重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

バックアップと復元にBRコマンドラインを使用する

このドキュメントでは、BRコマンドラインを使用してTiDBクラスタデータをバックアップおよび復元する方法について説明します。

BRツールの概要 、特に使用制限いくつかのヒントを読んだことを確認してください。

BRコマンドラインの説明

brコマンドは、サブコマンド、オプション、およびパラメーターで構成されます。

  • サブコマンド: -または--のない文字。
  • オプション: -または--で始まる文字。
  • パラメーター:直後に続き、サブコマンドまたはオプションに渡される文字。

これは完全なbrのコマンドです。

`br backup full --pd "${PDIP}:2379" -s "s3://backup-data/2022-01-30/"`

上記のコマンドの説明は次のとおりです。

  • backupbrのサブコマンド。
  • fullbackupのサブコマンド。
  • -s (または--storage ):バックアップファイルが保存されるパスを指定するオプション。
  • "s3://backup-data/2022-01-30/" :パラメータ-sバックアップデータがAmazonS3のbackup-dataバケットの2022-01-30/ディレクトリに保存されていることを示します。
  • --pd :配置Driver(PD)サービスアドレスを指定するオプション。
  • "${PDIP}:2379"--pdのパラメータ。

サブコマンド

brのコマンドは、サブコマンドの複数のレイヤーで構成されます。現在、BRには次のサブコマンドがあります。

  • br backup :TiDBクラスタのデータをバックアップするために使用されます。
  • br restore :TiDBクラスタのデータを復元するために使用されます。

上記の各サブコマンドには、操作の範囲を指定するための次のサブコマンドが含まれている場合があります。

  • full :すべてのクラスタデータをバックアップまたは復元するために使用されます。
  • db :クラスタの指定されたデータベースをバックアップまたは復元するために使用されます。
  • table :クラスタの指定されたデータベース内の単一のテーブルをバックアップまたは復元するために使用されます。

一般的なオプション

  • --pd :接続に使用し、PDサーバーのアドレスを指定します。たとえば、 "${PDIP}:2379"
  • -h (または--help ):すべてのサブコマンドのヘルプを取得するために使用されます。たとえば、 br backup --help
  • -V (または--version ):BRのバージョンを確認するために使用されます。
  • --ca :信頼できるCA証明書へのパスをPEM形式で指定します。
  • --cert :SSL証明書へのパスをPEM形式で指定します。
  • --key :SSL証明書キーへのパスをPEM形式で指定します。
  • --status-addr :BRがPrometheusに統計を提供するためのリスニングアドレスを指定します。

BRコマンドラインを使用してクラスタデータをバックアップする例

クラスタデータをバックアップするには、 br backupコマンドを実行します。 fullまたはtableサブコマンドを追加して、バックアップ操作の範囲(クラスタ全体または単一のテーブル)を指定できます。

BRコマンドラインを使用してクラスタデータを復元する例

クラスタデータを復元するには、 br restoreコマンドを実行します。 full 、またはdbサブコマンドを追加して、復元の範囲(クラスタ全体、データベース、または単一のテーブル)を指定できtable