分析する

このステートメントは、TiDB がテーブルとインデックスに基づいて構築する統計を更新します。大規模なバッチ更新またはレコードのインポートを実行した後、またはクエリ実行プランが最適ではないことに気付いた場合は、 ANALYZE実行することをお勧めします。

TiDB はまた、統計が独自の推定値と矛盾していることを発見すると、時間の経過とともに自動的に統計を更新します。

現在、TiDB は、完全収集 ( ANALYZE TABLEステートメントを使用して実装) と増分収集 ( ANALYZE INCREMENTAL TABLEステートメントを使用して実装) の 2 つの方法で統計情報を収集します。これら 2 つのステートメントの詳細な使用法については、 統計学の入門を参照してください。

あらすじ

AnalyzeTableStmt
ANALYZETABLETableNameListALL COLUMNSPREDICATE COLUMNSTableNameINDEXIndexNameListAnalyzeColumnOptionPARTITIONPartitionNameListINDEXIndexNameListAnalyzeColumnOptionINCREMENTALTABLETableNamePARTITIONPartitionNameListINDEXIndexNameListAnalyzeOptionListOpt
AnalyzeOptionListOpt
WITHAnalyzeOptionList
AnalyzeOptionList
AnalyzeOption,
AnalyzeOption
NUMBUCKETSTOPNCMSKETCHDEPTHWIDTHSAMPLESFLOATNUMSAMPLERATE
AnalyzeColumnOption
ALL COLUMNSPREDICATE COLUMNSCOLUMNSColumnNameList
TableNameList
TableName,
TableName
Identifier.Identifier
ColumnNameList
Identifier,
IndexNameList
Identifier,
PartitionNameList
Identifier,

mysql> CREATE TABLE t1 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT, c1 INT NOT NULL); Query OK, 0 rows affected (0.11 sec)
mysql> INSERT INTO t1 (c1) VALUES (1),(2),(3),(4),(5); Query OK, 5 rows affected (0.03 sec) Records: 5 Duplicates: 0 Warnings: 0
mysql> ALTER TABLE t1 ADD INDEX (c1); Query OK, 0 rows affected (0.30 sec)
mysql> EXPLAIN SELECT * FROM t1 WHERE c1 = 3; +------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+ | IndexReader_6 | 10.00 | root | | index:IndexRangeScan_5 | | └─IndexRangeScan_5 | 10.00 | cop[tikv] | table:t1, index:c1(c1) | range:[3,3], keep order:false, stats:pseudo | +------------------------+---------+-----------+------------------------+---------------------------------------------+ 2 rows in set (0.00 sec)

現在の統計のステータスはpseudoです。これは、統計が不正確であることを意味します。

mysql> ANALYZE TABLE t1; Query OK, 0 rows affected (0.13 sec) mysql> EXPLAIN SELECT * FROM t1 WHERE c1 = 3; +------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+ | id | estRows | task | access object | operator info | +------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+ | IndexReader_6 | 1.00 | root | | index:IndexRangeScan_5 | | └─IndexRangeScan_5 | 1.00 | cop[tikv] | table:t1, index:c1(c1) | range:[3,3], keep order:false | +------------------------+---------+-----------+------------------------+-------------------------------+ 2 rows in set (0.00 sec)

統計が正しく更新され、ロードされるようになりました。

MySQLの互換性

TiDB は、収集する統計とクエリ実行中の統計の利用方法の両方において MySQL とは異なります。このステートメントは構文的には MySQL と似ていますが、次のような違いがあります。

  1. TiDB には、 ANALYZE TABLEの実行時に最近コミットされた変更が含まれていない可能性があります。行のバッチ更新後、統計の更新にこれらの変更を反映するには、 ANALYZE TABLE実行する前にsleep(1)が必要になる場合があります。 #16570
  2. ANALYZE TABLE TiDB での実行に MySQL よりも大幅に時間がかかります。このパフォーマンスの違いは、 SET GLOBAL tidb_enable_fast_analyze=1で高速分析を有効にすることで部分的に軽減できます。高速分析ではサンプリングが利用されるため、統計の精度が低くなります。その使用法はまだ実験的であると考えられています。

MySQL はANALYZE INCREMENTAL TABLEステートメントをサポートしていません。 TiDB は統計の増分収集をサポートしています。詳しい使い方は増分コレクションを参照してください。

こちらも参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.