TiDB 2.1.3 リリースノート

2019 年 1 月 28 日に、TiDB 2.1.3 がリリースされました。対応する TiDB Ansible 2.1.3 もリリースされました。TiDB 2.1.2 と比較して、このリリースでは、システムの安定性、SQL オプティマイザー、統計情報、実行エンジンが大幅に改善されています。

ティビ

  • SQL オプティマイザー/エグゼキューター
    • 一部のケースでプリペアドプランキャッシュのpanic問題を修正#8826
    • インデックスがプレフィックスインデックスの場合に範囲計算が間違っている問題を修正#8851
    • SQL_MODEが厳密でない場合に文字列が不正なTIME形式の場合、 CAST(str AS TIME(N)) nullを返すようにする#8966
    • UPDATEの処理中に生成されるカラムがpanic問題を修正#8980
    • いくつかのケースにおける統計ヒストグラムの上限オーバーフロー問題を修正#8989
    • _tidb_rowid構築クエリの範囲をサポートし、テーブル全体のスキャンを回避してクラスターのストレスを軽減します#9059
    • CAST(AS TIME)精度が大きすぎる場合はエラーを返す#9058
    • 直積#9037Sort Merge Join使用を許可する
    • panic後に統計ワーカーが再開できないことがある問題を修正#9085
    • Sort Merge Join場合によっては間違った結果が返される問題を修正#9046
    • CASE#8355でJSON型を返すことをサポート
  • サーバ
    • コメント#8766に非TiDBヒントが存在する場合、エラーではなく警告を返します。
    • 設定されたTIMEZONE値#8879の有効性を確認する
    • QueryDurationHistogramメトリック項目を最適化して、より多くのステートメント タイプを表示する#8875
    • 一部のケースにおける bigint の下限オーバーフローの問題を修正#8544
    • ALLOW_INVALID_DATES SQLモード#9110サポート
  • DDL
    • MySQL #8808の動作と一貫性を保つためにRENAME TABLE互換性問題を修正しました。
    • ADD INDEXの同時変更をすぐに有効にする#8786
    • ADD COLUMNのプロセス中に発生するUPDATEpanic問題を修正する (場合によっては#8906
    • 一部のケースでテーブルパーティションが同時に作成される問題を修正#8902
    • utf8文字セットをutf8mb4 #8951 #9152に変換するサポート
    • シャードビットオーバーフローの問題を修正#8976
    • SHOW CREATE TABLE #9053の列文字セットの出力をサポート
    • utf8mb4 #8818のvarchar型列の最大長制限の問題を修正
    • サポートALTER TABLE TRUNCATE TABLE PARTITION #9093
    • 文字セットが指定されていない場合は文字セットを解決する#9147

PD

  • リーダー選挙に関連するウォッチの問題を修正#1396

ティクヴ

  • HTTPメソッド#3855を使用した監視情報の取得をサポート
  • data_format #4075のNULL問題を修正
  • スキャン要求の範囲の検証を追加#4124

ツール

  • TiDBBinlog
    • TiDBの起動または再起動中に発生するno available pump問題を修正する#157
    • Pumpクライアントログ#165出力を有効にする
    • テーブルに一意キーのみがあり、主キーがない場合に、一意キーに NULL 値が含まれることで発生するデータの不整合の問題を修正しました。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.