DM クラスターにオンラインで修正プログラムを適用する

クラスターの実行中にサービスのバイナリを動的に置き換える必要がある場合 (つまり、置き換え中にクラスターを使用可能な状態に保つ場合)、 tiup dm patchコマンドを使用できます。このコマンドは、次の操作を実行します。

  • 置換用のバイナリ パッケージをターゲット マシンにアップロードします。
  • API を使用して関連ノードをオフラインにします。
  • 対象サービスを停止します。
  • バイナリ パッケージを解凍し、サービスを置き換えます。
  • 対象サービスを開始します。

構文

tiup dm patch <cluster-name> <package-path> [flags]
  • <cluster-name> : 操作対象となるクラスタの名前
  • <package-path> : 置換に使用するバイナリパッケージへのパス

準備

以下の手順に従って、このコマンドに必要なバイナリ パッケージを事前にパックする必要があります。

  • 置換するコンポーネントの名前${component} (dm-master、dm-worker ...)、コンポーネントの${version} (v2.0.0、v2.0.1 ...)、およびコンポーネントが実行されるオペレーティング システム${os}とプラットフォーム${arch}を決定します。
  • コマンドwget https://tiup-mirrors.pingcap.com/${component}-${version}-${os}-${arch}.tar.gz -O /tmp/${component}-${version}-${os}-${arch}.tar.gzを使用して現在のコンポーネントパッケージをダウンロードします。
  • mkdir -p /tmp/package && cd /tmp/packageを実行して、ファイルをパックするための一時ディレクトリを作成します。
  • tar xf /tmp/${component}-${version}-${os}-${arch}.tar.gz実行して元のバイナリ パッケージを解凍します。
  • find .を実行して、一時パッケージ ディレクトリ内のファイル構造を表示します。
  • バイナリ ファイルまたは構成ファイルを一時ディレクトリ内の対応する場所にコピーします。
  • tar czf /tmp/${component}-hotfix-${os}-${arch}.tar.gz *実行して、一時ディレクトリにファイルをパックします。
  • 最後に、 tiup dm patchコマンドの<package-path>の値として/tmp/${component}-hotfix-${os}-${arch}.tar.gz使用できます。

オプション

--overwrite

  • 特定のコンポーネント(dm-worker など) にパッチを適用した後、tiup-dm がコンポーネントをスケールアウトすると、tiup-dm はデフォルトで元のコンポーネントバージョンを使用します。将来クラスターがスケールアウトするときにパッチを適用したバージョンを使用するには、コマンドでオプション--overwriteを指定する必要があります。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトで値falseで無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を渡さないようにする必要があります。

-N、--ノード

  • 置換するノードを指定します。このオプションの値は、ノード ID のコンマ区切りリストです。ノード ID は、 [tiup dm display](/tiup/tiup-component-dm-display.md)コマンドによって返されるクラスター ステータス テーブルの最初の列から取得できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションを指定しない場合、 TiUP はデフォルトで置換するすべてのノードを選択します。

注記:

オプション-R, --roleが同時に指定されている場合、 TiUP は-N, --node-R, --roleの両方の要件に一致するサービス ノードを置き換えます。

-R, --役割

  • 置き換えるロールを指定します。このオプションの値は、ノードのロールのコンマ区切りリストです。ノードのロールは、 [tiup dm display](/tiup/tiup-component-dm-display.md)コマンドによって返されるクラスター ステータス テーブルの 2 番目の列から取得できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションを指定しない場合、 TiUP はデフォルトですべてのロールを選択して置き換えます。

注記:

オプション-N, --nodeが同時に指定されている場合、 TiUP は-N, --node-R, --roleの両方の要件に一致するサービス ノードを置き換えます。

--offline

  • 現在のクラスターがオフラインであることを宣言します。このオプションを指定すると、 TiUP DM はサービスを再起動せずに、クラスター コンポーネントのバイナリ ファイルのみを置き換えます。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、値falseでデフォルトで無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、値trueを渡すか、値を渡さないようにする必要があります。

次の例は、 TiUPを使用してデプロイされたv5.3.0クラスターにv5.3.0-hotfix適用する方法を示しています。他の方法を使用してクラスターをデプロイする場合は、操作が異なる場合があります。

注記:

ホットフィックスは緊急修正にのみ使用されます。日常的なメンテナンスは複雑です。リリースされたらすぐに DM クラスターを正式バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

準備

修正プログラムを適用する前に、修正プログラム パッケージdm-linux-amd64.tar.gzを準備し、現在の DM ソフトウェア バージョンを確認します。

/home/tidb/dm/deploy/dm-master-8261/bin/dm-master/dm-master -V

出力:

Release Version: v5.3.0 Git Commit Hash: 20626babf21fc381d4364646c40dd84598533d66 Git Branch: heads/refs/tags/v5.3.0 UTC Build Time: 2021-11-29 08:29:49 Go Version: go version go1.16.4 linux/amd64

