TiDB データ移行でデータ ソース構成を管理する

このドキュメントでは、MySQL パスワードの暗号化、データ ソースの操作、およびdmctlを使用した上流の MySQL インスタンスと DM-worker 間のバインディングの変更など、データ ソース構成を管理する方法を紹介します。

データベースのパスワードを暗号化する

DM 構成ファイルでは、dmctl で暗号化されたパスワードを使用することをお勧めします。 1 つの元のパスワードに対して、暗号化されたパスワードは、暗号化のたびに異なります。

./dmctl -encrypt 'abc!@#123'
MKxn0Qo3m3XOyjCnhEMtsUCm83EhGQDZ/T4=

データ ソースの操作

operate-sourceコマンドを使用して、データ ソース構成を DM クラスターにロード、一覧表示、または削除できます。

help operate-source
`create`/`stop`/`show` upstream MySQL/MariaDB source. Usage: dmctl operate-source [config-file ...] [--print-sample-config] [flags] Flags: -h, --help help for operate-source -p, --print-sample-config print sample config file of source Global Flags: -s, --source strings MySQL Source ID

フラグの説明

  • create : 1 つ以上のアップストリーム データベース ソースを作成します。複数のデータソースの作成に失敗した場合、DM はコマンドが実行されていない状態にロールバックします。

  • stop : 1 つ以上のアップストリーム データベース ソースを停止します。複数のデータ ソースの停止に失敗した場合、一部のデータ ソースが停止している可能性があります。

  • show : 追加されたデータ ソースと対応する DM-worker を表示します。

  • config-file : source.yamlのファイル パスを指定し、複数のファイル パスを渡すことができます。

  • --print-sample-config : サンプル構成ファイルを印刷します。このパラメーターは、他のパラメーターを無視します。

使用例

次のoperate-sourceコマンドを使用して、ソース構成ファイルを作成します。

operate-source create ./source.yaml

source.yamlの構成については、 アップストリーム データベースコンフィグレーションファイルの概要を参照してください。

返される結果の例を次に示します。

{ "result": true, "msg": "", "sources": [ { "result": true, "msg": "", "source": "mysql-replica-01", "worker": "dm-worker-1" } ] }

データ ソースの構成を確認する

ノート:

configコマンドは、DM v6.0 以降のバージョンでのみサポートされています。以前のバージョンでは、 get-configコマンドを使用する必要があります。

source-idがわかっている場合は、 dmctl --master-addr <master-addr> config source <source-id>を実行してデータ ソース構成を取得できます。

config source mysql-replica-01
{ "result": true, "msg": "", "cfg": "enable-gtid: false flavor: mysql source-id: mysql-replica-01 from: host: 127.0.0.1 port: 8407 user: root password: '******' }

source-idわからない場合は、最初にdmctl --master-addr <master-addr> operate-source showを実行してすべてのデータ ソースを一覧表示できます。

operate-source show
{ "result": true, "msg": "", "sources": [ { "result": true, "msg": "source is added but there is no free worker to bound", "source": "mysql-replica-02", "worker": "" }, { "result": true, "msg": "", "source": "mysql-replica-01", "worker": "dm-worker-1" } ] }

上流の MySQL インスタンスと DM-worker 間のバインディングを変更する

transfer-sourceコマンドを使用して、上流の MySQL インスタンスと DM-worker 間のバインディングを変更できます。

help transfer-source
Transfers an upstream MySQL/MariaDB source to a free worker. Usage: dmctl transfer-source [flags] Flags: -h, --help help for transfer-source Global Flags: -s, --source strings MySQL Source ID.

転送する前に、DM はバインドを解除するワーカーがまだ実行中のタスクを持っているかどうかを確認します。ワーカーに実行中のタスクがある場合は、最初にタスクを一時停止する実行し、バインディングを変更してからタスクを再開する実行する必要があります。

使用例

DM ワーカーのバインドがわからない場合は、 dmctl --master-addr <master-addr> list-member --workerを実行して、すべてのワーカーの現在のバインドを一覧表示できます。

list-member --worker
{ "result": true, "msg": "", "members": [ { "worker": { "msg": "", "workers": [ { "name": "dm-worker-1", "addr": "127.0.0.1:8262", "stage": "bound", "source": "mysql-replica-01" }, { "name": "dm-worker-2", "addr": "127.0.0.1:8263", "stage": "free", "source": "" } ] } } ] }

上記の例では、 mysql-replica-01dm-worker-1にバインドされています。以下のコマンドは、 mysql-replica-01のバインディング ワーカーをdm-worker-2に転送します。

transfer-source mysql-replica-01 dm-worker-2
{ "result": true, "msg": "" }

dmctl --master-addr <master-addr> list-member --workerを実行して、コマンドが有効かどうかを確認します。

list-member --worker
{ "result": true, "msg": "", "members": [ { "worker": { "msg": "", "workers": [ { "name": "dm-worker-1", "addr": "127.0.0.1:8262", "stage": "free", "source": "" }, { "name": "dm-worker-2", "addr": "127.0.0.1:8263", "stage": "bound", "source": "mysql-replica-01" } ] } } ] }

このページは役に立ちましたか?

Playground
新規
登録なしで TiDB の機能をワンストップでインタラクティブに体験できます。
製品
TiDB Cloud
TiDB
価格
PoC お問い合わせ
エコシステム
TiKV
TiFlash
OSS Insight
© 2024 PingCAP. All Rights Reserved.
Privacy Policy.