重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDB2.1RC4リリースノート

2018年10月23日、TiDB2.1RC4がリリースされました。このリリースでは、TiDB 2.1 RC3と比較して、安定性、SQLオプティマイザー、統計情報、および実行エンジンが大幅に改善されています。

TiDB

  • SQLオプティマイザー
    • UnionAllの列プルーニングが正しくない場合があるという問題を修正します#7941
    • UnionAll演算子の結果が正しくない場合があるという問題を修正します#8007
  • SQL実行エンジン
    • AVG関数#7874の精度の問題を修正します
    • EXPLAIN ANALYZEステートメントを使用して、クエリ実行プロセス中に実行時間や各演算子の返された行数などの実行時統計を確認することをサポートします#7925
    • テーブルの列が結果セット#7943に複数回表示される場合の、 PointGet演算子のpanicの問題を修正します。
    • Limit#8002の値が大きすぎるために発生するpanicの問題を修正します。
    • 場合によってはAddDateステートメントの実行プロセス中のpanicの問題を修正し#8009 SubDate
  • 統計
    • 結合されたインデックスのヒストグラムの下限のプレフィックスが範囲#7856外であると判断する問題を修正します。
    • 統計収集によって引き起こされるメモリリークの問題を修正します#7873
    • ヒストグラムが空の場合のpanicの問題を修正します#7928
    • 統計がアップロードされているときにヒストグラムの境界が範囲外であるという問題を修正します#7944
    • 統計サンプリングプロセスの値の最大長を制限する#7982
  • サーバ
    • ラッチをリファクタリングして、トランザクションの競合の誤判断を回避し、同時トランザクションの実行パフォーマンスを向上させます#7711
    • 場合によっては遅いクエリを収集することによって引き起こされるpanicの問題を修正します#7874
    • LOAD DATAステートメント#8005ESCAPED BYが空の文字列である場合のpanicの問題を修正します。
    • 「コプロセッサー・エラー」ログ情報を入力します#8006
  • 互換性
    • クエリが空の場合、 SHOW PROCESSLISTの結果のCommandのフィールドをSleepに設定します#7839
    • SYSDATE関数#7895の定数畳み込みの問題を修正します
    • SUBSTRING_INDEXが場合によってはパニックになる問題を修正します#7897
  • DDL
    • invalid ddl job typeエラー#7958をスローすることによって引き起こされるスタックオーバーフローの問題を修正します
    • ADMIN CHECK TABLEの結果が正しくない場合があるという問題を修正します#7975

PD

  • トゥームストーンTiKVが#1261から削除されない問題を修正します
  • grpc-goがステータス#1265を設定するときのデータ競合の問題を修正します
  • etcdの起動失敗が原因でPDサーバーがスタックする問題を修正します#1267
  • リーダーの切り替え中にデータ競合が発生する可能性がある問題を修正します#1273
  • TiKVがトゥームストーン#1280になったときに追加の警告ログが出力される可能性がある問題を修正します

TiKV

  • スナップショットの適用によって引き起こされるRocksDB書き込みストールの問題を最適化する#3606
  • tickメトリックを追加#3657
  • RocksDBをアップグレードし、書き込みブロックの問題を修正し、 IngestExternalFileの実行時に書き込み操作によってソースファイルが損傷する可能性があることを修正し#3661
  • grpcioをアップグレードし、「pingが多すぎる」と誤って報告される問題を修正します#3650
このページの内容