重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

DMレプリケーションシナリオでのデータチェック

TiDBデータ移行などのレプリケーションツールを使用する場合は、レプリケーションプロセスの前後でデータの整合性を確認する必要があります。 DM-masterから特定のtask-nameの構成を設定して、データチェックを実行できます。

以下は簡単な設定例です。完全な構成については、 Sync-diff-inspectorユーザーガイドを参照してください。

# Diff Configuration.

######################### Global config #########################

# The number of goroutines created to check data. The number of connections between upstream and downstream databases are slightly greater than this value.
check-thread-count = 4

# If enabled, SQL statements is exported to fix inconsistent tables.
export-fix-sql = true

# Only compares the table structure instead of the data.
check-struct-only = false

# The IP address of dm-master and the format is "http://127.0.0.1:8261".
dm-addr = "http://127.0.0.1:8261"

# Specifies the `task-name` of DM.
dm-task = "test"

######################### Task config #########################
[task]
    output-dir = "./output"

    # The tables of downstream databases to be compared. Each table needs to contain the schema name and the table name, separated by '.'
    target-check-tables = ["hb_test.*"]

この例は、dm-task = "test"で構成され、"test"タスクの下にあるhb_testスキーマのすべてのテーブルをチェックします。 DMレプリケーション後のデータの整合性を検証するために、アップストリームデータベースとダウンストリームデータベース間のスキーマの定期的な一致を自動的に取得します。

このページの内容