システム変数tidb_snapshotを使用した履歴データの読み取り

このドキュメントでは、システム変数tidb_snapshotを使用して履歴バージョンからデータを読み取る方法について説明します。これには、履歴データを保存するための具体的な使用例や戦略も含まれます。

注記:

ステイル読み取り機能を使用して履歴データを読み取ることもできますが、これをお勧めします。

機能の説明

TiDB は、特別なクライアントやドライバーを使用せずに、標準 SQL インターフェイスを使用して履歴データを直接読み取る機能を実装しています。

注記:

  • データが更新または削除された場合でも、SQL インターフェイスを使用してその履歴バージョンを読み取ることができます。
  • 履歴データを読み取る場合、TiDB は、現在のテーブル構造が異なっていても、古いテーブル構造でデータを返します。

TiDB が履歴バージョンからデータを読み取る方法

tidb_snapshotシステム変数は、履歴データの読み取りをサポートするために導入されました。 tidb_snapshot変数について:

  • 変数はSESSIONスコープで有効です。
  • その値はSETステートメントを使用して変更できます。
  • 変数のデータ型はテキストです。
  • 変数は TSO (Timestamp Oracle) と日時を受け入れます。 TSO は、PD から取得される、世界的に一意の時刻サービスです。受け入れられる日時形式は「2016-10-08 16:45:26.999」です。通常、日時は秒精度を使用して設定できます (例: "2016-10-08 16:45:26")。
  • 変数が設定されると、TiDB はその値をタイムスタンプとして使用して、データ構造のためだけにスナップショットを作成し、オーバーヘッドはありません。その後、すべてのSELECT操作がこのスナップショットからデータを読み取ります。

注記:

TiDB トランザクションのタイムスタンプは配置Driver(PD) によって割り当てられるため、保存されたデータのバージョンも PD によって割り当てられたタイムスタンプに基づいてマークされます。スナップショットが作成されるとき、バージョン番号はtidb_snapshot変数の値に基づきます。 TiDBサーバーと PDサーバーのローカル時刻に大きな差がある場合は、PDサーバーの時刻を使用します。

履歴バージョンからデータを読み取った後、現在のセッションを終了するか、 SETステートメントを使用してtidb_snapshot変数の値を "" (空の文字列) に設定することで、最新バージョンからデータを読み取ることができます。

TiDB がデータ バージョンを管理する方法

TiDB は、データ バージョンを管理するためにマルチバージョン同時実行制御 (MVCC) を実装しています。データ オブジェクトをその場で更新/削除するのではなく、更新/削除のたびにデータ オブジェクトの新しいバージョンが作成されるため、データの履歴バージョンが保持されます。ただし、すべてのバージョンが保存されているわけではありません。バージョンが特定の時点よりも古い場合、storage占有量と、履歴バージョンが多すぎることによって生じるパフォーマンスのオーバーヘッドを削減するために、バージョンは完全に削除されます。

TiDB では、ガベージ コレクション (GC) が定期的に実行され、古いデータ バージョンが削除されます。 GC の詳細については、 TiDB ガベージ コレクション (GC)を参照してください。

以下の点に特に注意してください。

  • tidb_gc_life_time : このシステム変数は、以前の変更の保持時間を構成するために使用されます (デフォルト: 10m0s )。
  • SELECT * FROM mysql.tidb WHERE variable_name = 'tikv_gc_safe_point'の出力。過去のデータが読めるのは現在safePointまでです。ガベージコレクションプロセスが実行されるたびに更新されます。

  1. 最初の段階で、テーブルを作成し、いくつかのデータ行を挿入します。

    mysql> create table t (c int); Query OK, 0 rows affected (0.01 sec) mysql> insert into t values (1), (2), (3); Query OK, 3 rows affected (0.00 sec)
  2. テーブル内のデータをビュー。

    mysql> select * from t; +------+ | c | +------+ | 1 | | 2 | | 3 | +------+ 3 rows in set (0.00 sec)
  3. テーブルのタイムスタンプをビュー。

    mysql> select now(); +---------------------+ | now() | +---------------------+ | 2016-10-08 16:45:26 | +---------------------+ 1 row in set (0.00 sec)
  4. 1 行のデータを更新します。

    mysql> update t set c=22 where c=2; Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
  5. データが更新されていることを確認します。

    mysql> select * from t; +------+ | c | +------+ | 1 | | 22 | | 3 | +------+ 3 rows in set (0.00 sec)
  6. スコープがセッションであるtidb_snapshot変数を設定します。変数はその値よりも前の最新バージョンを読み込めるように設定されています。

    注記:

    この例では、値は更新操作前の時間に設定されます。

    mysql> set @@tidb_snapshot="2016-10-08 16:45:26"; Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

    注記:

    @@システム変数を表すのに使用され、 @はユーザー変数を表すために使用されるため、 @ tidb_snapshot前に@@ではなく 1 を使用する必要があります。

    結果:次のステートメントから読み取られたデータは、更新操作前のデータ、つまり履歴データです。

    mysql> select * from t; +------+ | c | +------+ | 1 | | 2 | | 3 | +------+ 3 rows in set (0.00 sec)
  7. tidb_snapshot変数を "" (空の文字列) に設定すると、最新バージョンからデータを読み取ることができます。

    mysql> set @@tidb_snapshot=""; Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
    mysql> select * from t; +------+ | c | +------+ | 1 | | 22 | | 3 | +------+ 3 rows in set (0.00 sec)

    注記:

    @@システム変数を表すのに使用され、 @はユーザー変数を表すために使用されるため、 @ tidb_snapshot前に@@ではなく 1 を使用する必要があります。

履歴データを復元する方法

古いバージョンからデータを復元する前に、作業中にガベージ コレクション (GC) によって履歴データが消去されないことを確認してください。これは、次の例に示すようにtidb_gc_life_time変数を設定することで実行できます。復元後に変数を前の値に戻すことを忘れないでください。

SET GLOBAL tidb_gc_life_time="60m";

注記:

GC 存続時間をデフォルトの 10 分から 30 分以上に延長すると、行の追加バージョンが保持されることになり、より多くのディスク領域が必要になる可能性があります。これは、TiDB がデータ読み取り中に同じ行のこれらの追加バージョンをスキップする必要がある場合のスキャンなど、特定の操作のパフォーマンスにも影響を与える可能性があります。

古いバージョンからデータを復元するには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • 単純な場合は、変数tidb_snapshot設定した後にSELECT使用して出力をコピー&ペーストするか、 SELECT ... INTO OUTFILEを使用してからLOAD DATAを使用して後でデータをインポートします。

  • 履歴スナップショットをエクスポートするにはDumpling使用します。 Dumpling は、大規模なデータ セットのエクスポートに優れたパフォーマンスを発揮します。

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.