重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.6リリースノート

2019年3月15日、TiDB2.1.6がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.1.6もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.1.5と比較して、安定性、SQLオプティマイザー、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー/エグゼキューター

    • 両方のテーブルが#9615のヒントで指定されている場合、コストに基づいて外部テーブルを選択するようにプランナーを最適化しTIDB_INLJ
    • IndexScanが正しく選択できない場合があるという問題を修正します#9587
    • サブクエリ#9551agg関数のチェックのMySQLとの非互換性を修正しました
    • パニックを回避するために、 show stats_histogramsは有効な列のみを出力するようにします#9502
  • サーバ

    • Binlogを有効/無効にするlog_binの変数をサポートし#9634
    • 誤ったトランザクションコミットを回避するために、トランザクションの健全性チェックを追加します#9559
    • 変数の設定がpanicにつながる可能性がある問題を修正します#9539
  • DDL

    • Create Table Likeステートメントが場合によってはpanicを引き起こす問題を修正します#9652
    • etcdクライアントのAutoSync機能を有効にして、場合によってはTiDBとetcd間の接続の問題を回避します#9600

TiKV

  • protobufの解析の失敗が場合によってはStoreNotMatchのエラーを引き起こすという問題を修正します#4303

ツール

    • インポーターのデフォルトregion-split-sizeを512MiB3に変更し#4369
    • 以前にメモリにキャッシュされた中間SSTをローカルディスクに保存して、メモリ使用量を削減します#4369
    • #4369のメモリ使用量を制限する
    • スケジューリングが完了する前にリージョンが分散する問題を修正します#4369
    • 大きなテーブルのデータとインデックスを個別にインポートして、バッチでインポートする際の時間の消費を効果的に削減します#132
    • #111をサポート
    • スキーマ名に英数字以外の文字が含まれているためにインポートが失敗するエラーを修正しました#9547
このページの内容