チェンジフィードの管理

このドキュメントでは、TiCDC コマンドライン ツールを使用して TiCDC 変更フィードを作成および管理する方法について説明しますcdc cli 。 TiCDC の HTTP インターフェイスを介して変更フィードを管理することもできます。詳細については、 TiCDC OpenAPIを参照してください。

レプリケーション タスクを作成する

次のコマンドを実行して、レプリケーション タスクを作成します。

cdc cli changefeed create --server=http://10.0.10.25:8300 --sink-uri="mysql://root:123456@127.0.0.1:3306/" --changefeed-id="simple-replication-task"
Create changefeed successfully! ID: simple-replication-task Info: {"upstream_id":7178706266519722477,"namespace":"default","id":"simple-replication-task","sink_uri":"mysql://root:xxxxx@127.0.0.1:4000/?time-zone=","create_time":"2023-03-10T15:05:46.679218+08:00","start_ts":438156275634929669,"engine":"unified","config":{"case_sensitive":true,"enable_old_value":true,"force_replicate":false,"ignore_ineligible_table":false,"check_gc_safe_point":true,"enable_sync_point":true,"bdr_mode":false,"sync_point_interval":30000000000,"sync_point_retention":3600000000000,"filter":{"rules":["test.*"],"event_filters":null},"mounter":{"worker_num":16},"sink":{"protocol":"","schema_registry":"","csv":{"delimiter":",","quote":"\"","null":"\\N","include_commit_ts":false},"column_selectors":null,"transaction_atomicity":"none","encoder_concurrency":16,"terminator":"\r\n","date_separator":"none","enable_partition_separator":false},"consistent":{"level":"none","max_log_size":64,"flush_interval":2000,"storage":""}},"state":"normal","creator_version":"v6.5.2"}

レプリケーション タスク リストを照会する

次のコマンドを実行して、レプリケーション タスク リストを照会します。

cdc cli changefeed list --server=http://10.0.10.25:8300
[{ "id": "simple-replication-task", "summary": { "state": "normal", "tso": 417886179132964865, "checkpoint": "2020-07-07 16:07:44.881", "error": null } }]
  • checkpoint 、この時点より前に TiCDC が既にデータをダウンストリームにレプリケートしたことを示します。
  • stateレプリケーション タスクの状態を示します。
    • normal : レプリケーション タスクは正常に実行されます。
    • stopped : レプリケーション タスクは停止しています (手動で一時停止)。
    • error : レプリケーション タスクは (エラーにより) 停止されました。
    • removed : レプリケーション タスクは削除されます。この状態のタスクは、オプション--allを指定した場合にのみ表示されます。このオプションが指定されていない場合にこれらのタスクを表示するには、 changefeed queryコマンドを実行します。
    • finished : レプリケーション タスクが完了しました (データはtarget-tsにレプリケートされます)。この状態のタスクは、オプション--allを指定した場合にのみ表示されます。このオプションが指定されていない場合にこれらのタスクを表示するには、 changefeed queryコマンドを実行します。

特定のレプリケーション タスクを照会する

特定のレプリケーション タスクを照会するには、 changefeed queryコマンドを実行します。クエリ結果には、タスク情報とタスク状態が含まれます。 --simpleまたは-s引数を指定して、基本的なレプリケーション状態とチェックポイント情報のみを含むクエリ結果を簡素化できます。この引数を指定しない場合、詳細なタスク構成、レプリケーション状態、およびレプリケーション テーブル情報が出力されます。

cdc cli changefeed query -s --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id=simple-replication-task
{ "state": "normal", "tso": 419035700154597378, "checkpoint": "2020-08-27 10:12:19.579", "error": null }

前述のコマンドと結果:

  • stateは、現在の変更フィードの複製状態です。各状態はchangefeed listの状態と一致している必要があります。
  • tsoダウンストリームに正常に複製された現在の変更フィード内の最大のトランザクション TSO を表します。
  • checkpointダウンストリームに正常に複製された現在の変更フィード内の最大のトランザクション TSO の対応する時間を表します。
  • error現在の変更フィードでエラーが発生したかどうかを記録します。
cdc cli changefeed query --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id=simple-replication-task
{ "info": { "sink-uri": "mysql://127.0.0.1:3306/?max-txn-row=20\u0026worker-number=4", "opts": {}, "create-time": "2020-08-27T10:33:41.687983832+08:00", "start-ts": 419036036249681921, "target-ts": 0, "admin-job-type": 0, "sort-engine": "unified", "sort-dir": ".", "config": { "case-sensitive": true, "enable-old-value": false, "filter": { "rules": [ "*.*" ], "ignore-txn-start-ts": null, "ddl-allow-list": null }, "mounter": { "worker-num": 16 }, "sink": { "dispatchers": null, }, "scheduler": { "type": "table-number", "polling-time": -1 } }, "state": "normal", "history": null, "error": null }, "status": { "resolved-ts": 419036036249681921, "checkpoint-ts": 419036036249681921, "admin-job-type": 0 }, "count": 0, "task-status": [ { "capture-id": "97173367-75dc-490c-ae2d-4e990f90da0f", "status": { "tables": { "47": { "start-ts": 419036036249681921 } }, "operation": null, "admin-job-type": 0 } } ] }

前述のコマンドと結果:

  • infoは、照会された変更フィードの複製構成です。
  • statusは、照会された変更フィードの複製状態です。
    • resolved-ts : 現在の変更フィードで最大のトランザクションTS 。このTS TiKV から TiCDC に正常に送信されていることに注意してください。
    • checkpoint-ts : 現在のchangefeedの中で最大のトランザクションTS 。このTSダウンストリームに正常に書き込まれていることに注意してください。
    • admin-job-type : 変更フィードのステータス:
      • 0 : 状態は正常です。
      • 1 : タスクは一時停止されています。タスクが一時停止すると、レプリケートされたすべてのprocessorが終了します。タスクの構成とレプリケーション ステータスが保持されるため、タスクをcheckpiont-tsから再開できます。
      • 2 : タスクは再開されます。レプリケーション タスクはcheckpoint-tsから再開します。
      • 3 : タスクは削除されます。タスクが削除されると、複製されたすべてのprocessorが終了し、複製タスクの構成情報がクリアされます。以降のクエリでは、レプリケーション ステータスのみが保持されます。
  • task-status照会された変更フィード内の各レプリケーション サブタスクの状態を示します。

レプリケーション タスクを一時停止する

次のコマンドを実行して、レプリケーション タスクを一時停止します。

cdc cli changefeed pause --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id simple-replication-task

前述のコマンドでは:

  • --changefeed-id=uuid一時停止するレプリケーション タスクに対応する変更フィードの ID を表します。

レプリケーション タスクを再開する

次のコマンドを実行して、一時停止したレプリケーション タスクを再開します。

cdc cli changefeed resume --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id simple-replication-task
  • --changefeed-id=uuid再開するレプリケーション タスクに対応する変更フィードの ID を表します。
  • --overwrite-checkpoint-ts : v6.2.0 以降、レプリケーション タスクを再開する開始 TSO を指定できます。 TiCDC は、指定された TSO からのデータのプルを開始します。引数は、 nowまたは特定の TSO (434873584621453313 など) を受け入れます。指定された TSO は、(GC セーフ ポイント、CurrentTSO] の範囲内にある必要があります。この引数が指定されていない場合、TiCDC はデフォルトで現在のcheckpoint-tsからデータを複製します。
  • --no-confirm : レプリケーションを再開する場合、関連情報を確認する必要はありません。デフォルトはfalseです。

ノート:

  • --overwrite-checkpoint-ts ( t2 ) で指定された TSO が、変更フィード ( t1 ) の現在のチェックポイント TSO よりも大きい場合、 t1t2の間のデータはダウンストリームに複製されません。これにより、データが失われます。 cdc cli changefeed query実行するとt1取得できます。
  • --overwrite-checkpoint-tsで指定された TSO ( t2 ) が、変更フィードの現在のチェックポイント TSO より小さい場合 ( t1 )、TiCDC は古い時点 ( t2 ) からデータをプルします。これにより、データの重複が発生する可能性があります (たとえば、ダウンストリームが MQ シンクの場合)。

レプリケーション タスクを削除する

次のコマンドを実行して、レプリケーション タスクを削除します。

cdc cli changefeed remove --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id simple-replication-task

前述のコマンドでは:

  • --changefeed-id=uuid削除するレプリケーション タスクに対応する変更フィードの ID を表します。

タスク構成の更新

v4.0.4 以降、TiCDC はレプリケーション タスクの構成の変更をサポートしています (動的ではありません)。 changefeed 構成を変更するには、タスクを一時停止し、構成を変更してから、タスクを再開します。

cdc cli changefeed pause -c test-cf --server=http://10.0.10.25:8300 cdc cli changefeed update -c test-cf --server=http://10.0.10.25:8300 --sink-uri="mysql://127.0.0.1:3306/?max-txn-row=20&worker-number=8" --config=changefeed.toml cdc cli changefeed resume -c test-cf --server=http://10.0.10.25:8300

現在、次の構成項目を変更できます。

  • 変更フィードのsink-uri
  • changefeed 構成ファイルと、ファイル内のすべての構成項目。
  • ファイルの並べ替え機能と並べ替えディレクトリを使用するかどうか。
  • チェンジフィードのtarget-ts

レプリケーション サブタスクの処理単位を管理する ( processor )

  • processorリストをクエリします。

    cdc cli processor list --server=http://10.0.10.25:8300
    [ { "id": "9f84ff74-abf9-407f-a6e2-56aa35b33888", "capture-id": "b293999a-4168-4988-a4f4-35d9589b226b", "changefeed-id": "simple-replication-task" } ]
  • 特定のレプリケーション タスクのステータスに対応する特定の変更フィードをクエリします。

    cdc cli processor query --server=http://10.0.10.25:8300 --changefeed-id=simple-replication-task --capture-id=b293999a-4168-4988-a4f4-35d9589b226b
    { "status": { "tables": { "56": { # 56 ID of the replication table, corresponding to tidb_table_id of a table in TiDB "start-ts": 417474117955485702 } }, "operation": null, "admin-job-type": 0 }, "position": { "checkpoint-ts": 417474143881789441, "resolved-ts": 417474143881789441, "count": 0 } }

    前述のコマンドでは:

    • status.tables : 各キー番号はレプリケーション テーブルの ID を表し、TiDB のテーブルのtidb_table_idに対応します。
    • resolved-ts : 現在のプロセッサでソートされたデータの中で最大の TSO。
    • checkpoint-ts : 現在のプロセッサでダウンストリームに正常に書き込まれた最大の TSO。

行変更イベントの履歴値を出力する

デフォルトの構成では、レプリケーション タスクの TiCDC Open Protocol 出力の Row Changed Event には、変更前の値ではなく、変更された値のみが含まれます。したがって、出力値は、TiCDC Open Protocol のコンシューマー側で行変更イベントの履歴値として使用することはできません。

v4.0.5 以降、TiCDC は行変更イベントの履歴値の出力をサポートしています。この機能を有効にするには、ルート レベルの changefeed 構成ファイルで次の構成を指定します。

enable-old-value = true

この機能は、v5.0 以降、デフォルトで有効になっています。この機能を有効にした後の TiCDC Open Protocol の出力形式については、 TiCDC オープン プロトコル - 行変更イベントを参照してください。

照合の新しいフレームワークを有効にしてテーブルを複製する

v4.0.15、v5.0.4、v5.1.1、および v5.2.0 以降、TiCDC は照合のための新しいフレームワークを有効にしたテーブルをサポートします。

有効なインデックスのないテーブルをレプリケートする

v4.0.8 以降、TiCDC は、タスク構成を変更することにより、有効なインデックスを持たないテーブルの複製をサポートします。この機能を有効にするには、changefeed 構成ファイルで次のように構成します。

enable-old-value = true force-replicate = true

ユニファイドソーター

ノート:

v6.0.0 以降、TiCDC はデフォルトで DB Sorter エンジンを使用し、Unified Sorter を使用しなくなりました。 sort engine項目は構成しないことをお勧めします。

ユニファイド ソーターは、TiCDC のソーティング エンジンです。次のシナリオによって発生する OOM の問題を軽減できます。

  • TiCDC のデータ レプリケーション タスクは長時間一時停止されます。その間、大量の増分データが蓄積され、レプリケートする必要があります。
  • データ複製タスクは早いタイムスタンプから開始されるため、大量の増分データを複製する必要があります。

v4.0.13 以降のcdc cli使用して作成された変更フィードの場合、Unified Sorter はデフォルトで有効になっています。 v4.0.13 より前に存在していた変更フィードについては、以前の構成が使用されます。

ユニファイド ソーター機能が変更フィードで有効になっているかどうかを確認するには、次のコマンド例を実行します (PD インスタンスの IP アドレスがhttp://10.0.10.25:2379であると仮定します)。

cdc cli --server="http://10.0.10.25:8300" changefeed query --changefeed-id=simple-replication-task | grep 'sort-engine'

上記のコマンドの出力で、値sort-engineが「unified」の場合、変更フィードでユニファイド ソーターが有効になっていることを意味します。

ノート:

  • サーバーが機械式ハード ドライブまたはその他のstorageデバイスを使用している場合、レイテンシーが大きいか帯域幅が限られている場合、ユニファイド ソーターのパフォーマンスは大幅に影響を受けます。
  • デフォルトでは、Unified Sorter はdata_dirを使用して一時ファイルを保存します。空きディスク容量が 500 GiB 以上であることを確認することをお勧めします。本番環境では、各ノードの空きディスク容量が (ビジネスで許容される最大checkpoint-ts遅延) * (ビジネス ピーク時のアップストリーム書き込みトラフィック) より大きいことを確認することをお勧めします。また、 changefeedの作成後に大量の履歴データをレプリケートする予定がある場合は、各ノードの空き容量がレプリケートされたデータの量よりも多いことを確認してください。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.