TIKV_REGION_STATUS

TIKV_REGION_STATUSの表は、PD の API を介した TiKV リージョンのいくつかの基本情報を示しています。たとえば、リージョンID、キー値の開始と終了、読み取りトラフィックと書き込みトラフィックなどです。

USE information_schema;
DESC tikv_region_status;
+---------------------------+-------------+------+------+---------+-------+
| Field                     | Type        | Null | Key  | Default | Extra |
+---------------------------+-------------+------+------+---------+-------+
| REGION_ID                 | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| START_KEY                 | text        | YES  |      | NULL    |       |
| END_KEY                   | text        | YES  |      | NULL    |       |
| TABLE_ID                  | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| DB_NAME                   | varchar(64) | YES  |      | NULL    |       |
| TABLE_NAME                | varchar(64) | YES  |      | NULL    |       |
| IS_INDEX                  | tinyint(1)  | NO   |      | 0       |       |
| INDEX_ID                  | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_NAME                | varchar(64) | YES  |      | NULL    |       |
| EPOCH_CONF_VER            | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| EPOCH_VERSION             | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| WRITTEN_BYTES             | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| READ_BYTES                | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| APPROXIMATE_SIZE          | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| APPROXIMATE_KEYS          | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
| REPLICATIONSTATUS_STATE   | varchar(64) | YES  |      | NULL    |       |
| REPLICATIONSTATUS_STATEID | bigint(21)  | YES  |      | NULL    |       |
+---------------------------+-------------+------+------+---------+-------+
17 rows in set (0.00 sec)

TIKV_REGION_STATUSテーブルの列の説明は次のとおりです。

  • REGION_ID :リージョンの ID。
  • START_KEY : リージョンの開始キーの値。
  • END_KEY : リージョンの終了キーの値。
  • TABLE_ID : リージョンが属するテーブルの ID。
  • DB_NAME : TABLE_IDが属するデータベースの名前。
  • TABLE_NAME :リージョンが属するテーブルの名前。
  • IS_INDEX : リージョンデータがインデックスかどうか。 0 はインデックスではないことを意味し、1 はインデックスであることを意味します。現在のリージョンにテーブル データとインデックス データの両方が含まれている場合、複数のレコード行があり、 IS_INDEXはそれぞれ 0 と 1 です。
  • INDEX_ID :リージョンが属するインデックスの ID。 IS_INDEXが 0 の場合、この列の値は NULL です。
  • INDEX_NAME :リージョンが属するインデックスの名前。 IS_INDEXが 0 の場合、この列の値は NULL です。
  • EPOCH_CONF_VER :リージョン構成のバージョン番号。ピアが追加または削除されると、バージョン番号が増加します。
  • EPOCH_VERSION : リージョンの現在のバージョン番号。リージョンが分割またはマージされると、バージョン番号が増加します。
  • WRITTEN_BYTES : リージョンに書き込まれたデータ (バイト) の量。
  • READ_BYTES : リージョンから読み取られたデータの量 (バイト)。
  • APPROXIMATE_SIZE : リージョンのおおよそのデータ サイズ (MB)。
  • APPROXIMATE_KEYS : リージョン内のキーのおおよその数。
  • REPLICATIONSTATUS_STATE :リージョンの現在のレプリケーション ステータス。ステータスはUNKNOWNSIMPLE_MAJORITY 、またはINTEGRITY_OVER_LABELの可能性があります。
  • REPLICATIONSTATUS_STATEID : REPLICATIONSTATUS_STATEに対応する識別子。

また、 EPOCH_CONF_VERWRITTEN_BYTES 、およびREAD_BYTES列のORDER BY X LIMIT Y操作を介して、 pd-ctl でtop confvertop read 、およびtop write操作を実装できます。

次の SQL ステートメントを使用して、書き込みデータが最も多い上位 3 つのリージョンを照会できます。

SELECT * FROM tikv_region_status ORDER BY written_bytes DESC LIMIT 3;
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.