重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.3リリースノート

2019年1月28日、TiDB2.1.3がリリースされました。対応するTiDBAnsible2.1.3もリリースされています。このリリースでは、TiDB 2.1.2と比較して、システムの安定性、SQLオプティマイザー、統計情報、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー/エグゼキューター
    • 場合によっては、プリペアドプランキャッシュのpanicの問題を修正します#8826
    • インデックスがプレフィックスインデックス#8851の場合、範囲計算が間違っている問題を修正します
    • SQL_MODEが厳密でないときに文字列が不正なTIME形式の場合、 CAST(str AS TIME(N))をnullに戻す#8966
    • UPDATE 、場合によっては#8980の処理中に生成されたカラムのpanicの問題を修正します
    • 場合によっては、統計ヒストグラムの上限オーバーフローの問題を修正します#8989
    • 全表スキャンを回避し、クラスタストレスを軽減するための_tidb_rowidの構築クエリのサポート範囲#9059
    • CAST(AS TIME)の精度が大きすぎる場合はエラーを返します#9058
    • デカルト積#9037Sort Merge Joinの使用を許可する
    • 場合によっては、panic後に統計ワーカーが再開できない問題を修正します#9085
    • Sort Merge Joinが間違った結果を返す場合があるという問題を修正します#9046
    • CASE#8355でJSONタイプを返すことをサポートします
  • サーバ
    • コメント#8766にTiDB以外のヒントが存在する場合、エラーではなく警告を返します。
    • 構成されたTIMEZONE値の有効性を確認します#8879
    • QueryDurationHistogramのメトリック項目を最適化して、より多くのステートメントタイプを表示します#8875
    • 場合によってはbigintの下限オーバーフローの問題を修正します#8544
    • #9110モードをサポートALLOW_INVALID_DATES
  • DDL
    • MySQL #8808の動作と一貫性を保つために、 RENAME TABLEの互換性の問題を修正します
    • ADD INDEXの同時変更のサポートはすぐに有効になります#8786
    • 場合によってはADD COLUMNのプロセス中にUPDATEのpanicの問題を修正します#8906
    • 場合によってはテーブルパーティションを同時に作成する問題を修正します#8902
    • utf8 #9152セットのutf8mb4への変換を#8951
    • シャードビットオーバーフローの問題を修正#8976
    • #9053の列文字セットのSHOW CREATE TABLEをサポート
    • #8818のvarcharタイプ列の最大長制限の問題を修正しutf8mb4
    • #9093 ALTER TABLE TRUNCATE TABLE PARTITION
    • 文字セットが提供されていない場合は、文字セットを解決します#9147

PD

  • リーダー選出に関連するウォッチの問題を修正#1396

TiKV

  • HTTPメソッドを使用した監視情報の取得のサポート#3855
  • #4075のNULLの問題を修正しdata_format
  • スキャンリクエストの範囲の確認を追加#4124

ツール

  • TiDB Binlog
    • TiDBの起動中または再起動中のno available pumpの問題を修正します#157
    • Pumpクライアントログの出力を有効にする#165
    • テーブルに一意のキーのみがあり、主キーがない場合に、NULL値を含む一意のキーによって引き起こされるデータの不整合の問題を修正します。
このページの内容