ロードベースの分割

ロード ベース分割は、TiDB 4.0 で導入された新機能です。これは、小さなテーブルのフルテーブルスキャンなど、リージョン間の不均衡なアクセスによって引き起こされるホットスポットの問題を解決することを目的としています。

シナリオ

TiDB では、特定のノードに負荷が集中するとホットスポットが発生しやすくなります。 PD は、パフォーマンスを向上させるために、ホット リージョンがすべてのノードにできるだけ均等に分散されるようにスケジュールを試みます。

ただし、PD スケジューリングの最小単位はリージョンです。クラスター内のホットスポットの数がノードの数よりも少ない場合、またはいくつかのホットスポットの負荷が他のリージョンよりもはるかに大きい場合、PD はホットスポットをあるノードから別のノードに移動することしかできず、クラスター全体で負荷を共有することはできません。 。

このシナリオは、テーブル全体のスキャンや小さなテーブルのインデックス検索、または一部のフィールドへの頻繁なアクセスなど、主に読み取りリクエストであるワークロードで特に一般的です。

以前は、この問題に対する解決策は、コマンドを手動で実行して 1 つ以上のホットスポット リージョンを分割することでしたが、このアプローチには 2 つの問題がありました。

  • リージョンがいくつかのキーに集中する可能性があるため、リージョンを均等に分割することが常に最良の選択であるとは限りません。このような場合、均等に分割した後もホットスポットがいずれかのリージョンに存在する可能性があり、目標を実現するには複数の均等な分割が必要になる可能性があります。
  • 人間の介入はタイムリーでも簡単でもありません。

実装原則

Load Base Split は、統計に基づいてリージョンを自動的に分割します。読み取り負荷または CPU 使用率が 10 秒間継続してしきい値を超えているリージョンを特定し、これらのリージョンを適切な位置で分割します。分割位置を選択すると、Load Base Split は分割後の両方のリージョンのアクセス負荷のバランスをとり、リージョンをまたがるアクセスを回避しようとします。

Load Base Split によって分割されたリージョンはすぐにはマージされません。一方では、PD のMergeCheckerホットな領域をスキップします。一方、PD は、ハートビート情報のQPSに従って 2 つのリージョンをマージするかどうかも決定し、高いQPSを持つ 2 つのリージョンのマージを回避します。

使用法

ロード ベース分割機能は現在、次のパラメータによって制御されています。

  • split.qps-threshold :リージョンがホットスポットとして識別される QPS しきい値。 region-split-sizeが 4 GB 未満の場合、デフォルト値は3000 /秒です。それ以外の場合、デフォルト値は7000です。
  • split.byte-threshold : (v5.0 で導入)リージョンがホットスポットとして識別されるトラフィックのしきい値。単位はバイトです。 region-split-size 4 GB 未満の場合、デフォルト値は 30 MiB/秒です。それ以外の場合、デフォルト値は 100 MiB/秒です。
  • split.region-cpu-overload-threshold-ratio : (v6.2.0 で導入)リージョンがホットスポットとして識別される CPU 使用率のしきい値 (読み取りスレッド プールの CPU 時間の割合)。 region-split-sizeが 4 GB 未満の場合、デフォルト値は0.25です。それ以外の場合、デフォルト値は0.75です。

リージョンが10 秒間連続して次の条件のいずれかを満たしている場合、TiKV はリージョンの分割を試みます。

  • 読み取りリクエストの合計がsplit.qps-thresholdを超えています。
  • そのトラフィックはsplit.byte-thresholdを超えます。
  • 統合読み取りプールの CPU 使用率がsplit.region-cpu-overload-threshold-ratioを超えています。

Load Base Split はデフォルトで有効になっていますが、パラメータはかなり高い値に設定されています。この機能を無効にしたい場合は、 split.qps-thresholdsplit.byte-threshold十分に高く設定し、同時にsplit.region-cpu-overload-threshold-ratio0を設定します。

パラメータを変更するには、次の 2 つの方法のいずれかを実行します。

  • SQL ステートメントを使用します。

    # Set the QPS threshold to 1500 SET config tikv split.qps-threshold=1500; # Set the byte threshold to 15 MiB (15 * 1024 * 1024) SET config tikv split.byte-threshold=15728640; # Set the CPU usage threshold to 50% SET config tikv split.region-cpu-overload-threshold-ratio=0.5;
  • TiKV を使用します。

    curl -X POST "http://ip:status_port/config" -H "accept: application/json" -d '{"split.qps-threshold":"1500"}' curl -X POST "http://ip:status_port/config" -H "accept: application/json" -d '{"split.byte-threshold":"15728640"}' curl -X POST "http://ip:status_port/config" -H "accept: application/json" -d '{"split.region-cpu-overload-threshold-ratio":"0.5"}'

したがって、次の 2 つの方法のいずれかで構成を表示できます。

  • SQL ステートメントを使用します。

    show config where type='tikv' and name like '%split.qps-threshold%';
  • TiKV を使用します。

    curl "http://ip:status_port/config"

ノート:

v4.0.0-rc.2 以降、SQL ステートメントを使用して構成を変更および表示できるようになりました。

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.