AI を活用した Chat2Query (ベータ版) でデータを探索する

TiDB CloudはAI を活用しています。 TiDB Cloudコンソールの AI を活用した SQL エディターである Chat2Query (ベータ版) を使用すると、データの価値を最大化できます。

Chat2Query では、 --入力してから AI に SQL クエリを自動的に生成させる指示を入力するか、SQL クエリを手動で作成して、ターミナルを使用せずにデータベースに対して SQL クエリを実行することができます。クエリ結果をテーブルで直感的に見つけたり、クエリログを簡単に確認したりできます。

注記:

Chat2Query は、AWS でホストされている v6.5.0 以降の TiDB クラスターでサポートされています。

  • TiDB サーバーレスクラスターの場合、Chat2Query はデフォルトで使用可能です。
  • TiDB専用クラスターの場合、Chat2Query はリクエストに応じてのみ利用可能です。 TiDB 専用クラスターで Chat2Query を使用するには、 TiDB Cloudのサポートにお問い合わせください。

ユースケース

Chat2Query の推奨される使用例は次のとおりです。

  • Chat2Query の AI 機能を使用すると、複雑な SQL クエリを即座に生成できます。
  • TiDB の MySQL 互換性をすぐにテストします。
  • TiDB SQL の機能を簡単に探索できます。

制限

Chat2Query にアクセスする

  1. プロジェクトのクラスターページに移動します。

    ヒント:

    複数のプロジェクトがある場合は、左下隅の をクリックして、別のプロジェクトに切り替えます。

  2. クラスター名をクリックし、左側のナビゲーション ウィンドウで[Chat2Query]をクリックします。

    注記:

    次の場合、 Chat2Queryエントリは灰色で表示され、クリックできません。

    • TiDB 専用クラスターは v6.5.0 より前です。 Chat2Query を使用するには、クラスターをアップグレードするためにTiDB Cloudのサポートを契約する必要があります。
    • TiDB 専用クラスターが作成されたばかりで、Chat2Query の実行環境はまだ準備中です。この場合、数分待つと Chat2Query が使用可能になります。
    • TiDB 専用クラスターは一時停止したです。

AI による SQL クエリの生成を有効または無効にする

PingCAP は、ユーザーのデータのプライバシーとセキュリティを最優先事項としています。 Chat2Query の AI 機能は、データ自体ではなく、データベース スキーマにアクセスして SQL クエリを生成することのみが必要です。詳細については、 Chat2Query のプライバシーに関するFAQを参照してください。

初めて Chat2Query にアクセスすると、PingCAP と OpenAI がコード スニペットを使用してサービスを調査および改善することを許可するかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。

  • AI が SQL クエリを生成できるようにするには、チェックボックスを選択し、 [保存して開始]をクリックします。
  • AI による SQL クエリの生成を無効にするには、このダイアログを直接閉じます。

初回アクセス後も、次のように AI 設定を変更できます。

  • AI を有効にするには、Chat2Query の右上隅にある[データ探索のための AI パワーを有効にする]をクリックします。
  • AI を無効にするには、 TiDB Cloudコンソールの左下隅にある[アカウント設定]をクリックし、 [プライバシー]タブをクリックして、 AI を利用したデータ探索オプションを無効にします。

SQL クエリを作成して実行する

Chat2Query では、独自のデータセットを使用して SQL クエリを作成および実行できます。

  1. SQL クエリを作成します。

    • AI が有効な場合は、 --を入力してから AI に SQL クエリを自動的に生成させるか、SQL クエリを手動で作成するかの指示を入力するだけです。

      AI によって生成された SQL クエリの場合は、 Tab キーを押して受け入れ、必要に応じてさらに編集するか、 Esc キーを押して拒否することができます。

    • AI が無効になっている場合は、SQL クエリを手動で作成します。

  2. SQL クエリを実行します。

    • macOS
    • Windows/Linux

    macOS の場合:

    • エディターにクエリが 1 つしかない場合、それを実行するには、 ⌘ + Enter キーを押すか、 走る

    • エディターに複数のクエリがある場合、1 つまたは複数のクエリを順番に実行するには、カーソルでターゲット クエリの行を選択し、 ⌘ + Enterを押すか、 [実行]をクリックします。

    • エディターですべてのクエリを順番に実行するには、 ⇧ + ⌘ + Enter を押すか、カーソルですべてのクエリの行を選択し、 Runをクリックします。

    Windows または Linux の場合:

    • エディターにクエリが 1 つしかない場合、それを実行するには、 Ctrl + Enter を押すか、 走る

    • エディターに複数のクエリがある場合、1 つまたは複数のクエリを順番に実行するには、カーソルでターゲット クエリの行を選択し、 Ctrl + Enterを押すか、 [**実行]**をクリックします。

    • エディターですべてのクエリを順番に実行するには、 Shift + Ctrl + Enter を押すか、カーソルですべてのクエリの行を選択し、 [実行]をクリックします。

クエリを実行すると、ページの下部にクエリのログと結果がすぐに表示されます。

SQLファイルを管理する

Chat2Query では、SQL クエリをさまざまな SQL ファイルに保存し、次のように SQL ファイルを管理できます。

  • SQL ファイルを追加するには、 [SQL ファイル]タブで[+]をクリックします。
  • SQL ファイルの名前を変更するには、ファイル名の上にカーソルを移動し、ファイル名の横にある[...]をクリックして、 [名前の変更]を選択します。
  • SQL ファイルを削除するには、ファイル名の上にカーソルを移動し、ファイル名の横にある[...]をクリックして、 [削除]を選択します。 [SQL ファイル]タブに SQL ファイルが 1 つしかない場合は、削除できないことに注意してください。

SQL ファイルからエンドポイントを生成する

TiDB クラスターの場合、 TiDB Cloud は、カスタム API エンドポイントを使用して HTTPS リクエスト経由でTiDB Cloudデータにアクセスできるようにするデータサービス(ベータ版)機能を提供します。 Chat2Query では、次の手順を実行して SQL ファイルから Data Service (ベータ版) のエンドポイントを生成できます。

  1. ファイル名の上にカーソルを移動し、ファイル名の横にある[...]をクリックして、 [エンドポイントの生成]を選択します。
  2. [エンドポイントの生成]ダイアログ ボックスで、エンドポイントを生成するデータ アプリを選択し、エンドポイント名を入力します。
  3. 「生成」をクリックします。エンドポイントが生成され、その詳細ページが表示されます。

詳細については、 エンドポイントを管理するを参照してください。

Chat2Query 設定を管理する

Chat2Query では、次の設定を変更できます。

  • クエリ結果の最大行数
  • [スキーマ]タブにシステム データベース スキーマを表示するかどうか
  • 有効にするかどうかChat2Query API

設定を変更するには、次の手順を実行します。

  1. Chat2Query の右上隅で[...]をクリックし、 [設定]を選択します。
  2. 必要に応じて設定を変更してください。
  3. 「保存」をクリックします。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.