管理者表示 DDL [ジョブ|ジョブ クエリ]

ADMIN SHOW DDL [JOBS|JOB QUERIES]ステートメントは、実行中の DDL ジョブと最近完了した DDL ジョブに関する情報を表示します。

あらすじ

AdminStmt
ADMINSHOWDDLJOBSInt64NumWhereClauseOptionalJOBQUERIESNumListJOBQUERIESLIMITmOFFSETnTableNameNEXT_ROW_IDSLOWAdminShowSlowCHECKTABLETableNameListINDEXTableNameIdentifierHandleRange,RECOVERINDEXTableNameIdentifierCLEANUPINDEXTableNameIdentifierTABLELOCKTableNameListCHECKSUMTABLETableNameListCANCELDDLJOBSNumListRELOADEXPR_PUSHDOWN_BLACKLISTOPT_RULE_BLACKLISTBINDINGSPLUGINSENABLEDISABLEPluginNameListREPAIRTABLETableNameCreateTableStmtFLUSHCAPTUREEVOLVEBINDINGS
NumList
Int64Num,
WhereClauseOptional
WhereClause

ADMIN SHOW DDL

現在実行中の DDL ジョブのステータスを表示するには、 ADMIN SHOW DDLを使用します。出力には、現在のスキーマ バージョン、所有者の DDL ID とアドレス、実行中の DDL ジョブと SQL ステートメント、および現在の TiDB インスタンスの DDL ID が含まれます。

ADMIN SHOW DDL;
mysql> ADMIN SHOW DDL; +------------+--------------------------------------+---------------+--------------+--------------------------------------+-------+ | SCHEMA_VER | OWNER_ID | OWNER_ADDRESS | RUNNING_JOBS | SELF_ID | QUERY | +------------+--------------------------------------+---------------+--------------+--------------------------------------+-------+ | 26 | 2d1982af-fa63-43ad-a3d5-73710683cc63 | 0.0.0.0:4000 | | 2d1982af-fa63-43ad-a3d5-73710683cc63 | | +------------+--------------------------------------+---------------+--------------+--------------------------------------+-------+ 1 row in set (0.00 sec)

ADMIN SHOW DDL JOBS

ADMIN SHOW DDL JOBSステートメントは、実行中およびキューイング中のタスクを含む現在の DDL ジョブ キュー内のすべての結果と、完了した DDL ジョブ キュー内の最新の 10 件の結果を表示するために使用されます。返される結果フィールドは次のように説明されます。