パッチパッケージを準備し、DMクラスタに適用する

  1. 現在のバージョンに一致する DM ソフトウェア パッケージを準備します。

    mkdir -p /tmp/package tar -zxvf /root/.tiup/storage/dm/packages/dm-master-v5.3.0-linux-amd64.tar.gz -C /tmp/package/ tar -zxvf /root/.tiup/storage/dm/packages/dm-worker-v5.3.0-linux-amd64.tar.gz -C /tmp/package/
  2. バイナリ ファイルを修正プログラム パッケージに置き換えます。

    # Decompress the hotfix package and use it to replace the binary file. cd /root; tar -zxvf dm-linux-amd64.tar.gz cp /root/dm-linux-amd64/bin/dm-master /tmp/package/dm-master/dm-master cp /root/dm-linux-amd64/bin/dm-worker /tmp/package/dm-worker/dm-worker # Re-package the modified files. # Note that the packaging method might be different for other deployment methods. cd /tmp/package/ && tar -czvf dm-master-hotfix-linux-amd64.tar.gz dm-master/ cd /tmp/package/ && tar -czvf dm-worker-hotfix-linux-amd64.tar.gz dm-worker/
  3. 修正プログラムを適用します:

    クラスターのステータスを照会します。次の例では、クラスターdm-testを例に挙げています。

    tiup dm display dm-test

    出力:

    Cluster type: dm Cluster name: dm-test Cluster version: v5.3.0 Deploy user: tidb SSH type: builtin ID Role Host Ports OS/Arch Status Data Dir Deploy Dir -- ---- ---- ----- ------- ------ -------- ---------- 172.16.100.21:9093 alertmanager 172.16.100.21 9093/9094 linux/x86_64 Up /home/tidb/dm/data/alertmanager-9093 /home/tidb/dm/deploy/alertmanager-9093 172.16.100.21:8261 dm-master 172.16.100.21 8261/8291 linux/x86_64 Healthy|L /home/tidb/dm/data/dm-master-8261 /home/tidb/dm/deploy/dm-master-8261 172.16.100.21:8262 dm-worker 172.16.100.21 8262 linux/x86_64 Free /home/tidb/dm/data/dm-worker-8262 /home/tidb/dm/deploy/dm-worker-8262 172.16.100.21:3000 grafana 172.16.100.21 3000 linux/x86_64 Up - /home/tidb/dm/deploy/grafana-3000 172.16.100.21:9090 prometheus 172.16.100.21 9090 linux/x86_64 Up /home/tidb/dm/data/prometheus-9090 /home/tidb/dm/deploy/prometheus-9090 Total nodes: 5

    指定されたノードまたは指定されたロールに修正プログラムを適用します。1 と-N -Rが指定されている場合は、交差が採用されます。

    # Apply hotfix to a specified node. tiup dm patch dm-test dm-master-hotfix-linux-amd64.tar.gz -N 172.16.100.21:8261 tiup dm patch dm-test dm-worker-hotfix-linux-amd64.tar.gz -N 172.16.100.21:8262 # Apply hotfix to a specified role. tiup dm patch dm-test dm-master-hotfix-linux-amd64.tar.gz -R dm-master tiup dm patch dm-test dm-worker-hotfix-linux-amd64.tar.gz -R dm-worker
  4. 修正プログラムの適用結果を照会します。

    /home/tidb/dm/deploy/dm-master-8261/bin/dm-master/dm-master -V

    出力:

    Release Version: v5.3.0-20211230 Git Commit Hash: ca7070c45013c24d34bd9c1e936071253451d707 Git Branch: heads/refs/tags/v5.3.0-20211230 UTC Build Time: 2022-01-05 14:19:02 Go Version: go version go1.16.4 linux/amd64

    クラスター情報はそれに応じて変更されます。

    tiup dm display dm-test

    出力:

    Starting component `dm`: /root/.tiup/components/dm/v1.8.1/tiup-dm display dm-test Cluster type: dm Cluster name: dm-test Cluster version: v5.3.0 Deploy user: tidb SSH type: builtin ID Role Host Ports OS/Arch Status Data Dir Deploy Dir -- ---- ---- ----- ------- ------ -------- ---------- 172.16.100.21:9093 alertmanager 172.16.100.21 9093/9094 linux/x86_64 Up /home/tidb/dm/data/alertmanager-9093 /home/tidb/dm/deploy/alertmanager-9093 172.16.100.21:8261 dm-master (patched) 172.16.100.21 8261/8291 linux/x86_64 Healthy|L /home/tidb/dm/data/dm-master-8261 /home/tidb/dm/deploy/dm-master-8261 172.16.100.21:8262 dm-worker (patched) 172.16.100.21 8262 linux/x86_64 Free /home/tidb/dm/data/dm-worker-8262 /home/tidb/dm/deploy/dm-worker-8262 172.16.100.21:3000 grafana 172.16.100.21 3000 linux/x86_64 Up - /home/tidb/dm/deploy/grafana-3000 172.16.100.21:9090 prometheus 172.16.100.21 9090 linux/x86_64 Up /home/tidb/dm/data/prometheus-9090 /home/tidb/dm/deploy/prometheus-9090 Total nodes: 5

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンドリスト

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.