重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

BRの設計原則

このドキュメントでは、アーキテクチャとバックアップファイルを含む、バックアップと復元(BR)の設計原則について説明します。

BRアーキテクチャ

BRは、バックアップまたは復元コマンドを各TiKVノードに送信します。コマンドを受信した後、TiKVは対応するバックアップまたは復元操作を実行します。

各TiKVノードには、バックアップ操作で生成されたバックアップファイルが保存され、復元中に保存されたバックアップファイルが読み取られるパスがあります。

br-arch

バックアップファイル

このセクションでは、BRによって生成されるバックアップファイルの設計について説明します。

バックアップファイルの種類

BRは、次のタイプのバックアップファイルを生成できます。

  • SSTファイル:TiKVノードがバックアップするデータを保存します。
  • backupmetaファイル:バックアップファイルの数、キー範囲、サイズ、ハッシュ(sha256)値など、バックアップ操作のメタデータを格納します。
  • backup.lockファイル:複数のバックアップ操作で同じディレクトリにデータが保存されないようにします。

SSTファイルの命名形式

SSTファイルはstoreID_regionID_regionEpoch_keyHash_cfの形式で名前が付けられます。形式のフィールドは次のように説明されます。

  • storeIDはTiKVノードIDです。
  • regionIDはリージョンIDです。
  • regionEpochはリージョンのバージョン番号です。
  • keyHashは、範囲のstartKeyのハッシュ(sha256)値であり、キーの一意性を保証します。
  • cfはRocksDBのカラムファミリーを示します(デフォルトではdefaultまたはwrite )。

SSTファイルの保存形式