重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm replay

アップグレードや再起動などのクラスタ操作を実行すると、クラスタ環境の問題により操作が失敗する場合があります。操作を再実行する場合は、最初からすべての手順を実行する必要があります。クラスタが大きい場合、これらのステップの再実行には長い時間がかかります。この場合、 tiup dm replayコマンドを使用して、失敗したコマンドを再試行し、正常に実行された手順をスキップできます。

構文

tiup dm replay <audit-id> [flags]
  • <audit-id> :再試行するコマンドのaudit-idtiup dm auditコマンドを使用して、履歴コマンドとそのaudit-idを表示できます。

オプション

-h, --help

ヘルプ情報を出力します。

出力

<audit-id>に対応するコマンドの出力。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト