tiup dm audit

tiup dm auditコマンドは、すべてのクラスターで実行された履歴コマンドと各コマンドの実行ログを表示するために使用されます。

構文

tiup dm audit [audit-id] [flags]
  • [audit-id]を記入しない場合は、逆時系列で操作記録表が出力されます。最初の列はaudit-idです。
  • [audit-id]を記入すると、指定したaudit-idの実行ログがチェックされます。

オプション

-h, --help

  • ヘルプ情報を出力します。
  • データ型: BOOLEAN
  • デフォルト: false

出力

  • [audit-id]を指定すると、対応する実行ログが出力されます。
  • [audit-id]指定されていない場合は、次のフィールドを含むテーブルが出力されます。
    • ID: このレコードに対応するaudit-id
    • 時間: レコードに対応するコマンドの実行時間
    • コマンド: レコードに対応するコマンド

<< 前のページに戻る - TiUP DMコマンドリスト

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.