1 つのリージョンでの 2 つのアベイラビリティーゾーンの展開

このドキュメントでは、アーキテクチャ、構成、このデプロイメント モードを有効にする方法、このモードでのレプリカの使用方法など、1 つのリージョン内の 2 つのアベイラビリティ ゾーン (AZ) のデプロイメント モードを紹介します。

このドキュメントの「リージョン」という用語は地理的エリアを指しますが、大文字の「リージョン」は TiKV のデータstorageの基本単位を指します。 「AZ」はリージョン内の孤立した場所を指し、各リージョンには複数の AZ があります。このドキュメントで説明されているソリューションは、複数のデータ センターが 1 つの都市にあるシナリオにも当てはまります。

導入

TiDB は通常、高可用性と災害復旧機能を確保するためにマルチ AZ 展開ソリューションを採用しています。マルチ AZ デプロイメント ソリューションには、1 つのリージョンに複数の AZ、2 つのリージョンに複数の AZ など、複数のデプロイメント モードが含まれています。このドキュメントでは、1 つのリージョンに 2 つの AZ のデプロイメント モードを紹介します。このモードで導入すると、TiDB は低コストで高可用性と災害復旧の要件を満たすこともできます。この展開ソリューションは、データ レプリケーション自動同期モード、つまり DR 自動同期モードを採用しています。

1 つのリージョンに 2 つの AZ があるモードでは、2 つの AZ の距離は 50 キロメートル未満です。これらは通常、同じリージョンまたは 2 つの隣接するリージョンにあります。 2 つの AZ 間のネットワークレイテンシーは1.5 ミリ秒未満で、帯域幅は 10 Gbps を超えています。

導入アーキテクチャ

このセクションでは、2 つのアベイラビリティ ゾーン AZ1 と AZ2 がそれぞれ東と西に配置されているリージョンを例に挙げます。 AZ1 はプライマリ AZ、AZ2 はディザスター リカバリー (DR) AZ です。

クラスター展開のアーキテクチャは次のとおりです。

  • クラスターには 6 つのレプリカがあります。AZ1 には 3 つの投票者レプリカ、AZ2 には 2 つの投票者レプリカと 1 つのLearnerレプリカです。 TiKVコンポーネントの場合、各ラックには適切なラベルが付いています。
  • Raftプロトコルは、ユーザーにとって透過的なデータの一貫性と高可用性を確保するために採用されています。

2-AZ-in-1-region architecture

この導入ソリューションでは、クラスターのレプリケーション ステータスを制御および識別するための 3 つのステータスを定義し、TiKV のレプリケーション モードを制限します。クラスターのレプリケーション モードは、3 つのステータス間を自動的かつ適応的に切り替えることができます。詳細はステータススイッチ章を参照してください。

  • sync : 同期レプリケーション モード。このモードでは、ディザスター リカバリー AZ 内の少なくとも 1 つのレプリカがプライマリ AZ と同期します。 Raftアルゴリズムにより、各ログがラベルに基づいて確実に DR に複製されます。
  • async : 非同期レプリケーション モード。このモードでは、ディザスター リカバリー AZ はプライマリ AZ と完全には同期しません。 Raftアルゴリズムは、多数決プロトコルに従ってログを複製します。
  • sync-recover : 同期リカバリモード。このモードでは、ディザスター リカバリー AZ はプライマリ AZ と完全には同期しません。 Raft は徐々にラベル複製モードに切り替え、ラベル情報を PD に報告します。

