SHARD_ROW_ID_BITS

このドキュメントでは、暗黙的な_tidb_rowidがシャードされた後にシャードのビット数を設定するために使用されるSHARD_ROW_ID_BITS table 属性を紹介します。

コンセプト

非クラスター化主キーを持つテーブル、または主キーがないテーブルの場合、TiDB は暗黙的な自動インクリメント行 ID を使用します。多数のINSERT操作が実行されると、データが 1 つのリージョンに書き込まれ、書き込みホット スポットが発生します。

ホット スポットの問題を軽減するには、 SHARD_ROW_ID_BITSを構成します。行 ID は分散されており、データは複数の異なるリージョンに書き込まれます。

  • SHARD_ROW_ID_BITS = 4 16 個のシャードを示します
  • SHARD_ROW_ID_BITS = 6 64 個のシャードを示します
  • SHARD_ROW_ID_BITS = 0デフォルトの 1 シャードを示します

使用方法の詳細については、 ホットスポットの問題のトラブルシューティング ガイドを参照してください。

使用方法の詳細については、 ホットスポットの問題のトラブルシューティング ガイドを参照してください。

CREATE TABLE t ( id INT PRIMARY KEY NONCLUSTERED ) SHARD_ROW_ID_BITS = 4;
ALTER TABLE t SHARD_ROW_ID_BITS = 4;

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.