重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.4リリースノート

2019年2月15日、TiDB2.1.4がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.1.4もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.1.3と比較して、安定性、SQLオプティマイザー、統計、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー/エグゼキューター
    • VALUES関数がFLOATタイプを正しく処理しない問題を修正します#9223
    • 場合によってはFloatをStringにキャストするときの間違った結果の問題を修正します#9227
    • FORMAT関数の誤った結果の問題を修正する場合があります#9235
    • 場合によってはJoinクエリを処理するときのpanicの問題を修正します#9264
    • VALUES関数がENUM型を正しく処理しない問題を修正します#9280
    • 場合によってはDATE_ADDの間違った結果の問題を修正し#9284 DATE_SUB
  • サーバ
    • 「リロード特権の成功」ログを最適化し、それをDEBUGレベル#9274に変更します。
  • DDL
    • tidb_ddl_reorg_worker_cnttidb_ddl_reorg_batch_sizeをグローバル変数#9134に変更します
    • いくつかの異常な状態で生成された列にインデックスを追加することによって引き起こされるバグを修正します#9289

TiKV

  • TiKV1を閉じるときの重複書き込みの問題を修正し#4146
  • 場合によっては、イベントリスナーの異常な結果の問題を修正します#4132

ツール

    • メモリ使用量を#108化する#107
    • ダンプファイルの余分な解析を回避するために、ダンプファイルのチャンク分離を削除します#109
    • キャッシュミスが多すぎることによるパフォーマンスの低下を回避するために、ダンプファイルの読み取りのI/O同時実行性を制限します#110
    • インポートの安定性を向上させるために、単一のテーブルのデータをバッチでインポートすることをサポートします#110
    • #4199のインポートモードで自動圧縮を有効にする
    • TiKVクラスタのバージョンが2.1.4以降の場合、レベル1の圧縮はインポートモードで自動的に実行されるため、TiKVの定期的なレベル1の圧縮パラメーターの無効化をサポートします#119
    • インポートエンジンの数を制限して、インポーターのディスク領域を過度に消費しないようにします#119
  • sync-diff-inspector1で#197統計を使用したチャンクの分割をサポートします
このページの内容