TIDB_INDEXES

TIDB_INDEXESテーブルは、すべてのテーブルの INDEX 情報を提供します。

USE information_schema;
DESC tidb_indexes;
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
| Field         | Type          | Null | Key  | Default | Extra |
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
| TABLE_SCHEMA  | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| TABLE_NAME    | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| NON_UNIQUE    | bigint(21)    | YES  |      | NULL    |       |
| KEY_NAME      | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| SEQ_IN_INDEX  | bigint(21)    | YES  |      | NULL    |       |
| COLUMN_NAME   | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| SUB_PART      | bigint(21)    | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_COMMENT | varchar(2048) | YES  |      | NULL    |       |
| Expression    | varchar(64)   | YES  |      | NULL    |       |
| INDEX_ID      | bigint(21)    | YES  |      | NULL    |       |
+---------------+---------------+------+------+---------+-------+
10 rows in set (0.00 sec)

INDEX_IDは、TiDB が各インデックスに割り当てる一意の ID です。別のテーブルまたは API から取得したINDEX_IDとの結合操作を行うために使用できます。

たとえば、次の SQL ステートメントを使用して、 SLOW_QUERYテーブルの遅いクエリに関係するTABLE_IDINDEX_IDを取得し、特定のインデックス情報を取得できます。

SELECT
 tidb_indexes.*
FROM
 tidb_indexes,
 tables
WHERE
  tidb_indexes.table_schema = tables.table_schema
 AND tidb_indexes.table_name = tidb_indexes.table_name
 AND tables.tidb_table_id = ?
 AND index_id = ?

TIDB_INDEXESテーブルのフィールドは次のとおりです。

  • TABLE_SCHEMA : 索引が属するスキーマの名前。
  • TABLE_NAME : インデックスが属するテーブルの名前。
  • NON_UNIQUE : インデックスが一意の場合、値は0です。それ以外の場合、値は1です。
  • KEY_NAME : インデックス名。インデックスが主キーの場合、名前はPRIMARYです。
  • SEQ_IN_INDEX : 1から始まるインデックス内の列の連続番号。
  • COLUMN_NAME : インデックスが配置されている列の名前。
  • SUB_PART : インデックスのプレフィックス長。列が部分的に索引付けされている場合、 SUB_PARTの値は索引付けされた文字の数です。それ以外の場合、値はNULLです。
  • INDEX_COMMENT : 索引の作成時に作成される索引のコメント。
  • INDEX_ID : インデックス ID。
エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.