リソースグループを削除

DROP RESOURCE GROUPステートメントを使用してリソース グループを削除できます。

注記:

この機能はTiDB サーバーレスクラスターでは使用できません。

あらすじ

DropResourceGroupStmt
DROPRESOURCEGROUPIfExistsResourceGroupName
IfExists
IFEXISTS
ResourceGroupName
IdentifierDEFAULT

注記:

  • DROP RESOURCE GROUPステートメントは、グローバル変数tidb_enable_resource_control ONに設定されている場合にのみ実行できます。
  • defaultリソース グループは予約されているため、削除できません。

rg1という名前のリソース グループを削除します。

DROP RESOURCE GROUP IF EXISTS rg1;
Query OK, 0 rows affected (0.22 sec)
CREATE RESOURCE GROUP IF NOT EXISTS rg1 RU_PER_SEC = 500 BURSTABLE;
Query OK, 0 rows affected (0.08 sec)
SELECT * FROM information_schema.resource_groups WHERE NAME ='rg1';
+------+------------+----------+-----------+-------------+ | NAME | RU_PER_SEC | PRIORITY | BURSTABLE | QUERY_LIMIT | +------+------------+----------+-----------+-------------+ | rg1 | 500 | MEDIUM | YES | NULL | +------+------------+----------+-----------+-------------+ 1 row in set (0.01 sec)
DROP RESOURCE GROUP IF EXISTS rg1;
Query OK, 1 rows affected (0.09 sec)
SELECT * FROM information_schema.resource_groups WHERE NAME ='rg1';
Empty set (0.00 sec)

MySQLの互換性

MySQL はリソースグループを削除もサポートしますが、TiDB はFORCEパラメータをサポートしません。

こちらも参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Dedicated
TiDB Serverless
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.