重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm edit-config

クラスタのデプロイ後にクラスタサービス構成を変更する必要がある場合は、エディターを起動するtiup dm edit-configコマンドを使用して、 トポロジーファイルを変更できます。指定されたクラスタの。このエディターは、デフォルトで$EDITOR環境変数で指定されています。 $EDITOR環境変数が存在しない場合は、 viエディターが使用されます。

ノート:

  • 構成を変更する場合、マシンを追加または削除することはできません。マシンの追加方法については、 クラスタをスケールアウトするを参照してください。マシンを削除する方法については、 クラスタでのスケーリングを参照してください。
  • tiup dm edit-configコマンドを実行すると、制御マシンでのみ構成が変更されます。次に、 tiup dm reloadコマンドを実行して構成を再ロードする必要があります。

構文

tiup dm edit-config <cluster-name> [flags]

<cluster-name> :操作するクラスタ。

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト:false

出力

  • 通常、出力はありません。
  • 変更できないフィールドを誤って変更した場合、ファイルを保存するとエラーが報告され、ファイルを再度編集するように通知されます。変更できないフィールドについては、 トポロジファイルを参照してください。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト