重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm scale-in

tiup dm scale-inコマンドは、クラスタでスケーリングするために使用されます。クラスタでのスケーリングとは、サービスをオフラインにすることを意味します。これにより、最終的に指定されたノードがクラスタから削除され、残りの関連ファイルが削除されます。

構文

tiup dm scale-in <cluster-name> [flags]

<cluster-name> :操作するクラスタの名前。クラスタ名を忘れた場合は、 クラスタリストコマンドで確認できます。

オプション

-N、-node

  • スケールインするノードを指定します。複数のノードでスケールインする必要がある場合は、それらをコンマで分割します。
  • データ型: STRINGS
  • デフォルト:いいえ。このオプションは必須であり、値はnullであってはなりません。

--force

  • 場合によっては、クラスタの一部のスケールインノードがダウンしており、SSHを介してノードに接続して操作することができません。このとき、 --forceオプションを使用して、これらのノードをクラスタから削除できます。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false。コマンドでこのオプションが指定されていない場合、指定されたノードは強制的に削除されません。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

出力

のスケーリングのログ。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト