重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.7リリースノート

リリース日:2019年3月28日

TiDBバージョン:2.1.7

TiDB Ansibleバージョン:2.1.7

TiDB

  • DDL操作のキャンセルによってプログラムをアップグレードするときに起動時間が長くなる問題を修正します#9768
  • check-mb4-value-in-utf8の構成アイテムがconfig.example.tomlのファイル#9852の間違った位置にある問題を修正します
  • str_to_date組み込み関数とMySQL3の互換性を改善し#9817
  • last_day組み込み関数#9750の互換性の問題を修正します
  • SQLステートメントを使用してtable_idを取得しやすくするために、 infoschema.tablestidb_table_id列を追加し、テーブルとインデックス#9862の間の関係を管理するためにtidb_indexesシステムテーブルを追加します。
  • テーブルパーティション#9663のnull定義に関するチェックを追加します
  • MySQL #9876との整合性を保つために、 Truncate Tableに必要な特権をDeleteからDropに変更します。
  • DOステートメント#9877でのサブクエリの使用のサポート
  • default_week_format変数がweek関数#9753で有効にならない問題を修正します
  • プラグインフレームワークをサポートする#9880#9888
  • log_binシステム変数#9634を使用して、binlogの有効化状態のチェックをサポートします。
  • SQLステートメントを使用したPump/Drainerステータスのチェックのサポート#9896
  • TiDB1をアップグレードするときにutf8でmb4文字をチェックすることに関する互換性の問題を修正し#9887
  • 集計関数がJSONデータを計算する場合のpanicの問題を修正します#9927

PD

  • レプリカの数が1の場合、バランス領域に転送リーダーステップを作成できない問題を修正します#1462

ツール

  • binlogを使用して生成された列の複製をサポートする

TiDB Ansible

Prometheusモニタリングデータのデフォルトの保持時間を30dに変更します

このページの内容