コンフィグレーション

次のtiup topology.yamlファイル例は、1 つのリージョン展開モードにおける 2 つのアベイラビリティ ゾーンの一般的なトポロジ構成です。

# # Global variables are applied to all deployments and used as the default value of # # the deployments if a specific deployment value is missing. global: user: "tidb" ssh_port: 22 deploy_dir: "/data/tidb_cluster/tidb-deploy" data_dir: "/data/tidb_cluster/tidb-data" server_configs: pd: replication.location-labels: ["az","rack","host"] pd_servers: - host: 10.63.10.10 name: "pd-10" - host: 10.63.10.11 name: "pd-11" - host: 10.63.10.12 name: "pd-12" tidb_servers: - host: 10.63.10.10 - host: 10.63.10.11 - host: 10.63.10.12 tikv_servers: - host: 10.63.10.30 config: server.labels: { az: "east", rack: "east-1", host: "30" } - host: 10.63.10.31 config: server.labels: { az: "east", rack: "east-2", host: "31" } - host: 10.63.10.32 config: server.labels: { az: "east", rack: "east-3", host: "32" } - host: 10.63.10.33 config: server.labels: { az: "west", rack: "west-1", host: "33" } - host: 10.63.10.34 config: server.labels: { az: "west", rack: "west-2", host: "34" } - host: 10.63.10.35 config: server.labels: { az: "west", rack: "west-3", host: "35" } monitoring_servers: - host: 10.63.10.60 grafana_servers: - host: 10.63.10.60 alertmanager_servers: - host: 10.63.10.60

配置ルール

計画されたトポロジに基づいてクラスターをデプロイするには、 配置ルールを使用してクラスターのレプリカの場所を決定する必要があります。例として 4 つのレプリカの展開 (2 つの投票者レプリカがプライマリ AZ にあり、1 つの投票者レプリカと 1 つのLearnerレプリカがディザスター リカバリー AZ にあります) を例にとると、配置ルールを使用してレプリカを次のように構成できます。

cat rule.json [ { "group_id": "pd", "group_index": 0, "group_override": false, "rules": [ { "group_id": "pd", "id": "az-east", "start_key": "", "end_key": "", "role": "voter", "count": 3, "label_constraints": [ { "key": "az", "op": "in", "values": [ "east" ] } ], "location_labels": [ "az", "rack", "host" ] }, { "group_id": "pd", "id": "az-west-1", "start_key": "", "end_key": "", "role": "follower", "count": 2, "label_constraints": [ { "key": "az", "op": "in", "values": [ "west" ] } ], "location_labels": [ "az", "rack", "host" ] }, { "group_id": "pd", "id": "az-west-2", "start_key": "", "end_key": "", "role": "learner", "count": 1, "label_constraints": [ { "key": "az", "op": "in", "values": [ "west" ] } ], "location_labels": [ "az", "rack", "host" ] } ] } ]

rule.jsonの構成を使用するには、次のコマンドを実行して既存の構成をdefault.jsonファイルにバックアップし、既存の構成をrule.jsonで上書きします。

pd-ctl config placement-rules rule-bundle load --out="default.json" pd-ctl config placement-rules rule-bundle save --in="rule.json"

以前の構成にロールバックする必要がある場合は、バックアップ ファイルdefault.jsonを復元するか、次の JSON ファイルを手動で書き込み、現在の構成をこの JSON ファイルで上書きします。

cat default.json [ { "group_id": "pd", "group_index": 0, "group_override": false, "rules": [ { "group_id": "pd", "id": "default", "start_key": "", "end_key": "", "role": "voter", "count": 5 } ] } ]

DR 自動同期モードを有効にする

レプリケーション モードは PD によって制御されます。次のいずれかの方法を使用して、PD 構成ファイルでレプリケーション モードを構成できます。

  • 方法 1: PD 構成ファイルを構成し、クラスターをデプロイします。

    [replication-mode] replication-mode = "dr-auto-sync" [replication-mode.dr-auto-sync] label-key = "az" primary = "east" dr = "west" primary-replicas = 3 dr-replicas = 2 wait-store-timeout = "1m"
  • 方法 2: クラスターを展開している場合は、pd-ctl コマンドを使用して PD の構成を変更します。

    config set replication-mode dr-auto-sync config set replication-mode dr-auto-sync label-key az config set replication-mode dr-auto-sync primary east config set replication-mode dr-auto-sync dr west config set replication-mode dr-auto-sync primary-replicas 3 config set replication-mode dr-auto-sync dr-replicas 2

設定項目の説明:

  • replication-modeは、有効にするレプリケーション モードです。前の例では、 dr-auto-syncに設定されています。デフォルトでは、多数決プロトコルが使用されます。
  • label-keyは異なる AZ を区別するために使用され、配置ルールと一致する必要があります。この例では、プライマリ AZ は「east」、ディザスタ リカバリ AZ は「west」です。
  • primary-replicasは、プライマリ AZ 内の Voter レプリカの数です。
  • dr-replicasは、ディザスタ リカバリ AZ 内の Voter レプリカの数です。
  • wait-store-timeout 、ネットワークの分離または障害が発生したときに非同期レプリケーション モードに切り替えるまでの待ち時間です。ネットワーク障害の時間が待機時間を超えると、非同期レプリケーション モードが有効になります。デフォルトの待機時間は 60 秒です。

