重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.16リリースノート

発売日:2019年8月15日

TiDBバージョン:2.1.16

TiDB Ansibleバージョン:2.1.16

TiDB

  • SQLオプティマイザー
    • 時間列#11526の等しい条件に対して、行数が不正確に推定される問題を修正します。
    • TIDB_INLJヒントが有効にならない、または指定されたテーブルで有効にならないという問題を修正します#11361
    • クエリのNOT EXISTSの実装をOUTERJOINからANTIJOINに変更して、より最適化された実行プラン#11291を見つけます。
    • SHOWステートメント内のサブクエリをサポートし、 #11461などの構文を許可しSHOW COLUMNS FROM tbl WHERE FIELDS IN (SELECT 'a')
    • 定数畳み込みの最適化によってSELECT … CASE WHEN … ELSE NULL ...クエリが誤った結果を取得する問題を修正します#11441
  • SQL実行エンジン
    • INTERVALが負の場合にDATE_ADD関数が間違った結果を得る問題を修正します#11616
    • DATE_ADD関数は、 FLOAT 、またはDECIMALDOUBLEの引数を受け入れると型変換を誤って実行するため、誤った結果が得られる可能性があるという問題を修正し#11628
    • CAST(JSON AS SIGNED)がオーバーフローしたときにエラーメッセージが不正確になる問題を修正します#11562
    • 1つの子ノードを閉じることができず、エグゼキュータ#11598を閉じるプロセス中にエラーを返すと、他の子ノードが閉じられない問題を修正します。
    • タイムアウト#11487の前にリージョンスキャッターのスケジューリングが完了していない場合に、エラーではなく、正常に分割されたリージョンの数と終了したパーセンテージを返すSPLIT TABLEのステートメントをサポートします。
    • MySQL #11505と互換性があるように、 REGEXP BINARYの関数の大文字と小文字を区別する
    • 5/7の結果のYEARの値がDATE_ADDより小さいかDATE_SUBより大きい場合にオーバーフローするため、 NULLが正しく返されない問題を修正し#11477
    • 低速クエリテーブルに、実行が成功したかどうかを示すSuccフィールドを追加します#11412
    • SQLステートメントに現在の時刻( CURRENT_TIMESTAMPまたはNOWなど)の計算が含まれる場合に、現在のタイムスタンプを複数回フェッチすることによって引き起こされるMySQLの非互換性の問題を修正します#11392
    • AUTO_INCREMENT列がFLOATまたはDOUBLEタイプ#11389を処理しない問題を修正します
    • CONVERT_TZ関数が無効な引数#11357を受け入れると、 NULLが正しく返されない問題を修正します。
    • PARTITION BY LISTステートメントでエラーが報告される問題を修正します。 (現在、構文のみがサポートされています。TiDBがステートメントを実行すると、通常のテーブルが作成され、プロンプトメッセージが表示されます) #11236
    • Minus(-)進数( select 0.000 % 0.11234500000000000000など)が多い場合、 Mod(%) 、およびMultiple(*)の操作がMySQLの結果と矛盾する0の結果を返す問題を修正します#11353
  • サーバ
    • OnInitがコールバックされたときにプラグインがNULLのドメインを取得する問題を修正します#11426
    • スキーマが削除された後も、スキーマ内のテーブル情報がHTTPインターフェイスを介して取得できるという問題を修正します#11586
  • DDL
    • この操作によって引き起こされる自動インクリメント列の誤った結果を回避するために、自動インクリメント列へのインデックスの削除を禁止します#11402
    • 異なる文字セットと照合でテーブルを作成および変更するときに、列の文字セットが正しくないという問題を修正します#11423
    • alter table ... set default...とこの列を変更する別のDDLステートメントが並行して実行されると列スキーマが間違ってしまう可能性がある問題を修正します#11374
    • 生成されたカラムAが生成されたカラムBに依存し、Aを使用してインデックス#11538を作成すると、データが埋め戻されない問題を修正します。
    • ADMIN CHECK TABLEの操作をスピードアップ#11538

TiKV

  • クライアントが閉じられているTiKVリージョンにアクセスしたときにエラーメッセージを返すことをサポートします#4820
  • リバースraw_scanおよびraw_batch_scanインターフェース#5148をサポート

ツール

  • TiDB Binlog
    • トランザクション#697で一部のステートメントの実行をスキップするには、 Drainerにignore-txn-commit-tsの構成アイテムを追加します。
    • 起動時に構成項目チェックを追加します。これにより、 PumpとDrainerの実行が停止し、無効な構成項目に遭遇するとエラーメッセージが返されます#708
    • Drainerにnode-idの構成を追加して、Drainerのノード#706を指定します
  • TiDB Lightning
    • 2つのチェックサムが同時に実行されているときにtikv_gc_life_timeが元の値に戻されないという問題を修正します#224

TiDB Ansible

  • Spark3にlog4jの構成ファイルを追加し#842
  • tisparkjarパッケージを#863に更新します。
  • BinlogがKafkaまたはZooKeeper1を使用すると、Prometheus構成ファイルが間違った形式で生成される問題を修正し#845
  • rolling_update.yml操作の実行時にPDがリーダーの切り替えに失敗するバグを修正します#888
  • 安定性を向上させるために、PDノードのローリング更新のロジックを最適化します-最初にフォロワーをアップグレードし、次にリーダーをアップグレードします#895
このページの内容