tiup dm 編集設定

クラスターのデプロイ後にクラスター サービス構成を変更する必要がある場合は、指定したクラスターのトポロジファイル . を変更するためのエディターを起動するtiup dm edit-configコマンドを使用できます。このエディターは、デフォルトで$EDITOR環境変数に指定されています。 $EDITOR環境変数が存在しない場合は、 viエディターが使用されます。

注記:

  • 構成を変更すると、マシンの追加や削除はできなくなります。マシンの追加方法についてはクラスターをスケールアウトするを参照してください。マシンの削除方法についてはクラスターのスケールインを参照してください。
  • tiup dm edit-configコマンドを実行すると、コントロール マシンでのみ構成が変更されます。その後、 tiup dm reloadコマンドを実行して構成を再読み込みする必要があります。

構文

tiup dm edit-config <cluster-name> [flags]

<cluster-name> : 操作するクラスター。

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト: false

出力

  • 通常は出力されません。
  • 変更できないフィールドを誤って変更した場合、ファイルを保存するときにエラーが報告され、ファイルを再度編集するように通知されます。変更できないフィールドについては、 トポロジファイル参照してください。

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンドリスト

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.