifier (GTID) to pull binlogs. To enable this mode, the upstream MySQL must also enable GTID. If the upstream MySQL service is configured to switch master between different nodes automatically, GTID mode is required.
    enable-gtid: false
    
    from:
      host: "${host}"         # e.g.: 172.16.10.81
      user: "root"
      password: "${password}" # Supported but not recommended to use plaintext password. It is recommended to use `dmctl encrypt` to encrypt the plaintext password before using it.
      port: 3306
    
  2. 次のコマンドを実行して、 tiup dmctlを使用してデータソース構成をDMクラスタにロードします。

    tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} operate-source create source1.yaml
    

    上記のコマンドで使用されるパラメーターは、次のとおりです。

    パラメータ説明
    --master-addrdmctlが接続されるクラスタの任意のDMマスターの{advertise-addr}例:172.16.10.71:8261
    operate-source createデータソースをDMクラスタにロードします。

ステップ2:移行タスクを作成する

次のようにtask1.yamlのファイルを作成します。

# Task name. Multiple tasks that are running at the same time must each have a unique name.
name: "test"
# Task mode. Options are:
# - full: only performs full data migration.
# - incremental: only performs binlog real-time replication.
# - all: full data migration + binlog real-time replication.
task-mode: "incremental"
# The configuration of the target TiDB database.
target-database:
  host: "${host}"                   # e.g.: 172.16.10.83
  port: 4000
  user: "root"
  password: "${password}"           # Supported but not recommended to use a plaintext password. It is recommended to use `dmctl encrypt` to encrypt the plaintext password before using it.

# Global configuration for block and allow lists. Each instance can reference the configuration by name.
block-allow-list:                     # If the DM version is earlier than v2.0.0-beta.2, use black-white-list.
  listA:                              # Name.
    do-tables:                        # Allow list for the upstream tables to be migrated.
    - db-name: "test_db"              # Name of databases to be migrated.
      tbl-name: "test_table"          # Name of tables to be migrated.

# Configures the data source.
mysql-instances:
  - source-id: "mysql-01"               # Data source ID,i.e., source-id in source1.yaml
    block-allow-list: "listA"           # References the block-allow-list configuration above.
#       syncer-config-name: "global"    # References the syncers incremental data configuration.
    meta:                               # When task-mode is "incremental" and the downstream database does not have a checkpoint, DM uses the binlog position as the starting point. If the downstream database has a checkpoint, DM uses the checkpoint as the starting point.
      binlog-name: "mysql-bin.000004"   # The binlog position recorded in "Step 1. Export an Aurora snapshot to Amazon S3". When the upstream database has source-replica switching, GTID mode is required.
      binlog-pos: 109227
      # binlog-gtid: "09bec856-ba95-11ea-850a-58f2b4af5188:1-9"

   # (Optional) If you need to incrementally replicate data that has already been migrated in the full data migration, you need to enable the safe mode to avoid the incremental data replication error.
   # This scenario is common in the following case: the full migration data does not belong to the data source's consistency snapshot, and after that, DM starts to replicate incremental data from a position earlier than the full migration.
   # syncers:            # The running configurations of the sync processing unit.
   #   global:            # Configuration name.
   #     safe-mode: true  # If this field is set to true, DM changes INSERT of the data source to REPLACE for the target database, and changes UPDATE of the data source to DELETE and REPLACE for the target database. This is to ensure that when the table schema contains a primary key or unique index, DML statements can be imported repeatedly. In the first minute of starting or resuming an incremental replication task, DM automatically enables the safe mode.

上記のYAMLファイルは、移行タスクに必要な最小限の構成です。その他の設定項目については、 DM高度なタスクConfiguration / コンフィグレーションファイルを参照してください。

ステップ3.移行タスクを実行します

移行タスクを開始する前に、エラーの可能性を減らすために、次のcheck-taskコマンドを実行して、構成がDMの要件を満たしていることを確認することをお勧めします。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} check-task task.yaml

その後、 tiup dmctlを実行して移行タスクを開始します。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} start-task task.yaml

上記のコマンドで使用されるパラメーターは、次のとおりです。

パラメータ説明
--master-addrdmctlが接続されるクラスタの任意のDMマスターの{advertise-addr}例:172.16.10.71:8261
start-task移行タスクを開始します。

タスクの開始に失敗した場合は、プロンプトメッセージを確認し、構成を修正してください。その後、上記のコマンドを再実行してタスクを開始できます。

問題が発生した場合は、 DMエラー処理DM FAQを参照してください。

手順4.移行タスクのステータスを確認します

DMクラスタに進行中の移行タスクがあるかどうかとタスクのステータスを確認するには、 tiup dmctlを使用してquery-statusコマンドを実行します。

tiup dmctl --master-addr ${advertise-addr} query-status ${task-name}

結果の詳細な解釈については、 クエリステータスを参照してください。

手順5.タスクを監視してログを表示する

移行タスクの履歴ステータスおよびその他の内部メトリックを表示するには、次の手順を実行します。

TiUPを使用してDMをデプロイしたときにPrometheus、Alertmanager、およびGrafanaをデプロイした場合は、デプロイメント中に指定されたIPアドレスとポートを使用してGrafanaにアクセスできます。次に、DMダッシュボードを選択して、DM関連の監視メトリックを表示できます。

DMの実行中、DM-worker、DM-master、およびdmctlは、関連情報をログに出力します。これらのコンポーネントのログディレクトリは次のとおりです。

  • DM-master:DM-masterプロセスパラメーター--log-fileで指定されます。 TiUPを使用してDMを展開する場合、ログディレクトリはデフォルトで/dm-deploy/dm-master-8261/log/です。
  • DM-worker:DM-workerプロセスパラメーター--log-fileで指定されます。 TiUPを使用してDMを展開する場合、ログディレクトリはデフォルトで/dm-deploy/dm-worker-8262/log/です。

次は何ですか