重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.5リリースノート

2019年2月28日、TiDB2.1.5がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.1.5もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.1.4と比較して、安定性、SQLオプティマイザー、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー/エグゼキューター
    • SHOW CREATE TABLE#9306の互換性を向上させるために、列の文字セット情報がテーブルの文字セット情報と同じである場合、 SHOW CREATE TABLEは列の文字セット情報を出力しないようにします。
    • Sort #9319の計算ロジックを単純化するために、計算用にSortからProjectionの演算子にScalarFuncを抽出することにより、場合によってはSort演算子のpanicまたは誤った結果を修正します。
    • Sort演算子#9335の定数値を持つ並べ替えフィールドを削除し#9440
    • 符号なし整数列#9339にデータを挿入するときのデータオーバーフローの問題を修正しました
    • ターゲットバイナリの長さがNULL #9349 cast_as_binarymax_allowed_packet
    • IFIFNULL#9351プロセスを最適化する
    • スカイラインプルーニングを使用してTiDBのインデックス選択を最適化し、単純なクエリの安定性を向上させます#9356
    • DNF#9405の選択性の計算をサポート
    • !=ANY()=ALL()の間違ったSQLクエリ結果を修正する場合があります#9403
    • Merge Join操作が実行される2つのテーブルの結合キータイプが異なる場合のpanicまたは誤った結果を修正します#9438
    • RAND()関数の結果がMySQL3と互換性がないという問題を修正し#9446
    • Semi Join処理NULLのロジックと空の結果セットをリファクタリングして、正しい結果を取得し、 #9449との互換性を向上させます
  • サーバ
    • tidb_constraint_check_in_placeシステム変数を追加して、 INSERTステートメント#9401を実行するときにデータの一意性制約を確認します。
    • tidb_force_priorityシステム変数の値が構成ファイル#9347で設定された値と異なる問題を修正します。
    • 一般ログにcurrent_dbフィールドを追加して、現在使用されているデータベースの名前を出力します#9346
    • テーブル#9408のテーブル情報を取得するHTTPAPIを追加します。
    • LOAD DATAが誤ったデータをロードする場合があるという問題を修正します#9414
    • MySQLクライアントとTiDB間の接続を構築するのに時間がかかる場合があるという問題を修正します#9451
  • DDL
    • DROP COLUMNの操作をキャンセルするときのいくつかの問題を修正します#9352
    • DROPつまたはADDのパーティションテーブル操作をキャンセルするときのいくつかの問題を修正します#9376
    • ADMIN CHECK TABLEがデータインデックスの不整合を誤って報告する場合があるという問題を修正します#9399
    • TIMESTAMPデフォルト値#9108のタイムゾーンの問題を修正します

PD

  • 返された結果からトゥームストーンストアを削除するには、 GetAllStoresインターフェイスにexclude_tombstone_storesオプションを指定します#1444

TiKV

  • Importerがデータのインポートに失敗する場合がある問題を修正します#4223
  • 場合によってはKeyNotInRegionエラーを修正します#4125
  • 場合によってはリージョンマージによって引き起こされるpanicの問題を修正します#4235
  • 詳細なStoreNotMatchエラーメッセージを追加します#3885

ツール

    • トゥームストーンストアがクラスタ#4223に存在する場合、エラーを報告したり終了したりしないでください
  • TiDB Binlog
    • DDLイベントレプリケーションの正確性を保証するために、DDLbinlogレプリケーションプランを更新します#9304
このページの内容