重要
このページは英語版のページを機械翻訳しています。原文はこちらからご覧ください。

TiDBの制限

このドキュメントでは、サポートされるデータベース、テーブル、インデックス、パーティションテーブル、シーケンスの最大識別子の長さや最大数など、TiDBの一般的な使用制限について説明します。

識別子の長さの制限

識別子の種類最大長(許可される文字数)
データベース64
テーブル64
カラム64
索引64
ビュー64
順序64

データベース、テーブル、ビュー、および接続の総数の制限

識別子の種類最大数
データベース無制限
テーブル無制限
ビュー無制限
接続無制限

単一のデータベースの制限

タイプ上限
テーブル無制限

単一のテーブルの制限

タイプ上限(デフォルト値)
デフォルトは1017で、最大4096まで調整できます。
インデックスデフォルトは64で、最大512まで調整できます。
無制限
サイズ無制限
パーティション8192

単一行の制限

タイプ上限
サイズ6 MB

サイズ制限は、 txn-entry-size-limitの構成アイテムで調整できます。

単一列の制限

タイプ上限
サイズ6 MB

文字列タイプの制限

タイプ上限
CHAR256文字
バイナリ256文字
VARBINARY65535文字
VARCHAR16383文字
文章6 MB
BLOB6 MB

SQLステートメントの制限

タイプ上限
1回のトランザクションでのSQLステートメントの最大数楽観的トランザクションが使用され、トランザクションの再試行が有効になっている場合、上限は5000です。

stmt-count-limitの構成アイテムを使用して制限を変更できます。