クラスターの現在のレプリケーション ステータスを確認するには、次の API を使用します。

curl http://pd_ip:pd_port/pd/api/v1/replication_mode/status
{ "mode": "dr-auto-sync", "dr-auto-sync": { "label-key": "az", "state": "sync" } }

ステータススイッチ

クラスターのレプリケーション モードは、次の 3 つのステータスを自動的かつ適応的に切り替えることができます。

  • クラスターが正常な場合、同期レプリケーション モードが有効になり、ディザスター リカバリー AZ のデータ整合性が最大化されます。
  • 2 つの AZ 間のネットワーク接続に障害が発生するか、ディザスタ リカバリ AZ が故障すると、事前に設定された保護期間の後、クラスターは非同期レプリケーション モードを有効にしてアプリケーションの可用性を確保します。
  • ネットワークが再接続されるか、ディザスタ リカバリ AZ が回復すると、TiKV ノードは再びクラスターに参加し、データを段階的にレプリケートします。最後に、クラスターは同期レプリケーション モードに切り替わります。

ステータススイッチの詳細は次のとおりです。

  1. 初期化: 初期化段階では、クラスターは同期レプリケーション モードになっています。 PD はステータス情報を TiKV に送信し、すべての TiKV ノードは同期レプリケーション モードに従って動作します。

  2. 同期から非同期に切り替える: PD は TiKV のハートビート情報を定期的にチェックして、TiKV ノードに障害が発生したか、切断されているかを判断します。障害ノードの数がプライマリ AZ ( primary-replicas ) とディザスター リカバリー AZ ( dr-replicas ) のレプリカ数を超えると、同期レプリケーション モードではデータ レプリケーションを実行できなくなり、ステータスを切り替える必要があります。障害または切断時間がwait-store-timeoutで設定された時間を超えると、PD はクラスターのステータスを非同期モードに切り替えます。次に、PD は非同期のステータスをすべての TiKV ノードに送信し、TiKV のレプリケーション モードが 2 つのアベイラビリティ ゾーン レプリケーションからネイティブRaftマジョリティに切り替わります。

  3. 非同期から同期への切り替え: PD は定期的に TiKV のハートビート情報をチェックし、TiKV ノードが再接続されているかどうかを判断します。障害が発生したノードの数がプライマリ AZ ( primary-replicas ) およびディザスター リカバリー AZ ( dr-replicas ) のレプリカ数よりも少ない場合は、同期レプリケーション モードを再度有効にすることができます。 PD はまずクラスターのステータスを同期回復に切り替え、ステータス情報をすべての TiKV ノードに送信します。 TiKV のすべてのリージョンは、2 つのアベイラビリティ ゾーンの同期レプリケーション モードに徐々に切り替わり、ハートビート情報を PD に報告します。 PD は TiKV リージョンのステータスを記録し、復旧の進行状況を計算します。すべての TiKV リージョンの切り替えが完了すると、PD はレプリケーション モードを同期に切り替えます。

災害からの回復

このセクションでは、1 つのリージョンに 2 つの AZ を展開する災害復旧ソリューションを紹介します。

同期レプリケーション モードでクラスターに障害が発生した場合、 RPO = 0でデータ復旧を実行できます。

  • プライマリ AZ に障害が発生し、Voter レプリカの大部分が失われた場合でも、完全なデータがディザスター リカバリー AZ に存在する場合、失われたデータはディザスター リカバリー AZ から復元できます。現時点では、専門ツールを使用した手動介入が必要です。 支持を得ます回復ソリューションについては、PingCAP またはコミュニティから入手できます。

  • ディザスター リカバリー AZ が失敗し、いくつかの Voter レプリカが失われた場合、クラスターは自動的に非同期レプリケーション モードに切り替わります。

同期レプリケーション モードではないクラスターに障害が発生し、 RPO = 0でデータ復旧を実行できない場合:

  • Voter レプリカの大部分が失われた場合は、専門ツールを使用して手動で介入する必要があります。 支持を得ます回復ソリューションについては、PingCAP またはコミュニティから入手できます。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.