重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm display

DMクラスタの各コンポーネントの動作ステータスを確認する場合、各マシンに1つずつログインするのは非効率的です。したがって、tiup-dmは、このジョブを効率的に実行するためのtiup dm displayのコマンドを提供します。

構文

tiup dm display <cluster-name> [flags]

<cluster-name>は、操作するクラスタの名前です。クラスタ名を忘れた場合は、 tiup dm listコマンドで確認できます。

オプション

-N、-node

  • クエリするノードのIDを指定し、複数のノードをコンマで分割します。ノードのIDがわからない場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、出力にすべてのノードのIDとステータスを表示できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションはデフォルトで有効になっており、 [] (すべてのノードを意味します)が渡されます。

ノート:

-R, --roleも指定されている場合、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみが照会されます。

-R、-role

  • クエリするロールを指定し、複数のロールをコンマで分割します。ノードにデプロイされている役割がわからない場合は、コマンドでこのオプションをスキップして、出力にすべてのノードの役割とステータスを表示できます。
  • データ型: STRING
  • このオプションはデフォルトで有効になっており、 [] (つまりすべての役割)が渡されます。

ノート:

-N, --nodeも指定されている場合、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスノードのみが照会されます。

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • このオプションは、デフォルトでfalseの値で無効になっています。このオプションを有効にするには、このオプションをコマンドに追加し、 trueの値を渡すか、値を渡さないようにします。

出力

  • クラスター名
  • クラスターバージョン
  • SSHクライアントタイプ
  • 次のフィールドを含むテーブル:
    • ID :ノードID。IP:PORTで構成されます。
    • Role :ノードにデプロイされたサービスロール(たとえば、TiDBまたはTiKV)。
    • Host :ノードに対応するマシンのIPアドレス。
    • Ports :サービスが使用するポート番号。
    • OS/Arch :ノードのオペレーティングシステムとマシンアーキテクチャ。
    • Status :ノード上のサービスの現在のステータス。
    • Data Dir :サービスのデータディレクトリ。 -は、データディレクトリがないことを意味します。
    • Deploy Dir :サービスのデプロイメントディレクトリ。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト