TiSpark を使用して TiFlash レプリカを読み取る

このドキュメントでは、TiSpark を使用して TiFlash レプリカを読み取る方法を紹介します。

現在、TiSpark を使用して、TiDB のエンジン分離と同様の方法で TiFlash レプリカを読み取ることができます。このメソッドは、 spark.tispark.isolation_read_enginesつのパラメーターを構成することです。パラメータ値のデフォルトはtikv,tiflashです。これは、CBO の選択に従って、TiDB が TiFlash または TiKV からデータを読み取ることを意味します。パラメータ値をtiflashに設定すると、TiDB が強制的に TiFlash からデータを読み取ることを意味します。

ノート:

このパラメーターがtiflashに設定されている場合、クエリに含まれるすべてのテーブルの TiFlash レプリカのみが読み取られ、これらのテーブルには TiFlash レプリカが必要です。 TiFlash レプリカを持たないテーブルの場合、エラーが報告されます。このパラメーターをtikvに設定すると、TiKV レプリカのみが読み取られます。

このパラメーターは、次のいずれかの方法で構成できます。

  • spark-defaults.confファイルに次の項目を追加します。

    spark.tispark.isolation_read_engines tiflash
    
  • Spark シェルまたは Thriftサーバーを初期化するときに、初期化コマンドに--conf spark.tispark.isolation_read_engines=tiflashを追加します。

  • リアルタイムで Spark シェルにspark.conf.set("spark.tispark.isolation_read_engines", "tiflash")を設定します。

  • サーバーがビーライン経由で接続された後、Thriftサーバーにset spark.tispark.isolation_read_engines=tiflashを設定します。

エコシステム
TiDB
TiKV
TiSpark
Chaos Mesh
© 2022 PingCAP. All Rights Reserved.