  • JOB_ID : 各 DDL 操作は DDL ジョブに対応します。 JOB_ID世界的にユニークです。
  • DB_NAME : DDL 操作が実行されるデータベースの名前。
  • TABLE_NAME : DDL 操作が実行されるテーブルの名前。
  • JOB_TYPE : DDL 操作のタイプ。一般的なジョブ タイプには次のものがあります。
    • ingest : tidb_ddl_enable_fast_reorgで構成された加速されたインデックス バックフィルを使用した取り込み。
    • txn : 基本的なトランザクション バックフィル。
    • txn-merge : バックフィルの終了時に元のインデックスとマージされる一時インデックスによるトランザクション バックフィル。
  • SCHEMA_STATE : DDL が操作するスキーマ オブジェクトの現在の状態。 JOB_TYPEADD INDEXの場合、それはインデックスの状態です。 JOB_TYPEADD COLUMNの場合、それは列の状態です。 JOB_TYPECREATE TABLEの場合、それはテーブルの状態です。一般的な状態には次のようなものがあります。
    • none : 存在しないことを示します。通常、 DROP操作後、またはCREATE操作が失敗してロールバックした後、 none状態になります。
    • delete onlywrite onlydelete reorganizationwrite reorganization : これら 4 つの状態は中間状態です。それぞれの具体的な意味については、 TiDB でのオンライン DDL 非同期変更の仕組みを参照してください。中間状態の変換は高速であるため、これらの状態は通常、動作中に表示されません。 ADD INDEX操作を実行した場合にのみ、インデックス データが追加されていることを示すwrite reorganization状態が表示されます。
    • public : 存在し、ユーザーが使用できることを示します。通常、 CREATE TABLEADD INDEX (またはADD COLUMN ) の操作が完了すると、 publicの状態になり、新しく作成されたテーブル、カラム、インデックスが正常に読み書きできることを示します。
  • SCHEMA_ID : DDL 操作が実行されるデータベースの ID。
  • TABLE_ID : DDL 操作が実行されるテーブルの ID。
  • ROW_COUNT : ADD INDEX操作を実行する場合、追加されたデータ行の数です。
  • START_TIME : DDL 操作の開始時刻。
  • STATE : DDL 操作の状態。一般的な状態には次のようなものがあります。
    • queueing : 操作ジョブが DDL ジョブ キューに入ったが、前の DDL ジョブが完了するのをまだ待っているため実行されていないことを示します。もう 1 つの理由は、 DROP操作を実行した後はnone状態になるが、すぐにsynced状態に更新され、すべての TiDB インスタンスがその状態に同期されたことを示すためである可能性があります。
    • running : 操作が実行中であることを示します。
    • synced : 操作が正常に実行され、すべての TiDB インスタンスがこの状態に同期されたことを示します。
    • rollback done : 操作が失敗し、ロールバックが完了したことを示します。
    • rollingback : 操作が失敗し、ロールバック中であることを示します。
    • cancelling : 操作がキャンセルされていることを示します。この状態は、 ADMIN CANCEL DDL JOBSコマンドを使用して DDL ジョブをキャンセルした場合にのみ表示されます。
  • JOB_ID : 各 DDL 操作は DDL ジョブに対応します。 JOB_ID世界的にユニークです。
  • DB_NAME : DDL 操作が実行されるデータベースの名前。
  • TABLE_NAME : DDL 操作が実行されるテーブルの名前。
  • JOB_TYPE : DDL 操作のタイプ。
  • SCHEMA_STATE : DDL が操作するスキーマ オブジェクトの現在の状態。 JOB_TYPEADD INDEXの場合、それはインデックスの状態です。 JOB_TYPEADD COLUMNの場合、それは列の状態です。 JOB_TYPECREATE TABLEの場合、それはテーブルの状態です。一般的な状態には次のようなものがあります。
    • none : 存在しないことを示します。通常、 DROP操作後、またはCREATE操作が失敗してロールバックした後、 none状態になります。
    • delete onlywrite onlydelete reorganizationwrite reorganization : これら 4 つの状態は中間状態です。それぞれの具体的な意味については、 TiDB でのオンライン DDL 非同期変更の仕組みを参照してください。中間状態の変換は高速であるため、これらの状態は通常、動作中に表示されません。 ADD INDEX操作を実行した場合にのみ、インデックス データが追加されていることを示すwrite reorganization状態が表示されます。
    • public : 存在し、ユーザーが使用できることを示します。通常、 CREATE TABLEADD INDEX (またはADD COLUMN ) の操作が完了すると、 publicの状態になり、新しく作成されたテーブル、カラム、インデックスが正常に読み書きできることを示します。
  • SCHEMA_ID : DDL 操作が実行されるデータベースの ID。
  • TABLE_ID : DDL 操作が実行されるテーブルの ID。
  • ROW_COUNT : ADD INDEX操作を実行する場合、追加されたデータ行の数です。
  • START_TIME : DDL 操作の開始時刻。
  • STATE : DDL 操作の状態。一般的な状態には次のようなものがあります。
    • queueing : 操作ジョブが DDL ジョブ キューに入ったが、前の DDL ジョブが完了するのをまだ待っているため実行されていないことを示します。もう 1 つの理由は、 DROP操作を実行した後はnone状態になるが、すぐにsynced状態に更新され、すべての TiDB インスタンスがその状態に同期されたことを示すためである可能性があります。
    • running : 操作が実行中であることを示します。
    • synced : 操作が正常に実行され、すべての TiDB インスタンスがこの状態に同期されたことを示します。
    • rollback done : 操作が失敗し、ロールバックが完了したことを示します。
    • rollingback : 操作が失敗し、ロールバック中であることを示します。
    • cancelling : 操作がキャンセルされていることを示します。この状態は、 ADMIN CANCEL DDL JOBSコマンドを使用して DDL ジョブをキャンセルした場合にのみ表示されます。

次の例は、 ADMIN SHOW DDL JOBSの結果を示しています。

ADMIN SHOW DDL JOBS;
mysql> ADMIN SHOW DDL JOBS; +--------+---------+--------------------+--------------+----------------------+-----------+----------+-----------+-----------------------------------------------------------------+---------+ | JOB_ID | DB_NAME | TABLE_NAME | JOB_TYPE | SCHEMA_STATE | SCHEMA_ID | TABLE_ID | ROW_COUNT | CREATE_TIME | START_TIME | END_TIME | STATE | +--------+---------+--------------------+--------------+----------------------+-----------+----------+-----------+---------------------+-------------------------------------------+---------+ | 59 | test | t1 | add index | write reorganization | 1 | 55 | 88576 | 2020-08-17 07:51:58 | 2020-08-17 07:51:58 | NULL | running | | 60 | test | t2 | add index | none | 1 | 57 | 0 | 2020-08-17 07:51:59 | 2020-08-17 07:51:59 | NULL | none | | 58 | test | t2 | create table | public | 1 | 57 | 0 | 2020-08-17 07:41:28 | 2020-08-17 07:41:28 | 2020-08-17 07:41:28 | synced | | 56 | test | t1 | create table | public | 1 | 55 | 0 | 2020-08-17 07:41:02 | 2020-08-17 07:41:02 | 2020-08-17 07:41:02 | synced | | 54 | test | t1 | drop table | none | 1 | 50 | 0 | 2020-08-17 07:41:02 | 2020-08-17 07:41:02 | 2020-08-17 07:41:02 | synced | | 53 | test | t1 | drop index | none | 1 | 50 | 0 | 2020-08-17 07:35:44 | 2020-08-17 07:35:44 | 2020-08-17 07:35:44 | synced | | 52 | test | t1 | add index | public | 1 | 50 | 451010 | 2020-08-17 07:34:43 | 2020-08-17 07:34:43 | 2020-08-17 07:35:16 | synced | | 51 | test | t1 | create table | public | 1 | 50 | 0 | 2020-08-17 07:34:02 | 2020-08-17 07:34:02 | 2020-08-17 07:34:02 | synced | | 49 | test | t1 | drop table | none | 1 | 47 | 0 | 2020-08-17 07:34:02 | 2020-08-17 07:34:02 | 2020-08-17 07:34:02 | synced | | 48 | test | t1 | create table | public | 1 | 47 | 0 | 2020-08-17 07:33:37 | 2020-08-17 07:33:37 | 2020-08-17 07:33:37 | synced | | 46 | mysql | stats_extended | create table | public | 3 | 45 | 0 | 2020-08-17 06:42:38 | 2020-08-17 06:42:38 | 2020-08-17 06:42:38 | synced | | 44 | mysql | opt_rule_blacklist | create table | public | 3 | 43 | 0 | 2020-08-17 06:42:38 | 2020-08-17 06:42:38 | 2020-08-17 06:42:38 | synced | +--------+---------+--------------------+--------------+----------------------+-----------+----------+-----------+---------------------+---------------------+-------------------------------+ 12 rows in set (0.00 sec)

上記の出力から:

  • ジョブ 59 running現在進行中です ( STATE )。スキーマの状態は現在write reorganizationですが、タスクが完了するとpublicに切り替わり、ユーザー セッションによって変更が公的に観察される可能性があることに注意してください。 end_time列もNULLあり、ジョブの完了時間が現在不明であることを示しています。

  • ジョブ 60 はadd indexジョブで、現在キューに入れられ、ジョブ 59 が完了するのを待っています。ジョブ 59 が完了すると、ジョブ 60 のSTATErunningに切り替わります。

  • インデックスの削除やテーブルの削除などの破壊的な変更の場合、ジョブが完了するとSCHEMA_STATE noneに変わります。追加的な変更の場合、 SCHEMA_STATE publicに変わります。

表示される行数を制限するには、数値と where 条件を指定します。

ADMIN SHOW DDL JOBS [NUM] [WHERE where_condition];
  • NUM : 完了した DDL ジョブ キュー内の最後のNUMの結果を表示します。指定しない場合、デフォルトではNUM 10 になります。
  • WHERE : フィルタ条件を追加します。

ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES

job_idに対応する DDL ジョブの元の SQL ステートメントを表示するには、 ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES使用します。

ADMIN SHOW DDL JOBS; ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES 51;
mysql> ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES 51; +--------------------------------------------------------------+ | QUERY | +--------------------------------------------------------------+ | CREATE TABLE t1 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment) | +--------------------------------------------------------------+ 1 row in set (0.02 sec)

DDL 履歴ジョブ キュー内の最後の 10 件の結果のうち、 job_idに対応する実行中の DDL ジョブのみを検索できます。

ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT m OFFSET n

job_idに対応する指定範囲[n+1, n+m]内の DDL ジョブの元の SQL ステートメントを表示するには、 ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT m OFFSET n使用します。

ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT m; # Retrieve first m rows ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT n, m; # Retrieve rows [n+1, n+m] ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT m OFFSET n; # Retrieve rows [n+1, n+m]

ここで、 nmは 0 以上の整数です。

ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT 3; # Retrieve first 3 rows +--------+--------------------------------------------------------------+ | JOB_ID | QUERY | +--------+--------------------------------------------------------------+ | 59 | ALTER TABLE t1 ADD INDEX index2 (col2) | | 60 | ALTER TABLE t2 ADD INDEX index1 (col1) | | 58 | CREATE TABLE t2 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment) | +--------+--------------------------------------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)
ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT 6, 2; # Retrieve rows 7-8 +--------+----------------------------------------------------------------------------+ | JOB_ID | QUERY | +--------+----------------------------------------------------------------------------+ | 52 | ALTER TABLE t1 ADD INDEX index1 (col1) | | 51 | CREATE TABLE IF NOT EXISTS t1 (id INT NOT NULL PRIMARY KEY auto_increment) | +--------+----------------------------------------------------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)
ADMIN SHOW DDL JOB QUERIES LIMIT 3 OFFSET 4; # Retrieve rows 5-7 +--------+----------------------------------------+ | JOB_ID | QUERY | +--------+----------------------------------------+ | 54 | DROP TABLE IF EXISTS t3 | | 53 | ALTER TABLE t1 DROP INDEX index1 | | 52 | ALTER TABLE t1 ADD INDEX index1 (col1) | +--------+----------------------------------------+ 3 rows in set (0.00 sec)

DDL履歴ジョブキュー内の任意に指定した結果範囲内で、 job_idに該当する実行中のDDLジョブを検索できます。この構文には、 ADMIN SHOW DDL JOB QUERIESの最後の 10 件の結果の制限はありません。

MySQLの互換性

このステートメントは、MySQL 構文に対する TiDB 拡張機能です。

こちらも参照

このページは役に立ちましたか?

Playground
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.