重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

tiup dm disable

クラスタサービスが配置されているマシンを再起動すると、クラスタサービスが自動的に有効になります。クラスタサービスの自動有効化を無効にするには、 tiup dm disableコマンドを使用できます。このコマンドは、指定されたノードでsystemctl disable <service>を実行して、サービスの自動有効化を無効にします。

構文

tiup dm disable <cluster-name> [flags]

<cluster-name>は、サービスの自動有効化を無効にするクラスタです。

オプション

-N、-node

  • サービスの自動有効化を無効にするノードを指定します。このオプションの値は、ノードIDのコンマ区切りのリストです。 tiup dm displayコマンドによって返されるクラスタステータステーブルの最初の列からノードIDを取得できます。
  • データ型: STRINGS
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、すべてのノードの自動有効化はデフォルトで無効になっています。

ノート:

-R, --roleオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスの自動有効化が無効になります。

-R、-role

  • サービスの自動有効化を無効にするロールを指定します。このオプションの値は、ノードの役割のコンマ区切りのリストです。 tiup dm displayコマンドによって返されるクラスタステータステーブルの2番目の列からノードの役割を取得できます。
  • データ型: STRINGS
  • このオプションがコマンドで指定されていない場合、すべての役割の自動有効化はデフォルトで無効になっています。

ノート:

-N, --nodeオプションを同時に指定すると、 -N, --node-R, --roleの両方の仕様に一致するサービスの自動有効化が無効になります。

-h, --help

ヘルプ情報を出力します。

出力

tiup-dmの実行ログ。

<<前のページに戻るTiUP DMコマンドリスト