重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1.11リリースノート

発売日:2019年6月3日

TiDBバージョン:2.1.11

TiDB Ansibleバージョン:2.1.11

TiDB

  • #10595に誤ったスキーマが使用される問題を修正しdelete from join
  • 組み込みCONVERT()が誤ったフィールドタイプ#10263を返す可能性がある問題を修正します
  • バケット数#10569を更新するときに、重複していないフィードバックをマージします
  • unix_timestamp()-unix_timestamp(now())の計算エラーを#10491
  • MySQL8.03とのperiod_diffの非互換性の問題を修正し#10501
  • 例外を回避するために統計を収集するときはVirtual Columnをスキップします#10628
  • SHOW OPEN TABLESステートメント#10374をサポートする
  • 場合によってはゴルーチンリークが発生する可能性があるという問題を修正します#10656
  • 場合によってはtidb_snapshot変数を設定すると、時間形式#10637の誤った解析が発生する可能性があるという問題を修正します。

PD

  • balance-region #1551が原因で、 リージョンのスケジュールが失敗する可能性がある問題を修正します。
  • ホットスポット関連のスケジューリングの優先順位を高い#1551に設定します
  • 2つの構成アイテムを追加する#1551
    • hot-region-schedule-limitは、同時ホットスポットスケジューリングタスクの最大数を制御します
    • hot-region-cache-hits-thresholdはホットリージョンを識別します

TiKV

  • リーダーと学習者が1人だけの場合に、学習者が空のインデックスを読み取る問題を修正します#4751
  • 通常の優先度#4791のコマンドへの影響を減らすために、優先度の高いスレッドプール内のプロセスScanLockResolveLock
  • 受信したスナップショットのすべてのファイルを同期する#4811

ツール

  • TiDB Binlog
    • WritePause #620によって引き起こされるQPSの低下を回避するために、GC中のデータ削除速度を制限します。

TiDB Ansible

  • Drainerパラメータの追加#760
このページの内容