コラム

COLUMNS表には、表内の列に関する詳細な情報が記載されています。

USE INFORMATION_SCHEMA; DESC COLUMNS;

出力は次のようになります。

+--------------------------+---------------+------+------+---------+-------+ | Field | Type | Null | Key | Default | Extra | +--------------------------+---------------+------+------+---------+-------+ | TABLE_CATALOG | varchar(512) | YES | | NULL | | | TABLE_SCHEMA | varchar(64) | YES | | NULL | | | TABLE_NAME | varchar(64) | YES | | NULL | | | COLUMN_NAME | varchar(64) | YES | | NULL | | | ORDINAL_POSITION | bigint(64) | YES | | NULL | | | COLUMN_DEFAULT | text | YES | | NULL | | | IS_NULLABLE | varchar(3) | YES | | NULL | | | DATA_TYPE | varchar(64) | YES | | NULL | | | CHARACTER_MAXIMUM_LENGTH | bigint(21) | YES | | NULL | | | CHARACTER_OCTET_LENGTH | bigint(21) | YES | | NULL | | | NUMERIC_PRECISION | bigint(21) | YES | | NULL | | | NUMERIC_SCALE | bigint(21) | YES | | NULL | | | DATETIME_PRECISION | bigint(21) | YES | | NULL | | | CHARACTER_SET_NAME | varchar(32) | YES | | NULL | | | COLLATION_NAME | varchar(32) | YES | | NULL | | | COLUMN_TYPE | text | YES | | NULL | | | COLUMN_KEY | varchar(3) | YES | | NULL | | | EXTRA | varchar(30) | YES | | NULL | | | PRIVILEGES | varchar(80) | YES | | NULL | | | COLUMN_COMMENT | varchar(1024) | YES | | NULL | | | GENERATION_EXPRESSION | text | NO | | NULL | | +--------------------------+---------------+------+------+---------+-------+ 21 rows in set (0.00 sec)

テーブルtest.t1を作成し、テーブルCOLUMNSの情報を照会します。

CREATE TABLE test.t1 (a int); SELECT * FROM COLUMNS WHERE table_schema='test' AND TABLE_NAME='t1'\G

出力は次のようになります。

*************************** 1. row *************************** TABLE_CATALOG: def TABLE_SCHEMA: test TABLE_NAME: t1 COLUMN_NAME: a ORDINAL_POSITION: 1 COLUMN_DEFAULT: NULL IS_NULLABLE: YES DATA_TYPE: int CHARACTER_MAXIMUM_LENGTH: NULL CHARACTER_OCTET_LENGTH: NULL NUMERIC_PRECISION: 11 NUMERIC_SCALE: 0 DATETIME_PRECISION: NULL CHARACTER_SET_NAME: NULL COLLATION_NAME: NULL COLUMN_TYPE: int(11) COLUMN_KEY: EXTRA: PRIVILEGES: select,insert,update,references COLUMN_COMMENT: GENERATION_EXPRESSION: 1 row in set (0.02 sec)

COLUMNS表の列の説明は次のとおりです。

  • TABLE_CATALOG : 列を持つテーブルが属するカタログの名前。値は常にdefです。
  • TABLE_SCHEMA : 列を含むテーブルが配置されているスキーマの名前。
  • TABLE_NAME : 列を含むテーブルの名前。
  • COLUMN_NAME : 列の名前。
  • ORDINAL_POSITION : テーブル内の列の位置。
  • COLUMN_DEFAULT : 列のデフォルト値。明示的なデフォルト値がNULL場合、または列定義にdefault句が含まれていない場合、この値はNULLになります。
  • IS_NULLABLE : 列が NULL 可能かどうか。列が NULL 値を格納できる場合、この値はYESになります。そうでない場合はNOになります。
  • DATA_TYPE : 列内のデータのタイプ。
  • CHARACTER_MAXIMUM_LENGTH : 文字列列の場合、文字の最大長。
  • CHARACTER_OCTET_LENGTH : 文字列列の場合、最大長(バイト単位)。
  • NUMERIC_PRECISION : 数値型列の数値精度。
  • NUMERIC_SCALE : 数値型列の数値スケール。
  • DATETIME_PRECISION : 時刻型列の場合、小数秒の精度。
  • CHARACTER_SET_NAME : 文字列列の文字セットの名前。
  • COLLATION_NAME : 文字列列の照合順序の名前。
  • COLUMN_TYPE : 列のタイプ。
  • COLUMN_KEY : この列がインデックス化されているかどうか。このフィールドには次の値が含まれます。
    • 空: この列はインデックス化されていません。または、この列はインデックス化されており、複数列の一意でないインデックスの 2 番目の列です。
    • PRI : この列は主キーまたは複数の主キーの 1 つです。
    • UNI : この列は一意のインデックスの最初の列です。
    • MUL : 列は、特定の値が複数回出現することを許可される、一意でないインデックスの最初の列です。
  • EXTRA : 指定された列の追加情報。
  • PRIVILEGES : 現在のユーザーがこの列に対して持つ権限。現在、この値は TiDB で固定されており、常にselect,insert,update,referencesです。
  • COLUMN_COMMENT : 列定義に含まれるコメント。
  • GENERATION_EXPRESSION : 生成された列の場合、この値には列の値を計算するために使用される式が表示されます。非生成列の場合、値は空です。

対応するSHOWステートメントは次のとおりです。

SHOW COLUMNS FROM t1 FROM test;

出力は次のようになります。

+-------+---------+------+------+---------+-------+ | Field | Type | Null | Key | Default | Extra | +-------+---------+------+------+---------+-------+ | a | int(11) | YES | | NULL | | +-------+---------+------+------+---------+-------+ 1 row in set (0.00 sec)

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.