重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm import

DM v1.0では、クラスタは基本的にTiDBAnsibleを使用してデプロイされます。 TiUP DMは、v1.0クラスターをインポートし、DMv2.0でクラスターを再デプロイするためのimportのコマンドを提供します。

ノート:

  • このコマンドは、DMv1.0クラスターからのDMポータルコンポーネントのインポートをサポートしていません。
  • クラスタをインポートする前に、最初に元のクラスタの実行を停止してください。
  • v2.0にアップグレードする必要があるデータ移行タスクの場合、これらのタスクでstop-taskを実行しないでください。
  • このコマンドは、DMv2.0.0-rc.2以降のバージョンへのインポートのみをサポートします。
  • importコマンドは、DMv1.0クラスタを新しいDMv2.0クラスターにインポートするために使用されクラスタ。データ移行タスクを既存のv2.0クラスタにインポートする必要がある場合は、 TiDBデータ移行をv1.0.xからv2.0+に手動でアップグレードするを参照してください。
  • 一部のコンポーネントのデプロイメントディレクトリは、元のクラスタのデプロイメントディレクトリとは異なる場合があります。 displayコマンドで確認できます。
  • クラスタをインポートする前に、 tiup update --self && tiup update dmを実行してTiUP DMコンポーネントを最新バージョンにアップグレードします。
  • クラスタがインポートされた後、クラスターにはDMマスターノードが1つだけありクラスタ。 scale outコマンドを参照して、DMマスターノードをスケールアウトできます。

構文

tiup dm import [flags]

オプション

-v、-cluster-version

  • 再デプロイするバージョン番号を指定します。 v2.0.0-rc.2以降のバージョン(v2.0.0-rc.2を含む)を使用する必要があります。
  • データ型: STRING
  • このオプションは、コマンドを実行するために必要です

-d、-dir

  • TiDBAnsibleのディレクトリを指定します。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、現在のディレクトリがデフォルトのディレクトリになります。

--inventory

  • Ansibleインベントリファイルの名前を指定します。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトのファイル名は"inventory.ini"です。

--rename

  • インポートされたクラスタの名前を変更します。
  • データ型: STRING
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、デフォルトのクラスタ名はインベントリファイルで指定されたcluster_nameです。

-h, --help

  • ヘルプ情報を印刷します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

インポートプロセスのログ。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト